« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

サイエンスキャンプ

すっかりご無沙汰しています。coldsweats01

ご無沙汰している間に、長男のバンドのコンサートがあったり、三男の遠足(いま人気のリーバイス・スタジアム)や劇の発表会があったり、バレンタイン・パーティーがあったり。
そして、先週1週間は、現地校がお休みでした。

お休みには、昨年同様スキーskiとも考えましたが、今年はダンナが日本出張に行ってしまったこともあり、家でのんびりと(ダラダラとsign02)過ごして終わりました。お友達とプレイデイトをしたり、スリープオーバー(お泊り)したり、子供たちはそれなりにお休みを楽しんだようです。お休み最終日は、お友達の家で盛大なBBQパーティーを行い、昼から夜まで食べて飲んで遊んで話して楽しく過ごしました。happy01

そして、学校が始まってすぐの火曜日から、次男が3泊4日のサイエンスキャンプに行っております。サイエンスキャンプとは、日本でいう林間学校のようなもの。うちの学校は、比較的近くの山の中に行きます。

2年前長男がサイエンスキャンプに行ったときは、ずっと雨rainでしたが、このところお天気がよいので次男たちも気持ちよく山歩きを楽しんでいることでしょう。

今回も、次男たちのバスが出発するまでお見送りしましたが、2年前の長男の時と違い、とてもスムーズだったのに驚きました。というか、2年前があまりにも…thinkだったのですが。(長男のときの記事)

今年は事前にボランティア募集があり、その一つに荷物を車で運ぶボランティアがありました。朝学校に集合し、クラス毎に色分けされたテープを荷物に貼って荷物をクラス毎にまとめて置き、それをボランティアの車に積みました。これだけなのに、無秩序だった2年前とは比べ物にならないくらい楽でした。子供たちはすんなりバスに乗り、出発sign03busdash

もう一つ、長男のときと違うのは、ボランティア。今年は費用の節約ということもあり、交代制で親がボランティアに行くことに。日中だけでなく、夕方から翌朝までの泊まりのボランティアもあります。アメリカの学校では、ボランティアなしでは成り立ちません。サイエンスキャンプの費用もドネーションとファンドレイズで賄っているので、日本とはだいぶ違いますよね。

先生やボランティアの方々から、サイエンスキャンプの写真がwebにアップされ、シェアされるので、子供たちの楽しそうな様子がよくわかります。あっという間の3泊4日、もう明日には帰ってきますが、あと1日楽しんでたくさんの思い出を作って帰ってくることでしょう。happy01

こちらはもう桜が咲き始めています。
Img_20150224_154153_rewind

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »