« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年7月

サッカー観戦@Stanford

夏休みに入りすぐにカナダ旅行だったこともあり、子供たちは6月はのんびりダラダラした夏休みを楽しんでいましたが、今週からサマーキャンプに行き始めました。

長男は、日曜日に1週間のヨセミテでのサマーキャンプに旅立ちました。昨年も参加しましたが、今年はお友達たちと一緒にサバイバルキャンプに参加しております。誰が生き残って帰ってこられるかsign02なんて冗談も言いながら、ちょっと緊張した面持ちで出発しました。今頃はヨセミテの自然の中でサバイバルしていることでしょう。smile

次男&三男は午前中のサッカーキャンプに参加中。こちらもお友達と一緒なので、楽しそうです。happy01

さて、6月末の土曜日にサッカーの試合を観戦してきました。アメリカでは初のプロリーグMLSの試合観戦。日本では何度かJリーグの試合を観戦しましたが、子供たちには記憶がないようで、子供たちにとっては初のサッカー観戦soccerとなりました。

試合開始時間の1時間以上前にはStanfordに到着しましたが、混雑で駐車場までが遠かったです。ちゃんと料金も$20支払う駐車場ですが、広場にみんな適当に車を停めている感じの駐車場。あちらこちらでBBQしたり、パーティーしたり、サッカーして遊んでいました。車を停めた場所をちゃんと覚えておかないと、何も目印がありません。coldsweats01

駐車場から人の流れに従ってスタジアムまで歩きます。入り口でチケットの確認を受けて、いよいよスタジアムへ。

午後6時半キックオフ。スタジアムのシートには、6時前には到着。持参したおにぎりを食べながら、練習している選手をチェック。

この日の試合は、地元San Jose Earthquakes 対 L.A. Galaxy。次男のサッカーチームを通して購入したので、地元San Jose Earthquakes応援席。といっても、スタジアムほとんどがホームのSan Jose Earthquakesのファンです。

試合開始15分前に選手の練習が終了。いったん選手が退場します。そして、開会式のイベント開始。

アナウンスがあり、上空を見ると、ヘリコプターが4基。そして、そこから人がダイブ。パラシュートが開き、少しすると、大きいアメリカの国旗星条旗が空に現れました。4人の方が頭上で舞いながら降りてきます。

016

一人ずつ紹介されながら、スタジアムに着地していきます。すご~い。日本のJリーグではなかった演出です。

024

アメリカ独立記念日1週間前ということもあり、いろいろな演出がありました。

選手入場の時には、アメリカの陸・海・空軍の方々が花道を作り、国歌斉唱も軍の歌手の女性でした。

030_2

国家斉唱が終わると、大きな軍用飛行機が頭のすぐ上を飛んでいき、

032_2

大きな横断幕が観客席に現れました。

033_4

盛大な開会式の後、試合開始です。

さすがプロの試合。試合中はあちこちで、小競り合いや駆け引きがあり、どちらも負けられない真剣勝負です。

092_2

先に点をとったのは、L.A. Galaxy。そして、San Jose Earthquakesもキャプテンでエース、アメリカ代表のWondolowskiが1点とり、前半は1-1で終了。

ハーフタイムは、女子ワールドカップ開催中ということで、かつての女子アメリカ代表がグラウンドに登場しました。が、はっきり言って、誰もわかりませんでした。coldsweats01

夕焼けとともに、後半開始。

我が家で一番選手に詳しい三男に注目選手を確認し、観戦しました。次男&三男の一押しは、やはりSan Jose EarthquakesのWondolowski。スタジアムでも一番人気で、彼がボールを持つと、すごい応援です。

Earthquakesが、2点目を決め、スタジアムも大歓声。そして、観客席ではウェーブが始まりました。もう子供たちは試合よりウェーブに夢中。試合を見ながら、ウェーブに参加です。

試合終了。Earthquakesが3対1で勝利。happy02

124

すでに夜8時半。すっかり暗くなったところで、この日は1週間早く独立記念日を祝っての花火が打ち上げられました。すぐ近くで大きな花火があがったので、三男はちょっと怖がっていました。

音楽に合わせて、およそ20分の花火ショーでした。久しぶりに、すぐ近くで花火を楽しむことができました。、それも座って見ることができてよかったです。

帰りは予想以上の混雑で、駐車場から出るのに一苦労。最初からみんな適当に駐車しているので、車を出すのも大変です。

それにしても、子供たちはサッカーの試合だけでなく、試合前のショーや、試合中の応援、試合後の花火と、予想以上に楽しめたようです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015夏 カナダ旅行~7日目~

カナダ最終日の朝。すっかり寝坊しました。coldsweats01
慌てて準備をし、チェックアウトしてから、カルガリーの町を少し歩いてみました。

歩行者専用になっている通りです。平日お昼頃だったので、ランチを楽しむ方で賑わっていました。
Img_20150622_115153_hdr
カルガリータワー。周りに高いビルが建ち始め、ちょっと目立たなくなってしまいました。
Img_20150622_115936_hdr
車をカルガリーの町の北側に停め、橋を渡って、プリンス・アイランド・パークに。
川の右は賑やかなオフィス街、左は公園です。
002_2
プリンス・アイランドは、ボウ川が二手に分かれた間にあります。そこが公園になっており、憩いの場になっているようです。オフィス街のすぐ横にあるので、昼休みを楽しんでいる方や、ランニングしている方など、たくさんいました。
006_4
2年前にはボウ川の水が溢れ、カルガリーの町は大洪水の被害にあいました。公園にはその時の様子などが紹介されていました。
カリフォルニアの水不足も深刻ですが、洪水も復興まで大変ですね。
018_3
公園でのんびりランチを食べ、カルガリーの空港に向かいます。

1週間お世話になった車とお別れし、空港へ。帰りもシアトル乗り継ぎで、サンノゼへ。サンノゼに着く前に、飛行機の窓から夕焼けが見えました。
Img_20150622_215138_hdr
1週間のカナダ旅行。お天気に泣かされたこともありましたが、雄大なカナディアンロッキーの山々ときれいな湖、野生動物と、見所満載でした。
久しぶりにSさんご家族と会うことができたのもよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015夏 カナダ旅行~6日目~

カナダ旅行6日目、バンフの朝。子供たちは、朝からプールへ。smile
ホテルのプールにウォータースライダーがあるのを知った時から、子供たちはプールsign03プールsign03と大騒ぎ。チェックアウト前に朝からプールへ行って、ウォータースライダー三昧です。happy02sweat01

Sさん家族と合流し、バンフ観光へ。雨が降ったりやんだりのお天気ですが、とりあえず出発です。
ホテルから山の方へ向かうと、そこからはHoodoosが見えます。写真左赤丸のとんがった形の岩がHoodoosです。
009

この辺りでは、石炭がとれたそうで、昔の炭鉱跡を散策しました。子供たちは、石炭が積んである汽車を見つけてしばらく遊んでいました。

018_2

みんなの先頭を歩くのは、Kくんと次男&三男。とっても楽しそうです。

030

ちょっとお天気が悪いですが、レイク・ミネワンカに行くことに。肌寒い中、子供たちは元気に水切りして遊びます。

033_3

日曜日ということもあり、湖畔では結婚式を挙げている方も。湖の周りの道路を走っているときに、草むらから鹿が飛び出してきました。気をつけないと危ないですね。

Mount Norquayに向かう途中、今度はビッグホーン・シープを発見。残念ながら、角の小さいメスでした。慌ててカメラを用意。

034

Mount Norquayからは、バンフの町が見渡せます。ちょうどお天気がよくなりました。

035

ここでも結婚式を挙げていました。お幸せに。

064

バンフにお別れし、途中でランチをすませ、カルガリーへ。いったんSさん家族とお別れし、我が家はカルガリーのホテルへ。

夕方Sさんがホテルに迎えに来てくれて、カルガリーの町を眺めながら、Sさん宅へ。

066

Sさん宅で、2年ぶりにSさんのお父さん&お母さんとも再会。長女のHちゃんとも2年ぶり。子供たちは子供たちで、大人は大人で、夕食です。美味しい食事と、楽しいお喋り。子供たちも楽しそうに遊んでいました。

Sさん家族とお別れし、Sさんにホテルに送ってもらう途中、夕暮れのカルガリーの町を今度は北側から眺めました。

091

翌日はもうカナダとお別れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015夏 カナダ旅行~5日目~

カナダ5日目、ジャスパーの朝。sun

005_2
ホテルをチェックアウトし、ジャスパーの町を散策します。
008
とても小さな町です。この日は土曜日、広場でファーマーズマーケットやフェスティバルをしていました。

ジャスパーにお別れし、バンフまで来た道を一気に戻ります。rvcardash
ジャスパーを出てすぐ、道路脇にカリブー発見sign03その後、熊も発見。
019
この旅はじめての私の運転。景色のよい場所で、ダンナは写真撮影。
033_2

085
川のほとりで昼食です。
054
そして、コロンビア・アイスフィールドも通り過ぎます。
090_2
ボウ湖にもお別れです。
110
この辺りから工事dangerもあって、渋滞のノロノロ運転。お天気もだんだん怪しくなってきました。
そして、連なる車の前を熊が走って行きました。

レイク・ルイーズで雨が続いたので、帰りにももう一度寄るつもりでしたが、ちょうどレイク・ルイーズの辺りでまた雲に覆われ雨が降ってきたので、残念ながら諦めることに。despair

バンフの町に到着。今度は、町から離れた山の近くのホテルです。
ここで、カルガリーに住むSさん家族と再会です。わざわざ私たちのために、カルガリーからバンフに来てくれました。昔(20年以上前)、ダンナがお世話になったカナダ人Sさん。日本人の奥さんと、5歳のKくんも一緒です。2年前サンフランシスコで会ってから、久々の再会に、最初は子供たちもなんだか恥ずかしがっていました。

バンフの町まで行き、夕食です。この頃には、子供たちもすっかり打ち解けて、楽しそうに遊びはじめました。

この日は、私の誕生日。Sさんがお店に伝えてくれていたらしく、食事の後店員さんがケーキbirthdayを持ってきてくれて、皆さんでお祝いしてくださいました。お店で盛大にお祝いしていただいたのは初めてのこと。ちょっと恥ずかしかったですが、嬉しかったです。

バンフも雨でしたが、子供たちは楽しそうでした。末っ子の三男がお兄ちゃんのようにKくんと遊んでいて、なんだか嬉しそうでした。
128_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015夏 カナダ旅行~4日目②~

コロンビア・アイスフィールドにお別れし、アイスフィールド・パークウェイを北上します。コロンビア・アイスフィールドの手前から、すでにジャスパー国立公園に入っています。

先ほど行ったスカイウォークの横を通ります。ちょうど今だったら雨が降っていないのに。despairでも、すごい人です。あのガラスの橋は、どのくらいの重さに耐えられるのでしょう?

しばらく車を走らせ、Sunwapta滝に寄ります。

191

この川に落ちたら、すぐ滝です。

207

さらに、車で15分ほど北上すると、Arthabasca滝です。

232

こちらの方が、規模が大きく、滝の周りにいくつかのトレイルがあります。水の勢いが強く、岩を削り続けています。

227

トレイルをずっと下っていくと、滝の下の開けた川まで続いています。

246

階段を登って、滝の上に。

264

滝のすぐ近くは、水しぶきがすごいです。

269

予想以上に規模が大きく、時間がかかってしまいました。

278

すでに夕方5時近く。この日宿泊するジャスパーの町まで30分ほどですが、町から1時間ほどのマリーン・レイクまで行ってみることに。

目的地をマリーン・レイクにし、橋を渡っていたら、動物発見sign03カリブー(トナカイ)のオスとメスです。

288

橋の上からしばらく観察していると、オスが川の中に入りました。どうやら川を渡るようです。でも、かなり広い川なので、途中流れが強いところで流されながら、なんとか渡りきりました。メスも続きますが、だいぶ苦戦して流されてしまいました。見ている私たちが、ヒヤヒヤです。coldsweats02

295

なんとか無事こちら岸まで渡りきり、森の中に消えていきました。マリーンレイクに向かう道路に入った頃から、少し雲行きが怪しくなりました。そして、また雨。

そんな中、続けて熊さんに会いました。道路脇に1頭、道路から横の茂みに走る熊1頭。どちらもブラック・ベアでした。

雨がちょうどあがったので、途中のMedicineレイクに寄りました。

307

ここで、かわいい泣き声が響いていました。よく見ると、岩の上にリスのようなネズミのような動物発見。ピカ(ナキウサギ)ですsign03声は聞こえるけれど、なかなか姿をみることはできない動物です。はじめて姿を見ることができ、子供たちも大喜び。happy02すぐに岩場に隠れてしまったので、残念ながら写真は撮れませんでした。ちなみに、ピカはポケモンのピカチュウのモデルのようです。

お天気がよいうちに、なんとかマリーン・レイクに到着。

345

湖畔でおやつを食べ、ちょっと休憩。ロッキー山脈の中で一番大きい湖だそうです。細長い形なので、対岸は見えません。

321

この湖での人気は、遊覧船。遊覧船に乗れば、湖に浮かぶ小さな島スピリット・アイランドまで行くことができ、ポスターなどでおなじみの絶景を見ることができるのだそうです。

でも、すでに午後6時半。もう遊覧船は、営業終了していました。despair

323

さあ、ホテルに向かいましょう。途中、またしても、道路脇に熊さん発見。レイク・ルイーズのレンジャーさんに、聞いた通り、熊は夢中でタンポポを食べていました。夕食でしょうか、タンポポの綿毛を鼻先につけながら、ムシャムシャ食べ続けていました。

353

ホテルに到着。すでに夜8時ですが、子供たちはプールに入りたいsign03と大騒ぎ。で、子供たちはプールで遊び、私はプール隣のランドリーで洗濯しながら、プールサイドで一休み。

1時間ほどプールで遊んだ子供たち。ホテルはジャスパーの一番端だったので、夕食は町まで行くのをやめ、ホテル内のレストランですませました。

翌日は、ジャスパーからバンフまで一気に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »