家族・自分

長男の怪我

あっという間に4月。日本では、新年度が始まりましたね。cherryblossom

いまは日本語学校が春休み中なので、いつもよりゆっくりできます。また来週から新年度が始まると慌しい生活が始まります。

現地校は6月初めで一年が終わります。長男は今年でミドルスクール卒業となるので、いろいろイベントが続きます。3月には、学校で5泊6日のヨセミテ旅行に行ってきました。出発の日は大雨でしたが、翌日からはよいお天気で、ハイキングやクロスカントリースキーなど、大自然の中でとても楽しい経験をしてきたようです。

実は、長男は11月に大きな怪我をして、いろいろ大変でした。ヨセミテ旅行の1週間前の診察で、ようやく一段落となり、無事にヨセミテ旅行に行くことができました。

11月13日金曜日 朝10時頃。学校から電話があり、長男が怪我をしたとのこと。PE(体育)でバスケットをしている時に、ボールを取ろうとジャンプした長男の左目に、やはりボールを取ろうと手を出した子の指が入ってしまったのだそうです。
すぐにかかりつけの眼医者へ。診察の結果、左目に傷があり出血しているとのことで、網膜専門医に診てもらうように言われました。
その頃には、長男は左目の痛みも落ち着いたようで、「もう大丈夫だから学校に戻りたい。」と言いましたが、とりあえず網膜専門医に診てもらうことに。網膜専門医なんてはじめて聞きましたが、行ってみるとやはり待合室はご高齢の方ばかり。子供は長男だけなので、注目の的です。
診察の結果、やはり左目に傷があるとのこと。とりあえず様子を見て、1週間後にまた診察に行くことに。そして、運動はしないように言われました。

11月18日診察の結果、左目の網膜裂孔(網膜に穴が開いた状態)とのこと。そのままにしておくと網膜剥離になるので、レーザー手術で穴の周りを焼き付けることに。そのまますぐにレーザー手術を受けることに。

模型を使った英語の説明で、とにかくすぐにレーザー手術を受けなければ網膜剥離になってしまうということはわかりましたが、私も長男も予想外の手術ということに言葉を失いました。

レーザー手術はあまり痛くはなかったそうですが、やはり色や見え方が通常ではないこともあり、その日長男はそのまま爆睡。翌日には普通に学校に行けましたが、運動は禁止。

11月25日検診の結果、経過順調。運動は禁止のままだが、とりあえず一安心。

12月2日検診の結果、まだ穴がふさがっていないことが判明。すぐにレーザー手術を受けることに。2回目のレーザー手術は、かなり時間をかけ、徹底的に行われました。やはり痛みも強かった様子。翌日は学校も休むように言われました。

2回目の手術で完治しなければ、本格的な外科手術が必要だという説明も受けました。あまりのことに、長男も私もかなりショック。

12月9日検診の結果、経過順調。とりあえず人と接触しない運動は許可されました。

12月16日検診の結果、経過順調。一安心です。1ヶ月ぶりに運動してもよいという許可がでました。本当によかった。

1月20日検診の結果、まだ穴がふさがっていないことが判明。これには、長男も私も、担当医師も言葉にならないショック。外科手術となる前に、最後にもう一度だけレーザー手術をしてみることに。

もう大丈夫だろうと思っていたのに、まさか3度目のレーザー手術とは。その上、外科手術について詳しく説明され、もう外科手術をすることになるだろうという覚悟をしなければいけませんでした。インターネットで手術についてもいろいろ調べましたが、他に方法はないようで、これからどうなるのか、とにかく不安。

1月29日検診の結果、経過順調。担当医師によると、怪我から2ヶ月半が経ったので、怪我の状態も落ち着くだろうとのこと。長男も私も外科手術を覚悟していたこともあり、この日ちょうど日本出張から帰ってきたダンナも初めて一緒に病院に行きましたが、何事もなく順調で一安心。

2月5日検診の結果、経過順調。

3月7日検診の結果、経過順調。怪我から4ヶ月、ようやく落ち着いたようです。

11月に怪我をした時は、大したことないだろうと思っていたのですが、まさか3回レーザー手術を受け、治療に4ヶ月もかかることになるとは。長男は、目の痛みや不調など感じることはなかったようだし、長男本人が一番驚いたことでしょう。目の怪我の様子を私たちが見ることもできず、病院で担当医師に診てもらうまでまったくどうなっているのかわからないのが、本当に不安で仕方ありませんでした。もう大丈夫だろうと思って検診に行って、また駄目だったという繰り返しで、本当に辛い日々でした。

長男は、身体は元気なのに長い間運動が禁止されていたので、体力もかなり落ちてしまいました。また、怪我をしているのが外見からはまったくわからないので、いろいろなストレスもあったようです。ちょっとした不運での怪我だったので、「どうして僕がこんな怪我を。」という気持ちもあったようで、精神的にも苦しかったと思います。その分、いろいろ考え、今回の経験から学ぶこともあったようです。

次回の検診は8月。これが最後の検診になることを祈っております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

三男の宝物☆

明日はいよいよ三男の小学校入学式。cherryblossomschoolあさってから始まる日本語学校の準備も整い、ピカピカshineの一年生になるのを待つばかり。smile

三男が登校初日に提出する自己紹介カードに、自分の宝物を書く欄がありました。三男が迷わず書いたのは、「チェスのトロフィー」。

三男と長男は、毎週現地校のアフタースクールのチェス・クラブに行っています。チェス・クラブは、だいたい3ヶ月毎の申込みで、各シーズンの最終日には、トーナメントの試合があります。そして、学年毎の成績上位者には、トロフィーshineが授与されるのです。

現地校で1stになった昨年9月からチェス・クラブに通いだした三男。
12月のトーナメントでは成績上位者になれず、トロフィーを手にすることができませんでした。嬉しそうにトロフィーを手にしたお友達を見て、三男はしくしくsweat02泣いておりました。weep

いつも何かというと、ギャーsweat01と泣き叫ぶ三男が、しくしくsweat02泣くのは初めてのことだったかもしれません。なぜだかsign02自分に自信があるsign02bleah三男は、「ぜったいトロフィーをもらえるよsign03」と自信満々に言っていたので、本当に悲しかったのでしょう。think

そのトーナメントで、長男は見事1位shineのトロフィーを持って帰ってきました。
2ndの途中からチェス・クラブに通いだした長男。我が家で誰もチェスなんて知らなかったし、見たこともやったこともなかったので、初日は泣きながら帰ってきました。同級生はみんなチェスを知っていて、とても上手だったので、最初は2年下のキンダーの子供たちといっしょにルールを覚えるところからのスタートだったのです。weep

最初は悔しくて泣いたこともありましたが、それでも長男はチェスが好きだったようで、続けて練習しているうちに、だんだん上手になり勝てるようになり、3rdの最後にはトロフィーももらえるようになりました。そして、5thでようやく念願の1位shineのトロフィーを手にすることができました。happy01

「トロフィーがもらえなかったsweat02」としくしく泣く三男に、長男が、
「だってまだ始めたばかりじゃない。ぼくなんか最初にトロフィーもらうまで1年くらいかかったよ。頑張ればそのうちトロフィーももらえるようになるよ。」thinkと。
三男には、どんな慰めや励ましよりも、説得力があったようです。confident

そして、3月のトーナメント。
チェス・クラブが終わって出てきた三男の手には、大きなトロフィーshineが。見事3位になったそうで、当然のことながら、三男はニコニコhappy01
その後出てきた長男は、またしても見事1位shineのトロフィーを持ってきました。happy01

4月から次のシーズンが始まりました。
三男の次の目標は、1位のトロフィーshinesmile三男は毎日のように宝物の3位のトロフィーを手にしながら、「早く1位のトロフィーが欲しいなnote」と言っております。happy01
さて、どうなることでしょうかsign02wink
2013_03_10_423

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ちょっとしたこと。

こちらは先週末からサマータイムclockになり、時間を1時間進めたような状況。しばらくは、朝起きるのが辛いです。despair

さて、ちょっとしたことですが・・・、Run for Japanに参加した時のこと。

Run&Walkのコース途中に、ボランティアの皆さんが給水所を用意してくださっていました。「がんばってくださいsign01」と、紙コップに入った水を手渡していただきました。ちょうど「水飲みたい~sign01despairと言っていた三男は、その場でゴクゴクsweat01水を飲み干し、元気を取り戻していました。happy01

給水所で紙コップを手渡して下さる時、「コップはそのまま途中に捨ててくださいね。」と言われました。コース途中にゴミ箱などもないため、おそらくスタッフの皆さんが戻る途中に、すべてきれいに拾って片付けてくださるということでしょう。confident

三男はその場で水を飲み干してしまったので、スタッフの方に紙コップを捨てていただくようお願いしてお渡ししてきました。

三男&私がゴールし、8㎞Runを無事完走した長男をゴールで出迎えた時、

なんとsign02長男の手には紙コップが3つ握り締められていました。

「途中で捨てていいって言われなかったsign02コップ3つ持って走ってきたのsign02」と尋ねる私、

「そう言われたけど・・・。だって、捨てられないでしょsign03捨てちゃダメでしょsign03」と長男。

「そうだよねぇ~。捨てられないよね~。」think

ゴミをポイ捨てするわけではなく、後から拾ってきれいにしていただけるのだとは思うのですが・・・。それでも、やっぱりその辺に紙コップをポイッとすることができなかった長男。小さい手に紙コップを3つ握り締めたまま走ってきたのです。

ちょっとしたことですが、ちょっと嬉しかったので、忘れないように記しておきます。confident2013_02_03_0612

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日本ではじめて・・・

またしてもご無沙汰していた間に、すっかり春cherryblossom。東京でも桜が咲いたそうですね。こちらでは春を通り越して初夏といった感じです。先週末は、家族で裏庭BBQでの夕食を楽しみました。BBQシーズン到来ですねnotewink

最近ブログ更新も滞るほど、なんだかとっても大忙しの毎日wobblyでした。毎日いろいろな用事で朝から出かけていたような気がします。rvcardashそして、用事の合間はずっと公園にいたのではないかと・・・。coldsweats01こうお天気sunが続くと、子供たちは「公園sign03公園sign03happy02と大騒ぎです。ちょうど日本語補習校は春休み。また4月新年度で日本語補習校が始まると、学校やら宿題やらでなかなか公園にも行けなくなりますから、仕方ないですね。think

さて、ちょうど1ヶ月前の日本一時帰国中のこと。日本の病院で健康診断を受けることになり、ついに初めて胃カメラcamerasign02というものに挑戦しました。いままでバリウムの経験もない私でしたが、そろそろ年齢的にも・・・coldsweats01と、ついに決意しました。
話には聞いていましたが、想像以上にツラカッタ。shockツライ中でも、カメラの映像はしっかり見ることはできましたが、お医者様も「胃がビックリして暴れているから、わかりにくいなぁ。」と仰るほど、私の胃ははじめての胃カメラにとても驚いていたようです。bleah

そして、2週間の日本滞在中、長男も病院ではじめて経験したことがありました。

ちょうど日本滞在も半ばにさしかかった夜。眠っていた長男が夜中に突然嘔吐を始めました。その後も1~2時間おきに嘔吐を繰り返し、朝まで5回ほど・・・。sad

朝方から熱も出てきたので、近くの小児科に電話し、すぐ診察してもらうことに。診察の結果、胃腸風邪とのこと。そして、吐き止めの薬を入れた点滴を受けることになりました。長男にとって、点滴は生まれてはじめてのことsign03点滴用のチューブを手の甲にさす時だけ、何故だか私と離され別室に連れて行かれた長男でしたが、別室で泣いて叫ぶ声が聞こえてくるほどの騒ぎでした。cryingもともと注射大嫌いな長男、それはもう大変な騒ぎで点滴を受ける部屋に案内されました。

長男が点滴を受けたのは、日当たりのよい2階のお部屋。床暖房のきれいなフローリングに敷かれた布団に横になり、点滴を受けながらDVDを見せてもらいました。長男が喉が渇いたと言うと飲み物を持って来て下さり、私が電話をかけたいと言うと病院の携帯電話を貸して下さり・・・。すっかりくつろいでDVDを見終えた長男は、そのまま気持ちよさそうに眠りにつきました。confidentsleepy

1時間余の点滴を終えると、看護士さんが部屋まで薬を持って来て下さいました。翌日も同じように点滴を受ける予約をし、お会計へ。「地域の小児医療証がないので、無料ではなくお金がかかってしまいますが・・・。」と言われたので、「お金moneybag足りるかなぁ・・・。」と心配しましたが、アメリカと比べると驚くほど安いsign03

病院から帰った長男は、薬のおかげかグ~ッスリ眠ることができました。さすがに何も食べることはできませんでしたが、熱も下がりだいぶラクになった様子。

長男の受けた点滴は、ゴムの細い針のようなチューブを手の甲にさし、そこに点滴チューブを差し込むもの。その日は手の甲のチューブはそのまま包帯で保護し、翌日は痛い思いをすることなく、すぐに点滴を受けることができました。

2日目に案内されたのは、別のお部屋。こちらはベッドで横になりDVDを見せてもらいました。付き添いの私もベッドの端に座って、置いてあったマンガを読みながら点滴が終わるのを待つことに。wink

長男は、食事は消化のよいものから少しずつ食べ進めなければいけませんでしたが、すっかり元気に回復しました。次男&三男にうつったら大変なことになるsign01とヒヤヒヤしましたが、なんとかうつらずに済みました。よかったぁ~。coldsweats01

まさか日本一時帰国中に小児科にお世話になるなんて思っていませんでした。日本の小児科は、私にとっても3年ぶり。改めて日本の病院、小児科のサービスの素晴らしさに驚きました。日本のサービスはスゴイですね。confident

東京のホテルの日本庭園では川津桜が咲いていました。子供たちは花より川。2010_02_2203_01_1452

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1周年☆

子供たちの学校がお休みに入り、いままで溜まった記事を書こうsign01と思っておりましたが、なんだか慌しく1週間が終わってしまいました。なんでだろうsign02coldsweats02

毎年この時期は、我が家にとってはお祝い続きの忙しい時期なのです。

長男の誕生日birthdayがあり、次男の誕生日birthdayがあり、結婚記念日があり、私の誕生日があり・・・。そして、父の日とダンナのお父様の誕生日も。present

そして、このブログもちょうど1年shineとなりました。

カリフォルニアの青い空と爽やかな風のもと、これからも家族みんな元気に楽しく過ごしていければ嬉しいです。そして、子供たちが日々成長していく姿を見逃すことなく、いっしょに喜び合っていきたいものです。happy01

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

2009_06_13_4062

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スーパー・ウーパー・ゴリラ!?

おとといの夕ご飯のときです。次男が、「今日はワカメのお味噌汁じゃないのぉ。ワカメのお味噌汁にしてよぉ~。」と言い出しました。そこで、昨晩はワカメのお味噌汁にしました。すると、次男が「今日はワカメだぁ~!ヤッター!これでゴリラみたいに木に登るのが上手になるぞ!!」と。smile

我が家の次男は1年ほど前から、「大きくなったらゴリラになりたい。」と言い出だしました。最近では、「スーパー・ウーパー・ゴリラになりたい!!」と言うようになりました。(時々、ポケモンになりたくなるそうですが・・・。)どうしてゴリラになりたいのかはわかりません。テレビで見た「ターザン」や「キング・コング」の影響なのか??いまだに謎です。think家では暴れん坊の次男なので、本当にゴリラみたいなときもありますけどね。

そんな次男が、10日ほど前の夕ご飯のときに、「お味噌汁いらな~い。飲みたくない!」と騒ぎました。そこでダンナが、「あれ?ワカメを食べるとゴリラみたいに上手に木に登れるようになるのになぁ~。」と一言。その言葉で、次男は嫌がっていたワカメのお味噌汁を飲み干したのでした。

ワカメとゴリラsign02その結びつきが不思議だと気づく頃には、次男は「大きくなったらスーパー・ウーパー・ゴリラになりたい!」と言わなくなるでしょうかね。さて、次は何になりたいと言い出すのか楽しみです。

Img_40562

長男の学校で、次男と三男が拾ってきた落ち葉です。だいぶ紅くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

歯の妖精さん

先日はじめて長男の歯が抜けました!7月終わりからグラグラし始めていたのですが、長男が大切に(?)していたので、すでに永久歯がうしろにしっかり生えてきていました。永久歯が変なところに生えてしまうので、早く抜けて欲しかったのですが、本当にようやく抜けました。まだもう1本、永久歯がしっかり生えてきているグラ~ングランの歯があるのですが、これもなかなか抜けてくれませんsweat01

長男は歯が抜けるのを怖がっていましたが、最初の歯が抜けたときにはやはり嬉しかったようです。(痛くもないですしね。)金曜日の夜だったので、「なんで明日もそのつぎもお休みなの。早く先生やお友達に教えたいよ~!」「おじいちゃんとおばあちゃんにはメールして!!」と騒いでおりました。

ところで、日本では抜けた歯は「上の歯は縁の下に。下の歯は屋根の上に。」と言われていますし、私も子供の頃実際にその通りにしていました。アメリカでは、歯の妖精さん(tooth fairy)がお金dollarと交換してくれるんだそうです。子供が寝る時に枕の下に抜けた歯を置いておくと、寝ている間に歯の妖精さんが来てお金と交換していってくれるということです。学校で歯が抜けると、なんと先生からプレゼントが貰えるんです。

アメリカ人のお友達で「うちは1本1ドルよ。」というママもいましたが、やはり日本人の方はお金ではなくちょっとした品物にしている方が多いようです。ということで、うちもちょっとしたおもちゃにしました。子供たちが寝ている夜中、こっそり長男の枕の下におもちゃを置いたのですが、朝長男の枕はなんだか違う場所に動いていました。そして、しばらくしてからおもちゃを発見した長男は、「なんかこれが落ちてたよ。ママが買ったの?」だって。オイオイ!長男に「歯の妖精さんが置いていってくれたんじゃないのぉ?!」と言ったものの、それほど喜んでもくれず・・・。これからずっとアメリカ式を続けようか、日本式に変更しようかとママとしては悩むところです。think

Img_40412

長男がアートのクラスで作ったパンプキンが完成しました。横はオバケ。手前は頭蓋骨とこうもりの顔。昨日ペイントしたグラス2ケも並べてみました。パンプキンは中がくりぬいてあり、先生がキャンドルを入れ火を灯してくれてみんなで盛り上がっていました。happy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

はじめまして

みなさん、はじめまして!

アメリカでの生活もあっという間に1年経ち少~しだけ余裕が出てきたので、以前からダンナにすすめられていたブログを始めてみようかと思い立ちました。

記念すべき初回は、家族&自己紹介です。

2007年5月 ダンナの海外赴任に伴い、アメリカ カリフォルニア州北・シリコンバレーの地に家族で引越してきました。

ダンナと男の子3人の5人家族。毎日賑やかに過ごしております。

ダンナは毎日遅くまでお仕事がんばっております。趣味はサッカー・ゴルフのはずが、週末は寝ていることが大好き。最近お腹がちょっと気になるが・・・。

長男は先週6歳になったばかり。1年通ったキンダーが先週無事修了し、8月末には1stに♪

次男は先週4歳になったばかり。現在反抗期?週3日プリスクールに通っています。

三男はもうすぐ2歳。お兄ちゃんたちの真似をして、日々成長しております。

そして私は、毎日3人の子供たち相手に大忙し!アメリカ生活にも慣れ、楽しく暮らしております。英語の勉強をしなくては・・・と思うのですが。

カリフォルニアの青い空とさわやかな風のもと、広くて緑豊かな地で、子供たちといっしょに成長していく記録を残せたらよいなと思っています。

時間があるときに書き込むマイペースなブログになると思いますが、よろしくお願いいたします。

Img_1110

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|