« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

Tech Challenge

こちらでは6月初めで学校が終了となります。4月から日本語学校の新年度と、現地校の年度末が続き、何かと忙しい毎日を送っております。coldsweats01

4月24日(日)、長男がお友達と一緒にTech Challengeに参加しました。

Tech Challengeとは、Tech Museumで毎年開催されているイベントで、4年生から12年生までの子供たちがチームで参加し、毎年決められたテーマに挑戦するというものです。長男のお友達が参加したいということで、声をかけていただき、長男も参加することになったのですが、それまで私たちもこのイベントを知りませんでした。

今年のテーマは、「Taking Flight」。グライダーを作り、決められたコースをクリアするというもの。なんだか楽しそうsign03ですが、始めてみると、結構大変なのでした。

集まったメンバー6人でチームを結成したのが10月。それから、毎週ミーティングを重ね、ついに4月に本番を迎えました。3月に入る頃からは、さすがに大変になり、毎週2回のミーティング&テストフライトのほか、エッセイやビデオなど、準備も忙しくなりました。

そして迎えたTech Challenge当日。Museumのイベントホール前には、長蛇の列。長男たちのチームは、早くに集合して並んだので、7番目。開場となったので、長男たちチームメンバーとアドバイザーは出場者入り口へ。私たちは会場で始まるのを待ちます。

会場のコースはこちら。全部で8つのコースが用意してありました。

Img_20160424_133025

発射台からグライダーを飛ばし、コースにある山(の絵が書かれたボード)や円柱をクリアし、最後の円形ターゲットまでグライダーに取り付けたピンポン玉3個を運ぶというもの。

参加する子供たちは、まずは会場裏のブースでインタビューを受けます。ここでは、グライダーの構造や飛ぶ仕組みなどについて質問されて、答えます。

Dsc_1156

コスチュームにも賞が用意されているので、長男たちのチームは、ヘルメットに失敗作のグライダーを取り付けてみました。これが結構目立って、通りがかった方々から、「いいね。good」と声を掛けてもらっていました。

いよいよイベント開始です。順番に入場し、中央で司会者からインタビューを受けます。長男たちは7番目なので、最初の回に登場です。
Dsc_1166

指定された右端の7番コースへ。早速発射台を設置し、グライダーの準備。時間は2分間。
Dsc_1179

あっという間に2分間が終了。長男たちのチームは、ターゲットにグライダーを着陸させることができませんでした。

表彰式まで時間があったので、子供たちはMuseumへ。そして、表彰式。
残念ながら、長男たちのチームは受賞することができませんでした。同じ学校の友達グループが賞をもらったりするのを見て、喜びと羨ましさ、ちょっぴり悔しさも感じたようです。
早速、「来年も挑戦するぞ~sign03」という声も上がっていました。

みんな頑張りました。お疲れ様でした。

Dsc_1121

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »