« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年6月

Graduation

日本より一足早く夏休みに入りました。そして、久しぶりに日本に一時帰国しております。
日本では雨が続いていて、恐れていた日本の暑さには、まだ対処できております。
さて、アメリカの学校は、6月が年度末でした。
日本ではまだ中学2年生の長男ですが、アメリカのミドルスクールを無事卒業しました。
卒業式は、最終日の夕方6時から学校のグラウンドで。
中央にステージが設置され、その両脇には卒業生が並ぶベンチ。
Img_8633
およそ300名の卒業生が、バンドの演奏に合わせて入場です。
昨年は長男もバンド演奏で参加しておりました。
入場した卒業生は、ベンチに着席。入場や着席の順番は、卒業生たちが自由に決めたそうで、仲良しのお友達と一緒だったり、カップルで並んで座ったり。
長男は担当する係の関係で、一番最後に入場し、一番上段の一番左端に座りました。
校長先生や教育委員会の方のお話、卒業生代表のスピーチが続きますが、日本と違い簡単です。
そして、卒業証書授与。卒業生は、次々に名前を呼ばれ、卒業証書を受け取り、校長先生たちと握手して席に戻ります。卒業証書も小さい封筒に入っているので、みんなパッと受け取っていきます。
名前を呼ばれた時の歓声の大きさが人気の証?なのでしょうか???
それにしても、大人っぽい子が多いです。特に、女の子はすごいドレスでヒールにお化粧という子も多くて、驚いてしまいます。
いよいよ長男の出番です。長男は、卒業生30人の名前を読み上げる役の最後の大役を担当することになっていました。名前を呼ぶ30人は前日振り分けられたのですが、難しい名前も多いので、間違えずにちゃんと読み上げられるのか、ちょっと心配。間違っていても、私にはわからないのですけど。
Img_8710
無事30人の名前を読み上げ、最後に長男が卒業証書を受け取りました。
Img_8728
卒業生が退場し、およそ1時間の卒業式が無事終了となりました。
卒業生は、卒業式終了後7時から10時まで卒業パーティー。
日本人有志で、みんなに人気だというカッパ巻きを作って寄付しましたが、他にもたくさんの食べ物が並び、ゲームやフォトブースなど盛りだくさん。もちろん、ダンスパーティーも。
ボランティア以外は、卒業生しか参加できないので、どんな様子だったかわかりませんが、長男はとっても楽しかったそうです。長男、珍しくダンスもしたそうで、ミドルスクール最後の楽しい思い出になったようです。
ほとんどは、そのまま近くのハイスクールに行きますが、引っ越しなどで転校するお友達も多いので、帰り道はとても名残惜しそうでした。
ハイスクールも楽しく充実した4年間にしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンド

現地校はあと1週間で終了となります。日本では中学2年生の長男ですが、現地校ではもうミドルスクールを卒業します。

長男はミドルスクールに入ってから、選択科目で3年間バンド(吹奏楽)をやっていました。楽器を演奏するのは初めてでしたが、トランペットを始めて、3年間楽しくバンドを続けてきました。

3年間のまとめということもあり、このところバンド活動がいろいろありました。

小学校に行って、新入生リクルートのためのコンサートをしたり。高校の大きいホールでクリニックに参加し、よい評価をもらったり。学校のイベントで演奏したり。

3年間のバンド活動で、みんなが一番楽しみにしているディズニーランド旅行にも行ってきました。ロスまでの2泊3日の旅行で、ディズニーランドでレコーディングし、その後1日ディズニーランドで遊んでくるという楽しい旅行。ホテルのプールで泳いだり、ショーを見ながらディナーを食べたり、ディズニーランド以外でもたくさん楽しんできたようです。

長男にとっては、ディズニーランドで友達と一緒に自由に遊んで周り、自分で注文しお金を払って食事をしたりと、はじめての経験もいろいろあったようです。

そして、先週最後のコンサートがありました。次男たちバンド1年目の生徒たちの演奏、2年目の生徒たちの演奏に続き、最後に長男たち卒業する生徒たちの演奏でした。楽器を初めて最初の頃と比べたら、みんな驚くほど上手になりました。

長男は、高校でのバンドを選択しなかったので、もう演奏することもなくなるでしょう。三男が「ミドルスクールに行ったらトランペットをやるから教えて。」と長男に言っておりましたが、どうなることでしょうか。

Img_3229

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

トラック&フィールド

現地校の年度末で、いろいろな出来事が盛り沢山です。ブログに書きたいことはたくさんあるものの、なかなか書いていられません。

先週までは次男のトラック&フィールド(=陸上競技)runで忙しくて、午後はほとんど家にいられませんでした。

現地校のアフタースクールのクラブ活動なのですが、4月中旬からは週2日のペースで記録会が続きました。次男は、800m走、1600m走と4×400mリレーに出場。違う学校で実施される記録会もあり、私も長時間グランドにいることに。そして、記録会終了とともに、渋滞の中日本語学校に向かい、ほとんど授業終了とともに到着。そして、先生のご親切で、補習授業を受ける日々。

次男はサッカーの練習も試合もあり、超多忙な毎日でしたが、トラック&フィールドがとても楽しかったようです。がんばって走って、記録を更新したり、1位になれたり、みんなから応援されたり、ほめてもらったり。違う学校のお友達にも会えて、楽しそう。はじめは、「忙しくなるからやらないsign01」と言っていた次男ですが、やってみてよかったようです。

次男の学校が参加しているリーグは、近隣の11校が参加しています。5回の記録会の結果、各学校から上位3名までが選出され、二日間に渡りリーグ・ファイナルが開催されました。次男は、リーグ・ファイナルの800m走と1600m走に出場することに。

二日間学校を早退し、リーグ・ファイナル会場の学校へ。とてもきれいな天然ゴムの陸上トラック。そして、会場はリーグ・ファイナルの高揚感と緊張感で、まるでお祭りのような雰囲気。

次男にとって、一日目は1600m走。暑い中、待って待ってようやく出番。1位は独走、2位から5位までは接戦が繰り広げられるレースとなりましたが、次男は5位でした。3位までのメダルは逃したものの、6位までに出場権が与えられるカウンティ・ファイナルの出場を決めました。

そして、二日目。800m走でも、同じく5位となり、次男は800m走でもカウンティ・ファイナル出場を決めました。

リーグ・ファイナルから2週間後。先週カウンティ・ファイナルが行われました。学校をお昼に早退し、会場へ。いままでのリーグの試合より、本格的に陸上をやっているように見える選手があちこちに。なんだかミドルスクールの生徒たちの大会ではないような雰囲気です。

次男は、1600m走でも、800m走でも9位でした。やはりカウンティの壁は高かったです。次男は、自分の一番よい走りができなかったことが残念だったようです。

スタートラインに立つと、大きくて体格のよい同級生の中で一番身体の小さい次男。大きい子供たちの1歩が、次男には2歩必要だったり。体格の差は大きいです。

今年の大会は終わりましたが、次男は、「なんでもたくさん食べて大きくなって、また来年がんばるsign03」のだそうです。

058

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »