学校・教育

Graduation

日本より一足早く夏休みに入りました。そして、久しぶりに日本に一時帰国しております。
日本では雨が続いていて、恐れていた日本の暑さには、まだ対処できております。
さて、アメリカの学校は、6月が年度末でした。
日本ではまだ中学2年生の長男ですが、アメリカのミドルスクールを無事卒業しました。
卒業式は、最終日の夕方6時から学校のグラウンドで。
中央にステージが設置され、その両脇には卒業生が並ぶベンチ。
Img_8633
およそ300名の卒業生が、バンドの演奏に合わせて入場です。
昨年は長男もバンド演奏で参加しておりました。
入場した卒業生は、ベンチに着席。入場や着席の順番は、卒業生たちが自由に決めたそうで、仲良しのお友達と一緒だったり、カップルで並んで座ったり。
長男は担当する係の関係で、一番最後に入場し、一番上段の一番左端に座りました。
校長先生や教育委員会の方のお話、卒業生代表のスピーチが続きますが、日本と違い簡単です。
そして、卒業証書授与。卒業生は、次々に名前を呼ばれ、卒業証書を受け取り、校長先生たちと握手して席に戻ります。卒業証書も小さい封筒に入っているので、みんなパッと受け取っていきます。
名前を呼ばれた時の歓声の大きさが人気の証?なのでしょうか???
それにしても、大人っぽい子が多いです。特に、女の子はすごいドレスでヒールにお化粧という子も多くて、驚いてしまいます。
いよいよ長男の出番です。長男は、卒業生30人の名前を読み上げる役の最後の大役を担当することになっていました。名前を呼ぶ30人は前日振り分けられたのですが、難しい名前も多いので、間違えずにちゃんと読み上げられるのか、ちょっと心配。間違っていても、私にはわからないのですけど。
Img_8710
無事30人の名前を読み上げ、最後に長男が卒業証書を受け取りました。
Img_8728
卒業生が退場し、およそ1時間の卒業式が無事終了となりました。
卒業生は、卒業式終了後7時から10時まで卒業パーティー。
日本人有志で、みんなに人気だというカッパ巻きを作って寄付しましたが、他にもたくさんの食べ物が並び、ゲームやフォトブースなど盛りだくさん。もちろん、ダンスパーティーも。
ボランティア以外は、卒業生しか参加できないので、どんな様子だったかわかりませんが、長男はとっても楽しかったそうです。長男、珍しくダンスもしたそうで、ミドルスクール最後の楽しい思い出になったようです。
ほとんどは、そのまま近くのハイスクールに行きますが、引っ越しなどで転校するお友達も多いので、帰り道はとても名残惜しそうでした。
ハイスクールも楽しく充実した4年間にしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンド

現地校はあと1週間で終了となります。日本では中学2年生の長男ですが、現地校ではもうミドルスクールを卒業します。

長男はミドルスクールに入ってから、選択科目で3年間バンド(吹奏楽)をやっていました。楽器を演奏するのは初めてでしたが、トランペットを始めて、3年間楽しくバンドを続けてきました。

3年間のまとめということもあり、このところバンド活動がいろいろありました。

小学校に行って、新入生リクルートのためのコンサートをしたり。高校の大きいホールでクリニックに参加し、よい評価をもらったり。学校のイベントで演奏したり。

3年間のバンド活動で、みんなが一番楽しみにしているディズニーランド旅行にも行ってきました。ロスまでの2泊3日の旅行で、ディズニーランドでレコーディングし、その後1日ディズニーランドで遊んでくるという楽しい旅行。ホテルのプールで泳いだり、ショーを見ながらディナーを食べたり、ディズニーランド以外でもたくさん楽しんできたようです。

長男にとっては、ディズニーランドで友達と一緒に自由に遊んで周り、自分で注文しお金を払って食事をしたりと、はじめての経験もいろいろあったようです。

そして、先週最後のコンサートがありました。次男たちバンド1年目の生徒たちの演奏、2年目の生徒たちの演奏に続き、最後に長男たち卒業する生徒たちの演奏でした。楽器を初めて最初の頃と比べたら、みんな驚くほど上手になりました。

長男は、高校でのバンドを選択しなかったので、もう演奏することもなくなるでしょう。三男が「ミドルスクールに行ったらトランペットをやるから教えて。」と長男に言っておりましたが、どうなることでしょうか。

Img_3229

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

トラック&フィールド

現地校の年度末で、いろいろな出来事が盛り沢山です。ブログに書きたいことはたくさんあるものの、なかなか書いていられません。

先週までは次男のトラック&フィールド(=陸上競技)runで忙しくて、午後はほとんど家にいられませんでした。

現地校のアフタースクールのクラブ活動なのですが、4月中旬からは週2日のペースで記録会が続きました。次男は、800m走、1600m走と4×400mリレーに出場。違う学校で実施される記録会もあり、私も長時間グランドにいることに。そして、記録会終了とともに、渋滞の中日本語学校に向かい、ほとんど授業終了とともに到着。そして、先生のご親切で、補習授業を受ける日々。

次男はサッカーの練習も試合もあり、超多忙な毎日でしたが、トラック&フィールドがとても楽しかったようです。がんばって走って、記録を更新したり、1位になれたり、みんなから応援されたり、ほめてもらったり。違う学校のお友達にも会えて、楽しそう。はじめは、「忙しくなるからやらないsign01」と言っていた次男ですが、やってみてよかったようです。

次男の学校が参加しているリーグは、近隣の11校が参加しています。5回の記録会の結果、各学校から上位3名までが選出され、二日間に渡りリーグ・ファイナルが開催されました。次男は、リーグ・ファイナルの800m走と1600m走に出場することに。

二日間学校を早退し、リーグ・ファイナル会場の学校へ。とてもきれいな天然ゴムの陸上トラック。そして、会場はリーグ・ファイナルの高揚感と緊張感で、まるでお祭りのような雰囲気。

次男にとって、一日目は1600m走。暑い中、待って待ってようやく出番。1位は独走、2位から5位までは接戦が繰り広げられるレースとなりましたが、次男は5位でした。3位までのメダルは逃したものの、6位までに出場権が与えられるカウンティ・ファイナルの出場を決めました。

そして、二日目。800m走でも、同じく5位となり、次男は800m走でもカウンティ・ファイナル出場を決めました。

リーグ・ファイナルから2週間後。先週カウンティ・ファイナルが行われました。学校をお昼に早退し、会場へ。いままでのリーグの試合より、本格的に陸上をやっているように見える選手があちこちに。なんだかミドルスクールの生徒たちの大会ではないような雰囲気です。

次男は、1600m走でも、800m走でも9位でした。やはりカウンティの壁は高かったです。次男は、自分の一番よい走りができなかったことが残念だったようです。

スタートラインに立つと、大きくて体格のよい同級生の中で一番身体の小さい次男。大きい子供たちの1歩が、次男には2歩必要だったり。体格の差は大きいです。

今年の大会は終わりましたが、次男は、「なんでもたくさん食べて大きくなって、また来年がんばるsign03」のだそうです。

058

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Tech Challenge

こちらでは6月初めで学校が終了となります。4月から日本語学校の新年度と、現地校の年度末が続き、何かと忙しい毎日を送っております。coldsweats01

4月24日(日)、長男がお友達と一緒にTech Challengeに参加しました。

Tech Challengeとは、Tech Museumで毎年開催されているイベントで、4年生から12年生までの子供たちがチームで参加し、毎年決められたテーマに挑戦するというものです。長男のお友達が参加したいということで、声をかけていただき、長男も参加することになったのですが、それまで私たちもこのイベントを知りませんでした。

今年のテーマは、「Taking Flight」。グライダーを作り、決められたコースをクリアするというもの。なんだか楽しそうsign03ですが、始めてみると、結構大変なのでした。

集まったメンバー6人でチームを結成したのが10月。それから、毎週ミーティングを重ね、ついに4月に本番を迎えました。3月に入る頃からは、さすがに大変になり、毎週2回のミーティング&テストフライトのほか、エッセイやビデオなど、準備も忙しくなりました。

そして迎えたTech Challenge当日。Museumのイベントホール前には、長蛇の列。長男たちのチームは、早くに集合して並んだので、7番目。開場となったので、長男たちチームメンバーとアドバイザーは出場者入り口へ。私たちは会場で始まるのを待ちます。

会場のコースはこちら。全部で8つのコースが用意してありました。

Img_20160424_133025

発射台からグライダーを飛ばし、コースにある山(の絵が書かれたボード)や円柱をクリアし、最後の円形ターゲットまでグライダーに取り付けたピンポン玉3個を運ぶというもの。

参加する子供たちは、まずは会場裏のブースでインタビューを受けます。ここでは、グライダーの構造や飛ぶ仕組みなどについて質問されて、答えます。

Dsc_1156

コスチュームにも賞が用意されているので、長男たちのチームは、ヘルメットに失敗作のグライダーを取り付けてみました。これが結構目立って、通りがかった方々から、「いいね。good」と声を掛けてもらっていました。

いよいよイベント開始です。順番に入場し、中央で司会者からインタビューを受けます。長男たちは7番目なので、最初の回に登場です。
Dsc_1166

指定された右端の7番コースへ。早速発射台を設置し、グライダーの準備。時間は2分間。
Dsc_1179

あっという間に2分間が終了。長男たちのチームは、ターゲットにグライダーを着陸させることができませんでした。

表彰式まで時間があったので、子供たちはMuseumへ。そして、表彰式。
残念ながら、長男たちのチームは受賞することができませんでした。同じ学校の友達グループが賞をもらったりするのを見て、喜びと羨ましさ、ちょっぴり悔しさも感じたようです。
早速、「来年も挑戦するぞ~sign03」という声も上がっていました。

みんな頑張りました。お疲れ様でした。

Dsc_1121

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運動会 2015

今週末は、久しぶりに、少しのんびりとした週末を過ごしております。confident

先週末は、日本語学校の運動会でした。次男のサッカーの大会が重なってしまったため、ダンナ&次男は、サッカーの試合に行ってから、遅れて参加となりました。

ここ5年間、毎年ダンナがクラスの写真撮影係を担当していたのですが、今年は次男のサッカーの試合で参加できるかどうかもわからなかったため、写真撮影係も引き受けませんでした。結局遅れて来たダンナはカメラも持参せず、私が久しぶりに子供たちの頑張りをビデオで撮影しました。movieなので、写真もほとんどありません。写真をたくさん撮ってくださったお友達に感謝です。

今年の運動会では、
三男は、かけっこで1番になったことが嬉しかったようです。玉入れも、つなひきも、大玉運びも、とっても楽しそうに参加していました。happy01
遅れて参加した次男は、到着してすぐの競技から参加させてもらえました。リレーではアンカーとなり、1位でバトンを受け取りそのまま1位でゴールテープを切ることができました。
Dsc_0386
長男は、運動会用にクラスで作ったTシャツの前面に長男が描いたイラストを採用され、それが嬉しかったようです。3人4脚では、途中で友達の足と結んでいた布がほどけて、大失態となりましたが。coldsweats01
Dsc_0866

今年の運動会も白組が勝利しました。
よいお天気に恵まれ、楽しい運動会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ダンス☆フェスティバル2015

現地校の年度末でいろいろと慌しい日々を過ごしております。夏休みまで1週間をきり、次男&三男の小学校で最後の大イベント、ダンス・フェスティバルnotesが行われました。

キンダーのかわいい子供たちからスタートです。今年は、全体的に流行のポップな曲でダンスというのが多かったのですが、次男たちの学年5年生は、マイケル・ジャクソンの「スリラー」でした。三男たち3年生は人気の曲をつなぎ合わせたリミックスだったのですが、その中に「スリラー」が入っていたので、5年生からブーイングが起きるほど、みんな「スリラー」に力が入っていたようです。smile

いよいよ最後の5年生の登場です。ゾンビ風に登場した子供たちが、倒れてから、スタートです。

Img_20150605_094607_hdr

お馴染みのスリラーダンスを踊って、最後はゾンビが倒れ、マイケルだけ残ります。

Img_20150605_094917_hdr

続いて校長先生&PTAによる表彰式。アートの表彰の後、ウォーカソンの表彰。

そこで、次男が、学校で一番たくさん走ったということで表彰されました。次男は、サッカーの試合の後にウォーカソンに参加したのですが、ほとんど休まず3時間余走り続け、150周という驚くべき記録で、2位に倍以上の差をつけ見事1位shineとなりました。

次男が学校1位目指して頑張ったのは、1位になったらもらえる賞品のため。次男が150周走ってもらったのは、学校マスコットのイーグルのぬいぐるみ。小さいほうのぬいぐるみは、寄付金額によってもらったもの。2つのぬいぐるみを手に、大喜びの次男。happy01

Img_20150605_181440_hdr

ダンス・フェスティバルの最後は、先生方によるダンス。今年は、例年以上に凝ったダンスでした。最後は校長先生を中心に決めポーズ。

Img_20150605_100158_hdr

今年度最後のイベント、拍手喝采で終了となりました。

夏休みまで学校もあと4日。次男の小学校生活ももうすぐ終わります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

イベントいろいろ

すっかりご無沙汰しております。coldsweats01

4月から日本語学校の新年度が始まり、長男の中学校入学式に始まり、3人のクラスの説明会や面談、授業参観、書類提出など、いろいろ慌しく過ごしておりました。

そんな慌しさの中、私が鼻風邪をひき、なかなか咳が治らずにいたところ、三男が熱を出し、久しぶりにお医者様のお世話になりました。
次男の虫歯治療や、長男の歯科矯正をどうするか、長男の健康診断などなど、いろいろと病院に通うことも続き、あっという間に5月に。

5月に入ると、現地校が年度末を迎え、行事やテスト、プロジェクトなど、盛り沢山。
三男のプロジェクトが終わったと思うと、次男のプロジェクト、そして長男、また三男と、ジオラマ(模型)を作ったり、レポートを完成させたり、ポスターを作ったり、てんやわんやです。
遠足があったり、歌の発表会があったり、コンサートや、母の日パーティー、Walk-a-thonやインターナショナルデイなども。

週末は次男のサッカーの試合が続いています。先週末は土日とも車で30分以上かかる場所で試合でした。日曜の早朝サンフランシスコ近くの寒い場所での試合をきっかけに、ダンナ、長男&次男が鼻風邪&咳。次男は熱も出し、学校をお休みすることに。次男が治ったかと思ったら、再び、三男&私が鼻風邪気味。despair

まだまだ6月まで慌しさは続きます。

ということで、ブログのネタはたくさんあるのですが、なかなか記事が書けません。think
また落ち着いたらがんばりますsign01

5thの次男のコロニアルデイ。(長男のときの記事)
Img_20150506_150823_hdr

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小学校卒業

あっという間に3月も後半。日本ではもう春休みでしょうか?cherryblossom

3月4月と、日本では卒業、入学、進級、入社、新年度を迎える慌しい時期ですね。

我が家の長男も無事小学校を卒業しました。
すでに現地校ではミドルスクールに通っていますが、日本語学校ではようやく小学校卒業。先週末は、日本語学校の卒業式でした。

教会で行われた厳かな雰囲気の卒業式。長男は慣れないスーツを着て、お友達と一緒に入場。そして、卒業生一人一人名前を呼ばれ、壇上で校長先生から卒業証書の授与。

サンフランシスコ総領事も参列してくださり、祝辞をいただきました。

実は、長男が卒業生代表で答辞を読むことに。長男は、卒業式に参加すること自体初めての経験で、答辞とはsign02というところから苦労して原稿を書き上げました。
前日のリハーサルで、「送辞を読む5年生がとても難しい言葉を使って、すごいことを言っていた。僕の答辞はこんなんでよいのかな~sweat01despair」と、かなり落ち込んでいた長男。

5年生の送辞は、季節の挨拶から始まり、本当に素晴らしい送辞でした。

続いて、長男が名前を呼ばれ、少し緊張した面持ちで壇上に。
長男の答辞は、いままでの思い出と感謝の言葉を、自分の言葉で素直に述べたものでした。難しい言葉を使っていない分、お友達にもわかりやすかったようです。お母さん方からも、いままでの出来事が思い起こされ、感動したと言っていただけました。

私は、自分でも驚くほど、ドキドキ心配することもなく、感動して涙することもなく、緊張しながらも一生懸命答辞を読んでいる長男がなんだか可愛くて笑ってしまいました。confident

無事卒業式を終え、日本語学校は3週間の春休み中。現地校は普通にありますが、日本語学校がないと、やはり楽です。現地校が終わってから日本語学校に行くこともないし、宿題も現地校だけだし。子供も時間に余裕があってのんびりできますし、何より送り迎えや「宿題やりなさ~いsign03」という私のストレスがないので、心穏やかな平和な日々。

長男の日本語学校卒業で、改めて現地校と日本語学校のダブルスクールの大変さを思い出しました。長男は、4年生、5年生の頃に何度も日本語学校をやめたいと言いました。ちょうど現地校の宿題も、日本語学校の勉強も大変になった時期で、毎日毎日夜中まで勉強していたものです。

長男は卒業式の答辞で、「僕は何度もやめたいと言いました。それでも頑張ってきて、今、みんなと一緒にこの日を迎えることができて、本当に嬉しいです。」と言っていましたが、私も心からそう思います。

中学校も大変でしょうが、がんばりましょうsign03

Untitled

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

サイエンスキャンプ

すっかりご無沙汰しています。coldsweats01

ご無沙汰している間に、長男のバンドのコンサートがあったり、三男の遠足(いま人気のリーバイス・スタジアム)や劇の発表会があったり、バレンタイン・パーティーがあったり。
そして、先週1週間は、現地校がお休みでした。

お休みには、昨年同様スキーskiとも考えましたが、今年はダンナが日本出張に行ってしまったこともあり、家でのんびりと(ダラダラとsign02)過ごして終わりました。お友達とプレイデイトをしたり、スリープオーバー(お泊り)したり、子供たちはそれなりにお休みを楽しんだようです。お休み最終日は、お友達の家で盛大なBBQパーティーを行い、昼から夜まで食べて飲んで遊んで話して楽しく過ごしました。happy01

そして、学校が始まってすぐの火曜日から、次男が3泊4日のサイエンスキャンプに行っております。サイエンスキャンプとは、日本でいう林間学校のようなもの。うちの学校は、比較的近くの山の中に行きます。

2年前長男がサイエンスキャンプに行ったときは、ずっと雨rainでしたが、このところお天気がよいので次男たちも気持ちよく山歩きを楽しんでいることでしょう。

今回も、次男たちのバスが出発するまでお見送りしましたが、2年前の長男の時と違い、とてもスムーズだったのに驚きました。というか、2年前があまりにも…thinkだったのですが。(長男のときの記事)

今年は事前にボランティア募集があり、その一つに荷物を車で運ぶボランティアがありました。朝学校に集合し、クラス毎に色分けされたテープを荷物に貼って荷物をクラス毎にまとめて置き、それをボランティアの車に積みました。これだけなのに、無秩序だった2年前とは比べ物にならないくらい楽でした。子供たちはすんなりバスに乗り、出発sign03busdash

もう一つ、長男のときと違うのは、ボランティア。今年は費用の節約ということもあり、交代制で親がボランティアに行くことに。日中だけでなく、夕方から翌朝までの泊まりのボランティアもあります。アメリカの学校では、ボランティアなしでは成り立ちません。サイエンスキャンプの費用もドネーションとファンドレイズで賄っているので、日本とはだいぶ違いますよね。

先生やボランティアの方々から、サイエンスキャンプの写真がwebにアップされ、シェアされるので、子供たちの楽しそうな様子がよくわかります。あっという間の3泊4日、もう明日には帰ってきますが、あと1日楽しんでたくさんの思い出を作って帰ってくることでしょう。happy01

こちらはもう桜が咲き始めています。
Img_20150224_154153_rewind

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

焼きおにぎり

子供たちが通う日本語補習校では、今年は2学期にイベントが目白押しです。校舎改修工事の都合により、毎年春に行う運動会も今年は10月に行われました。

もう2ヶ月も前のことですが…、9月にはバザーもありました。

今年、6年生の長男のクラスは焼きおにぎりriceballのお店を出店しました。
この日のために何ヶ月も前から、何のお店にするか意見を出し合い、試食会を経て、決定し、お店の名前や料金を決めるなど、とりまとめのクラス役員さんには、本当にお世話になりました。
そして、バザー2日前からは大量の焼きおにぎり作りが始まりました。
全部でご飯100合分。ご自宅を提供してくださる方もいて、みんなで集まり、ひたすら焼きおにぎり作りをしました。
昼間はお母さんたちで、夜は子供たちも。男の子たちもみんな頑張って作りました。

ご飯を炊いて、味をつけて、一つ一つ計りで同じ重さに計って、型に入れておにぎり作り。

Dsc_05791
おにぎりはオーブンで焼いて完成sign03happy01
Dsc_0591
バザー当日。みんなで焼きおにぎりを販売。
看板を持って宣伝してまわったり、お客様を勧誘してきたり、みんなのがんばりで、およそ500個のおにぎりが無事完売sign03

みんな作っているときも、売っているときも、楽しそうでなによりでした。

次男&私は、隣で次男のクラスのブースのお手伝いもしておりました。
次男はひたすら「きつねたぬきせんべい」作りに追われていました。ライスクラッカーの間に揚げ玉とキャベツのせんぎりをはさみ、お好みソースと青海苔をかけるという作業。次男もがんばって作っていました。
そして、こちらも無事完売sign03

まだ2年生でブースも出店していない三男だけは、お手伝いもせず、ずっとゲームブースで遊んでいました。smile

その後、この焼きおにぎりは我が家の人気メニューとなりました。キャンプでも大活躍。
大量に作り、朝やサッカー前に食べたりしております。あまったものは冷凍しておけば、食べたい時にレンジで温めてすぐに食べられます。riceballheart04

来年も焼きおにぎり屋さんかしらsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧