« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年1月

はじめての…事故

2016年も3週間が過ぎました。1月中は次男&三男のサッカーがお休みなのが、とっても楽です。

2015年の後半はとても忙しいものでした。
夏の引越しから始まり、長男は現地校の勉強が大変になり夜遅くまで宿題をする日々が続き、次男&三男はサッカーで忙しく、おかげで我が家は週末も大忙し。

そして、10月末のこと。
朝三男を現地校に送っていくため、家から車で出発したところ、事故にあいました。ちょうど家から道路に出たところで、家の前でした。道路の出るときに確認したつもりだったので、いったいどこから車が出てきたのsign02なぜsign02という不思議な気持ちでした。車がぶつかった衝撃もまったくありませんでしたが、我が家の車はバンパーがはずれて落ち、悲惨な状況に…。shock

Img_20151020_084146

相手の方は車の右横を擦ってしまったのですが、怪我はなかったようで、なによりでした。

私にとっては、はじめての事故。相手の方もはじめてだったのか、お互いどうしたらよいかとアタフタしてしまいました。coldsweats02

とりあえず、お互いの保険情報と連絡先を交換しました。が、お互い住所を交換したものの、電話番号やメールアドレスは交換し忘れてしまいました。

それから、保険会社に連絡し、書類を提出し、指示を仰ぐことに。慌てながらも、お互いの車の写真を撮っておいたのでよかったです。

あとは保険会社の担当者の方がすべて交渉や対応をしてくれるので、私がやらなければならないことはほとんどありませんでした。が、やはり相手の方の電話番号がわかったほうが連絡がとりやすいし、教えてもらった住所が嘘だったらsign02と心配になったので、翌朝、教えてもらった住所を訪ねてみました。

運よく、息子さんがいらっしゃったので、住所が正しいこともわかり、電話番号も教えていただくことができました。最初は息子さんにちょっと怪しまれたようでしたが、携帯の写真を見せながら説明して理解してもらえました。coldsweats01

我が家の車は悲惨な状態のまま、しばらく家の前に。3日後に査定の担当者が来て査定をしてもらった結果、修理費が車の価値を超えてしまうため、廃車ということになりました。古い車なので、仕方ありません。
ということで、事故から1週間後には、レッカー車が来て、車は運ばれていきました。渡米してから、8年余乗っていた愛車とお別れです。
Img_20151028_081746

車がないと子供の送り迎えもできず、生活できないので、事故の後レンタカーを借りていましたが、廃車と決まったところで、新しい車を購入することに。車の購入に関しては、ダンナがすべて情報収集してくれたので、すぐに車の購入となりました。
子供たちは念願の新車が来て、大喜び。ママのおかげで新しい車になったと。coldsweats01

幸い、事故後の交渉はスムーズに進んだようで、まったくトラブルもありませんでした。相手の方が良い方だったようで、よかったです。

事故の後、お友達の経験談もいろいろ聞きましたが、思ったよりみんな事故に遭っているものだと驚きました。いままで8年余、何もなかったのがラッキーだったようです。

事故はないほうがよいですが、自分が注意していても事故に巻き込まれることもあります。相手に落ち度があった事故だったのに、連絡先などの情報がすべて嘘で大変だったというお友達もいました。免許証で顔と名前、住所を確認し、電話番号はその場で電話をかけて確認するなど、相手の情報はきちんと確認しなければいけないそうです。

私の場合は、家の前での事故だったこと、相手の方がよい方だったこと、保険会社の担当者が日本人で対応が迅速でわかりやすかったこと、そしてなにより怪我などがまったくなかったことが、不幸中の幸いでした。

今回いろいろ勉強になったこともありますが、やはり事故にはもう遭いたくないですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

冬休みの旅2015~4日目~

パソロブレスの朝。
雨が降っていたので、少しホテルでゆっくり。ダンナと子供たちは、朝からバルコニーの温泉に入ってのんびり。バルコニーは中庭に面していますが、カーテンを閉めれば外からは見えません。ワイナリーTablas Creek仕様の私たちの部屋のバルコニー。
004
隣の義母たちの部屋は、ビール会社のFirestone Walker仕様で、カジュアルな雰囲気。
008
雨もやんだようなので、チェックアウトしてから、中庭をお散歩。そして、パソロブレスの町に出かけてみました。
ワイン通でパソロブレスに詳しいお友達から教えてもらったクッキー屋さん「Brown Butter Cookie Company」へ。ホテルで場所を聞いたら、そこの窓から見えるお店だと言われました。ホテルから歩いて3分。
028
何種類か試食させてもらい、いくつか購入しました。 子供たちは、自分で店員さんにリクエストして試食していたので、何種類試食したのかわかりませんが、長男が一番試食していたかも。

少し小雨も降る中、ダウンタウンをお散歩してからホテルに戻り、いざワイナリーに出発。途中にあったデリでランチを買って、ワイナリーへ。

前日のワイナリー巡りで、やはりワイン通のお友達の情報が信頼できるという結論に。(Nさん、ありがとうsign03)なので、Nさん情報を信じて前日行けなかったVenteuxへ行くことに。

044
雨も止んでよいお天気に。ランチのためのピクニックテーブルを探してテイスティングルームの裏の広場に行ってみたところ、ワイナリーのお兄さんが、「バスケットコートがあるから、子供たちが遊べるよ。」と教えてくれました。子供たち、大喜びです。happy01
040
ブドウ畑に囲まれたバスケットコート。隣にはプールもありました。

ナパでは、商業化されているということもあり、ワイナリーでも子供が楽しめる庭やデリなど施設が充実していました。パソロブレスは、家族経営のワイナリーも多く、素朴な雰囲気。私は好きですが、ワインを楽しめない子供たちにとっては、退屈なワイナリー巡りだったので、ここで一気にストレス解消。smile

その間、大人はワインの時間。さすがワイン通Nさんのオススメだけあって、やっぱり美味しい。最後に、リストにはなかった甘いデザートワインも出してくれました。甘いワイン好きのダンナはご機嫌です。義妹は、デザートワイン1本、我が家はデザートワイン1本と珍しいグリナッシュのワインを1本購入。

バスケやサッカーで思う存分遊んだ子供たち。お庭でサンドイッチ&チキンでランチをしてから、出発です。
対応してくれたお姉さんに近くのオススメワイナリーをいくつか教えていただいたので、その中からJ Dusiに寄ってみることに。
049
青色をポイントにしたお洒落で可愛いワイナリー。
050
お庭に小さい車があったり、ちょっとした遊具があったりもしましたが、さきほどのワイナリーで思いっきり身体を動かして遊んだ子供たちは、車から降りることもしませんでした。
おつまみが豪華だったり、最後にリストにない赤のデザートワインを出してくれたり、対応はよかったのですが、あまりコレsign01というワインには出会えず、義妹が1本購入しただけで、我が家は購入せず。

これにて、パソロブレスのワイナリー巡り終了。1日目に4軒、2日目に2軒のワイナリーに行くことができました。

私が一番好きだったのは、前日のOpoloのワインかな。コストパフォーマンスもよいし、さすが人気のワイナリーです。
結論としては、やはりワイン通のNさん情報は信頼できるsign03ということ。さすがです。日本人の口に合うワインというのもあるのでしょうかsign02

帰りは、そのまま101号で北上。海沿いの1号と違って景色は単調ですが、我が家まで3時間もかからず早いです。

旅行中イタリアンなどが多かったこともあり、この日の夕食はPhoのお店に。義母にとっては初めてのPhoでしたが、お口に合ったようでよかったです。

はじめてのパソロブレスでしたが、3時間ほどで行けるし、ワイン&温泉は最高ですね。Nさん、これからも情報よろしくお願いします。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬休みの旅2015~3日目~

ピズモ・ビーチの朝、出発前にビーチをお散歩。
Img_8142
思った通り、子供たちはどんどん海に入って行き、三男はズボンをびしょ濡れに。桟橋に上がり、一番先端までお散歩してからピズモ・ビーチを出発です。写真は桟橋の下から。
Img_8155
ピズモ・ビーチからワイナリーを目指して車を走らせることおよそ40分。ワイン通の友人からいただいた情報をもとに、ワイン好きの義妹と相談して、行きたいワイナリーをチョイスしました。

パソロブレス周辺には、200を超えるワイナリーがあるとか。ワインといえば、ナパやソノマが有名ですが、最近はパソロブレスのワインも人気。パソロブレスのワイナリーは、商業化されていない素朴なワイナリーという感じです。

まずは、ワイン通の友人もオススメのTurleyへ。今回の旅では、義妹が代表してすべてのワイナリーでテイスティング。私たちも、少しずつ味見させていただきました。winewink

Turleyは、ジンファンデルで有名なワイナリー。最初のワイナリーだったこともあり、美味しいワインにテンションが上がります。義妹は試飲した中から1本購入。我が家は、お手頃価格で置いてあったアマドア産Pokervilleのジンファンデルを1本購入。家に帰ってから調べたら、お買い得の買い物だったようで、いただくのが楽しみです。happy01

地図を見ながら、ワイナリーが続く道を車で走ります。あっと思ったら、行こうと思っていたワイナリーを通り過ぎてしまっていたり。とりあえず、この日は絶対行きたいワイナリーを目指して進むことに。

ということで、2軒目は、Opolo。ここもワイン通の友人オススメ。私も友人宅でいただいた覚えのあるラベルです。
Opoloは、かなり人気のようで、お客さんもたくさんいて賑わっていました。お庭にレストランが併設されていたので、ワイナリーには興味がないお腹を空かせた子供たちには、ピザを。釜で焼いたピザは美味しかったですが、お値段も高かったです。
Img_8195_2
人気なだけあって、試飲したワインも美味しい。お値段もそれほど高くなくほとんどが$30前後でした。義妹もジンファンデルを1本購入しましたが、我が家もジンファンデル1本とお手頃価格のスパークリングを1本購入。

次に訪れたのは、ワイナリーではなくオリーブオイル屋さん、Pasolivo。
Img_8201
オリーブオイルといろいろな塩の試食ができました。店内は試食する人で大賑わい。我が家の子供たちも、パンにオリーブオイルをつけて試食していましたが、三男はパンだけいただいていたような…。
一通り試食しましたが、やはり最初からお目当てだったトリュフソルトを購入。

お庭で遊びながら、シナモンロールやお菓子で腹ごしらえ。そして、またワイナリーを目指します。

3軒目のワイナリーは、Tablas Creek。私がたまたまネットで見た「101 Best Wineries in America for 2015」で1位になっていたワイナリー。
テイスティングルームは、お洒落な雰囲気。ワインのお値段も高めです。さすが1位sign02
Img_8212
が、期待が高かったからか、たまたま私たちの口には合わなかったのか、義妹も私もダンナも気に入ったワインには出会えず、結局試飲しただけで何も購入しませんでした。

やはり、ワイン通の友人情報の方が信頼できるという結論に。

ほとんどのワイナリーは5時終了。すでに4時を過ぎていたので、ホテルに向かう道中にあったワイナリーMcPrice Myersに終了間際に飛び込み試飲。まったく情報なく訪れたワイナリー。お値段少々高めでしたが美味しかったです。義妹が白のViognierを1本購入。

この日はワイナリー4軒とオリーブオイル屋さんでワイナリー巡り終了。
パソロブレスの町のホテル、Paso Robles Innに宿泊です。このホテルは、温泉があるホテル。お部屋のバルコニーに温泉ジャグジーがあるタイプの部屋は、近くのワイナリーをモチーフにしているようで、私たちの部屋の装飾はすべてTablas Creek仕様でした。この日訪れたワイナリーだったので、びっくりです。

夕食のレストランの予約が9時になってしまったので、それまで温泉タイムです。硫黄のにおいがする本物の温泉spaです。気持ちよかった~。
001
夜9時から歩いてすぐのイタリアンレストラン「Buona Tavora」で夕食。美味しいという評判通りの美味しいイタリアンでした。大人気の混雑で、夜遅くになってしまったけれど、その価値はありました。我が家の子供たち、特に長男は珍しくテンションがかなり上がっておりました。happy02

夕食後すっかり遅くなり、お腹も満たされ、みんな疲れて就寝。私は一人でもう一度ゆっくり温泉を楽しみました。幸せ~。confidentと思ったら、その後の室内のシャワーがなぜか熱湯しか出ず、熱湯シャワーで泣きそうになりましたが。bearing

翌日は旅行最終日。まだワイナリー巡りは続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬休みの旅2015~2日目~

シカモア温泉の朝。私は、まだ子供たちが寝ているうちに、一人でバルコニーのジャグジーspaを楽しみました。朝の冷たい空気の中、温かいジャグジーは気持ちよかったです。confident

ダンナも子供たちも起き出して、早速ジャグジーへ。前の晩は暗くてわかりませんでしたが、バルコニーはとっても広かったです。
Img_8001
ジャグジーで朝食を食べながらのんびりしているダンナ&長男を部屋に残して、次男&三男と義母を誘って、ホテル内の散歩に出かけました。

その後、ホテルをチェックアウトしてから、裏山のトレイルへ。山道をひたすら登っていきます。きつい上り坂は、長男がおばあちゃんと手をつないで行きました。
Img_8030

山の上から見えたのは、きれいな海。

Img_8031

まだトレイルは続いていましたが、この辺で山を下ることに。下り坂は、次男がおばあちゃんと手をつないで下ります。

Img_8039

シカモア温泉から車で10分ほど走ると、昨年も訪れたピズモ・ビーチです。この日の宿は、ピズモ・ビーチ。

042

昨年も並んだSplash Cafe(昨年の記事)に今年も並び、名物クラムチャウダーを桟橋でいただきました。

027

車で5分ほどのPismo Beach Monarch Butterfly Groveへ。ここでもダンナの新しい望遠レンズが威力発揮。

043

高い木の枝に止まる蝶の群れ。すごいです。ちょっと気持ち悪いくらいです。

092

そのままOceano Dunes SVRAへ。すでに夕暮れ時。子供たちは、今回は砂丘には行かず、海に向かって歩いていきます。

Img_8065

かなり寒いのですが、子供たちはどんどん海に向かっていきます。

Img_8077_2

そして、夕日が海に沈んでいきました。

Img_8110

ホテルに戻ってから、夕食は歩いてCracked Crabへ。昨年食べた美味しいシーフードが忘れられず、今年もバケツのシーフードをいただきました。やはりピズモ・ビーチではハマグリです。食べるのに夢中で、写真は撮り忘れたので、昨年の記事を見てください。coldsweats01

ホテルの部屋は2部屋並んで通路つき(部屋の中のドアで自由に出入りできる部屋)だったので、子供たちが寝た後も大人はみんなでワインを楽しむことができました。翌日はいよいよワイナリー巡りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬休みの旅2015~1日目~

新年明けましておめでとうございます。

このところ、かなりマイペースなブログとなっておりますが、備忘録代わりに細々と続けていきたいと思います。2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年の冬休みは、日本から義母&義妹が遊びに来てくれました。そこで、温泉spaとビーチwaveとワインwineを楽しむ3泊4日の旅行に行きました。rvcardash

出発はクリスマスxmas。ということで、道路は比較的空いていました。少し遠回りですが、海沿いの1号線を南下し、目的地まで景色を楽しみながら走ることに。

Img_7904

ビッグ・サーの海岸線を見ながら、簡単にお昼ご飯。

Img_7909

ひたすら南に車を走らせます。すると、よいお天気だったのに、急に雨となりました。そして、虹。

Img_7913

小雨が降ったりやんだりの中、ゾウアザラシが見えるビューポイントに到着。昨年に引き続き、子供たちは大喜びでゾウアザラシ観察です。(昨年の記事)

Img_7946

ちょうど出産時期なので、かわいい赤ちゃんゾウアザラシがたくさんいました。すぐ近くでお母さんのおっぱいを飲み始めた赤ちゃん。子供たちはしばらく観察。

Img_7926

今年はダンナが買ったばかりの望遠レンズで撮影したので、ゾウアザラシの写真をいくつか。

Img_7940

Img_7957

Img_7920

Img_7969

そろそろ日が暮れてきました。生憎雲が多くて、夕陽は海に沈む前に雲の中に。海岸の岩に見えるうちのいくつかはゾウアザラシです。wink

Img_7981

暗くなる前に宿に着きたかったのですが、すっかり暗くなってしまってから、この日の宿シカモア温泉に到着。(写真は翌朝撮影したもの。)

Img_8013

ここには天然温泉のお風呂があります。が、私たちの部屋のバルコニーのお風呂は天然温泉ではなく、普通のジャグジー。その代わり、チェックインしたときにはすでにお湯が入っていて、部屋に到着するとすぐに入ることができ、その後もいつでもすぐに入ることができました。早速、子供たちがお風呂に。

Img_7985

義母たちの部屋のバルコニーには、天然温泉のタブがありましたが、そちらは蛇口からお湯を出してお風呂に入れる必要があります。

クリスマスでお店はほとんど閉まっているし、ホテルのレストランも混んでいるので、夕飯はルームサービスで部屋でいただくことに。でも、レストランが混んでいるので、ルームサービスも時間がかかりました。その間、ダンナはゆっくりジャグジーを楽しみ、子供たちはおばあちゃんたちとトランプ遊び。

9時過ぎにようやくルームサービス到着。クリスマスディナーをみんなでいただきました。

Img_7992

バルコニーのお風呂は11時までなので、夕食後私もいそいでジャグジーを楽しみました。外は寒いですが、星空を見ながらのジャグジーは気持ちよいですね~。まるで貸しきりの露天風呂でした。confident

夕食も遅かったので、すっかり夜更かしして、就寝です。sleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »