« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

ハワイ島(Big Island)旅行~2日目

ハワイ島で迎える朝。sunといっても、まだ朝5時の真っ暗な中、三男が起き出しました。三男は、夜中まで熱がありましたが、明け方には熱も下がっていました。前日午後7時前からぐっすり寝ていたので、睡眠は十分な様子。とりあえず朝6時半までおとなしくベッドにいるように言いましたが、すっかり元気でおとなしくしていません。

「お腹空いた~sign01sadと騒ぐので、朝6時半には起き出し、2階のリビングへ。前日買っておいたクロワッサン&ジュースで朝食にしていると、だんだん朝日が昇り明るくなっきました。

とってもよいお天気です。sunhappy01みんな早寝してぐっすり寝たので、珍しくみんな早くに起き出しました。wink朝食の後、ダンナ&長男・次男は、コンド内のお散歩に出かけました。

場合によっては、三男&私はコンドでのんびりお留守番と思っていましたが、三男がすっかり元気なようなので、とりあえず近くのビーチに出かけることに。cardash

向かったのは、車で10分弱のカハルウ・ビーチ・パーク(Kahaluu Beach Park)。入り口が目立たず、あまりにも小さい地味なビーチだったので、一度通り過ぎてしまいUターンすることに。coldsweats01駐車場は満車でしたが、運良くちょうどとめることができました。

地味な小さいビーチですが、実は結構人気のビーチ。シュノーケルのポイントとして、有名なビーチです。ビーチといっても、海辺は岩場。あちこちにタイドプールがあり、たくさんの魚を見ることができます。

2013_12_23_0312

海は遠浅なので、かなり遠くまで平気で歩いていけます。足元が岩場なので、素足では痛いし、滑るので注意が必要です。

2013_12_23_0162

ここでupダンナ&長男・次男が見つけたのは、なんとウミガメsign02三男&私も、足元に気をつけながらいそいで行ってみました。ウミガメ、わかりますかsign02Sany00142

すぐ目の前で泳ぐウミガメ。よく見ると、あっちにもこっちにもウミガメ。smileウミガメたちは、岩場の藻を食べていたり、浅瀬でのんびりしていたり。気をつけないと、危うく踏んでしまいそうなところにウミガメがsign03驚きです。down足元のウミガメを観察中です。2013_12_23_0332

黄色や青のトロピルな魚piscesも、ウニもいました。海に潜らなくても、魚やウミガメが観察できるなんて、子供たちにもGOODです。三男も膝くらいまで海に入っただけで、楽しむことができました。オアフ島のハナウマ湾のシュノーケルもよかったですが、こちらのほうがお金もかからずお手軽に楽しめました。wink

フード・トラックがあったので、お昼はホットドッグ&コーンドッグ。午後2時頃まで遊んで、スーパーに寄ってから、午後はコンドのプールでのんびりすることに。

ところが、スーパーで買い物して帰る頃から、ダンナが体調不良に。despairシュノーケルで海に潜ったのがいけなかったのか、この1週間忙しく完全に睡眠不足だったのがよくなかったのか・・・。寒気がするというダンナ、どうも熱も上がってきた様子。wobbly

ダンナは部屋で休むことにし、子供たちと私はコンドのプールへ。コンド内には8つのプールがあり、どこでも使用できたので、誰もいないプールに行くことに。小さいプールですが、貸切です。bleah

2013_12_23_0372

子供たちはしばらくプールで遊び、私はプールサイドでのんびり過ごし、ジャグジーに入ってから部屋に戻りました。ダンナは2時間ほど休んで、少し楽にはなったようですが、やはり熱がある様子。sad

とりあえず近くのケアウホウ・ショッピング・センターの人気レストラン「Sam Choy's Kai Lanai」へ。まだ5時過ぎなので、海が見渡せるテラス席に案内していただけました。目の前にはこんな夕焼け。残念ながら、太陽は雲の中ですが。
2013_12_22_3142
ちなみにシェフであるサム・チョイさんは、アメリカ版料理の鉄人に何度も登場しているハワイの有名シェフだそうです。店内はとても広く開放的。お洒落なバー・カウンターもあります。bar2013_12_22_3102
お腹が空いた子供たちが騒ぎ始めた頃、お料理がきました。魚介料理も美味しくて、うれしいheart042013_12_22_3162

お腹いっぱいになる頃、夕日が沈んでいきましたが、残念ながら雲の中へ。2013_12_22_3172

店内には灯りがともり、とっても素敵な雰囲気。お客さんもいつの間にかいっぱいです。2013_12_22_3222

食事の後、ダンナの風邪薬を買ってから、コンドに戻りました。ダンナは薬を飲んでそのまま爆睡sleepy。ダンナが熱を出すなんて珍しいこと。たくさん眠って元気になるとよいのですが・・・。thinkちなみに前日熱を出していた三男は、すっかり元気になり海やプールで遊んでおりました。smile

さあ、翌日はどうなることかsign02この日も全員早寝で就寝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハワイ島(Big Island)旅行~1日目

クリスマスxmasも過ぎ、あっという間に今年もあと1日となりました。
今年のクリスマス、我が家はハワイ島(Big Island)に4泊5日の旅行に行ってきました。

何かと慌しく過ごし、旅行出発2日前にはダンナも私も風邪ひいた~sign02coldsweats02とあわてて風邪薬を飲み、なんとか迎えた出発当日。私が起き出す頃、三男が泣きながらやってきました。三男、高熱upを出していました。sadsweat02とりあえず、薬を飲ませ、少し眠らせることに。

旅行を中止にしようかと考えましたthinkが、三男も「行きた~いsign03」と言うし、薬を飲んで熱が下がったところで、出発することに。rvcardash

薬が効いて熱が下がっているので、いつも通りすっかり元気な三男。happy01飛行機に乗り、まずはホノルルへおよそ5時間のフライト。airplaneが、飛行機の中で薬が切れた三男、あっという間に熱が上がりました。wobbly仕方ないので、持参した薬を飲ませました。しばらくすると薬も効き、熱が下がり、スヤスヤ眠っていました。大丈夫かなぁ・・・sign02think

ホノルル空港で乗り継ぎ便を待つ間も、薬が効いている三男はすっかり元気。さすがにいつものような食欲はありませんが、熱が下がるとかなり楽のようです。happy01ホノルル空港の庭園を散歩するくらい元気でした。

2013_12_22_2542

そして、飛行機でハワイ島コナへ。airplane飛行機は1時間もしないうちにコナに到着し、そのままレンタカーでホテルに向け車を走らせます。cardash

車が走り出して少しすると、三男の薬が切れました。あっという間にかなり熱が高くなり、三男もつらそうです。sadすでに午後5時を過ぎていたので、近くのスーパーで夕食の買い出しをし、部屋で食事をすることに。

三男に薬を飲ませ、私はスーパーへ。その間、みんなは近くの展望台やスーパーの駐車場の見晴らしのいい場所で、夕日を眺めていたそうです。2013_12_22_2642

三男は車内から見ていたようですが、私がスーパーで買い物中に、夕日はすっかり沈んでしまいました。despair

2013_12_22_2752

2013_12_22_2782

買出しを済ませ、ホテルへ。今回の宿は、にぎやかなカイルア・コナの街の少し南にあるケアウホウ地区のコンドミニアム。2ベッドルーム、2階にリビング&キッチンの広いお部屋。2013_12_22_2862

部屋で夕食を済ませ、三男はすぐに寝ました。そして、みんな早めの就寝。sleepy時差が2時間あるので、自然に早寝になります。ゆっくり休んで、三男の熱が下がるといいのですが・・・。さあ、どうなるハワイ旅行sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お誕生会でゴーカート・レース!

本当に忙しい日が続いております。”師”ではありませんが、師走の忙しさですね。

先週は長男のコンサートが木曜夜にあり、金曜夜はダンナの会社のクリスマス・パーティーxmasでした。先週は毎日夜11時過ぎまで宿題をしていた長男、クリスマス・パーティーは楽しんでおりましたが、予想通りsign02金曜の夜、熱を出しました。wobblysweat01週末はゆっくり休ませることに。

日曜日、子供たちの日本語補習校で、お餅つき会がありました。長男は熱も下がり、だいぶ元気になりましたが、咳・鼻・くしゃみも出るので、家で留守番し宿題をすることに。仕事が終わらないダンナも一緒にお留守番。house

次男&三男と一緒に、お餅つき会へ。今年も次男&三男はお餅つきをし、お餅を丸め、美味しいお雑煮をいただきました。smile家に帰ってからダンナ&長男に、いただいたお餅でお雑煮を作りました。

そして、大急ぎで次男&三男を連れて、お友達のお誕生会へ。本当は長男も参加する予定でしたが、長男は引き続きダンナとお留守番です。sad

お誕生会の会場は、K1 SPEED、ゴーカートのレーシング場motorsportsです。次男も三男も、一人でゴーカートに乗るのははじめて。その上、レースですsign03レーシング場に入ると、子供たちも大興奮sign03
2013_12_12_0902
ゴーカートが並んでいます。左側の赤い車が子供用。
2013_12_12_1062
まず子供たちに必要なのは、ヘルメット。最初に目出し帽のようなものをかぶってから、ヘルメットをかぶります。親はレーシング場の外なので、子供たちは自分でかぶるのですが、はじめての次男も三男も目出し帽に苦戦sweat02。次男は苦戦しながらもなんとか自分でやっていましたが、三男はスタッフにお願いして全部やってもらっていました。さすがちゃっかりしています。coldsweats01
2013_12_12_0852
準備できた子供からレーシング・カーに。準備が遅かった次男&三男は、後半のグループとなり、しばらく座って待つことに。ヘルメットが重そうですね。
2013_12_12_0872
最初のグループのレースが終わり、車を充電している間、大人のグループが何度かレースをし、ようやく次男&三男たちがレースする番になりました。順番に車に乗って、いよいよレース場へ発進sign03
2013_12_12_1102
46番が三男、43番が次男。いよいよスタートです。
2013_12_12_1132
性格でしょうかsign02次男は、コースの外側を走り、お友達に「お先にどうぞsign01」という感じの走り。
2013_12_12_1212
一方、三男はちゃんとインに入り、いいコースで走ります。
2013_12_12_1202
名前が登録されていて、随時モニターにタイムや順位が表示されます。やはり次男より三男の方が速い。メンバーを替え、2回レースをしましたが、2回とも三男の方が順位が上でした。wink
ピザやケーキでパーティーをして、最後は表彰台で表彰式。誕生日BOYが見事1位に輝きました。shine

時速45マイル(およそ時速72キロ)まで出るゴーカートのレース、かなり迫力がありました。次男&三男は最初はドキドキしたそうですが、と~っても楽しかったそうです。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コンサート♪

今週で学校も終わり、冬休みに入ります。ということで、なんだかいろいろ忙しい時期です。coldsweats01

そんな中、先週長男のミドルスクールでバンド(吹奏楽)noteのコンサートがありました。
長男がミドルスクールに入って始めたトランペット。3ヶ月余練習を続け、いよいよ初舞台です。

夕方学校の体育館で行われるコンサートnotes。長男の集合時間もあったので、30分前には体育館に到着。よい席はもうほとんど埋まっていました。そして、あっという間に体育館は満員に。

バンドは全部で6クラスあります。長男たち6th中心のBeginning Bandが3クラス、7th中心のIntermediate Bandが2クラス、8th中心のAdvanced Band1クラスが、順番に2曲ずつ演奏してくれました。

私は中・高と吹奏楽部に入っており、中学3年間はクラリネット、高校3年間はパーカッション(打楽器)をやっておりました。日本の部活動は、1年生から3年生までが一緒に演奏していましたが、長男たちは楽器をはじめて3ヶ月余の子がほとんどというクラスでの演奏。部活動と異なり、選択科目で、週4回の授業。毎日楽器を持ち帰っているので、家でも練習はしていましたが、いったいどんな演奏になるのかsign02

Beginning Bandの演奏からスタート。みんながんばって練習した成果は出ていましたが、やはりドキドキハラハラする演奏でした。coldsweats01

長男のクラスは2番目に登場。私たちの席は、階段席で1段高くなっていましたが、視界はこんな感じ。eye演奏する子供たちはほとんど見えません。2013_12_12_0062

トランペットは最後列。ただでさえ、長男は背が低いのに・・・。私たちの席からは、長男の頭が時々見えるくらいの状態でした。ダンナがカメラの望遠で撮った精一杯がこれ。despair

2013_12_12_0372

やはりクラスが上がるにつれ、演奏も上手になりました。confidentnotes長男は、Intermediate Bandが演奏したハリーポッターの曲を演奏したいsign03と、もっとがんばる気になったようです。

いまは練習した分、だんだん上手になっていくのが嬉しいようです。楽しくnote続けていければいいですね。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コンタクト・レンズ

最近かなり冷え込んでおります。もう12月も半ばですね。xmas

先週末は、子供たちが通う日本語補習校のクリスマス会でした。子供たちの可愛い元気な歌声notes、一生懸命練習したリコーダー、中学生のトーン・チャイムや劇など、とても楽しませていただきました。

どこもすっかりクリスマスですが、我が家はまだクリスマスの飾りを出しておりません・・・。coldsweats01

さて、サンクスギビングのお休みから長男がコンタクト・レンズをつけ始めました。使い捨てのコンタクトですが、学校に行くときは毎日して行っております。

2年ほど前の病院の検診時に、「えっ、眼悪いのsign02」と長男の視力低下に気づき、眼鏡eyeglassを作りました。が、年々視力が悪くなっていくので、毎夏日本で眼鏡を作り、今年の夏にも新しい眼鏡を作ってきました。

それにも関わらず、学校で受けた視力検査で「眼鏡が弱い」と、手紙をもらいました。
まだ作って3ヶ月余の眼鏡がもう弱いってsign02ということで、眼科に行き、やはり新しいものに作り変えないといけないというお話に・・・。

作ったばかりで、また新しい眼鏡を作るのも・・・。スポーツsoccerをする時などにも、支障が出始めていたので、ここは思い切ってコンタクト・レンズeyeにすることにしました。

では、コンタクト・レンズを購入。というところでしたが、その病院では、自分でコンタクトを入れて、はずすことができるようになるまで、購入することはできないというお話でした。

早速コンタクトの練習です。制限時間30分で、自分でコンタクトを入れて、はずすことに挑戦sign01

もともと心配性で気の弱い長男。当然のことながらsign021回目のトライ30分では、まったく何もできませんでした。despair

10日後に、2回目のトライに行きました。が、まったく何もできないまま、2回目のトライ30分も終了sad
とりあえず目薬をちゃんと自分でさせるようになるまで練習してから、次に来るように言われました。

また10日ほど経ち・・・、ちょうどサンクスギビングで学校がお休みになったので、3回目のトライに眼科に行きました。が、1時間ほどがんばったものの、やっぱりできないsign03wobblyどうしても恐いようです。

実は私もコンタクトを長く使っております。が、私は、初めでもこんなに恐がっていなかったと思うのですが・・・。長男を叱咤激励しながら、私もどうしたものかと困ってしまいました。

次回の予約を入れようとしたところ、なんと1ヵ月以上予約がとれず、1月になるとのこと。
実は、長男がなんとかコンタクトにしようと思った最大の動機は、クリスマス旅行で○○(ヒミツwinkです。)する時によく見える方がいいからsign03というものでした。つまり、クリスマス前までにコンタクトができないと意味がないsign03

その現実に直面し、号泣する長男cryingのため、翌朝特別に時間を作っていただくことができました。

そして、4回目のトライ。この日できるようになって、コンタクトを持ち帰ることができないと、クリスマスの夢が叶えられません。ということで、意を決した長男、(やっとですけど・・・。)いままでより前向きにがんばって取り組み、ついに片目にコンタクトを入れることができました。happy01

片方できれば、もう一つもなんとか。後ははずすだけですが、これもまた、かなり時間がかかりましたが、なんとか粘ってようやくできました。happy02

「ヤッターsign03」と喜んだのもつかの間・・・。お医者さんが、時間がかかり過ぎたから、もっと早く自分でできないとダメと・・・。長男、「どうして~sign02せっかくできたのに~sign03」と、泣き崩れました。crying

日を改めて再挑戦するか、ここでもう少しがんばってみるかという選択に。泣き崩れた長男ですが、日を改めるのは嫌だと、そのまま再挑戦することに。

この4回目のトライで、すでに1時間以上経過していましたが、また一からスタートです。
自分でコンタクトを入れて、はずして、また入れるというところまで短時間にできなければいけません。

さきほど一度自分でコンタクトを入れることができた(ようやくですけど・・・。)長男、一度できればもう恐さも薄れたようで、10分くらいで両目ともに入れることができました。そして、はずすのも10分くらいで両目クリア。もう一度入れることも難なくクリア。shinesmile

そして、ようやく無事にコンタクトを受け取ることができました。confident
本当に本当に長い道のりでした。このために、いったい合計何時間眼科にいたことでしょう。

一度できれば、もうすっかり大丈夫なのようで、長男は毎日自分で簡単にコンタクトの装着をしております。家でも苦労するかと思って覚悟しておりましたが、よかったです。

コンタクトをした世界は、やはりいままでとは違う世界のようです。
もうこれ以上、視力が落ちないように、毎日目の体操eyeをするように言っておりますが、どうでしょうね。活字が好きで、放っておけば一日中でも本bookを読んでいる長男ですからね・・・。think

ヨセミテの星空も、驚くほど星が見えると言って、長男は感動しておりました。2013_11_30_0142

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ヨセミテ2013秋 ~3日目

ヨセミテ3日目、最終日です。 のんびり朝食をすませて、ホテルをチェック・アウト。そのままヨセミテ・ロッジからトレイルに出発。run

まずは、昨年発見したヨセミテ・ロッジ裏の素敵な場所へ。今年も貸切状態です。2013_11_28_4192

2013_11_28_4172

川があれば、子供たちは石投げで遊びます。ハーフ・ドームが写る水面が揺れてしまうのに・・・。2013_11_30_0712

2013_11_28_4212

川沿いにSwinging Bridgeに向かって歩いて行きます。2013_11_28_4422

2013_11_28_4482

ヨセミテ滝の水、少ないですね。川の水も少ないです。2013_11_28_4622

川の水が少ないので、子供たちがSwinging Bridgeの下で遊べます。2013_11_28_4522

トレイルを周って、ヨセミテ・ロッジに戻ります。2013_11_28_4652

2013_11_28_4692

また川&橋が見えてきました。

2013_11_28_4742

2013_11_28_4752

ここで急に、新郎新婦の登場です。結婚式bellheart01チャペルまで草原を歩いていくようです。

2013_11_28_4822

ハーフ・ドームを見ながら結婚式。すごいですね。2013_11_28_4802

ヨセミテ・ロッジに戻り、車でカリー・ビレッジへ。ハーフ・ドームが近くなりました。2013_11_28_4962

ちょと遅めのランチは、カリー・ビレッジのピザ。2013_11_28_4902

食後は、カリービレッジ近くの草原をお散歩してから帰ります。ちょっと寄り道して、センチネル・ブリッジの橋の上からハーフ・ドームを。

2013_11_28_5102

最後にまたバレー・ビューで夕焼け。

2013_11_28_5222

 

結局夕暮れまでヨセミテにいて、帰途に着きました。帰りも渋滞もなく、4時間余で無事帰宅。今回のヨセミテは、のんびりした旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヨセミテ2013秋 ~2日目②

ヨセミテ2日目、ヴァーナル滝(途中まで)のトレイルを終え、シャトル・バスに乗り、アワニー・ホテルに向かいました。busdash

アワニー・ホテルに到着し、バスを降りる時に、子供たちが「あれっsign02バッグがないsign03」と。coldsweats02
長男と次男が交替で持っていたバッグがないsign03バスの中にはないので、バスに乗る前に置いてきたということsign02shock

ということで、子供たち&ダンナはアワニー・ホテルに残り、私が一人でバッグを探しに戻ることに。sad
一人でバスに乗ってHappy Isles まで戻りながら考えたところ、最後に次男が大きな岩に登るときにバッグを置いて、そのまま置きっ放しにしてしまったのではないかsign02と。think

バスを乗り継ぎ、ようやくHappy Islesのバス停に到着。例の大きな岩に向かって急ぎます。run
トレイルから少し外れたところにある岩だったので、近くまで行って、ようやくバッグを発見。思った通り、岩のところに置いてありました。見つかってよかった~。
confident

いそいでまたバスに乗り込み、アワニー・ホテルまで向かいます。busdash往復で45分くらいかかったバッグ捜索の旅。ようやく再びアワニー・ホテルに到着。
ダンナに電話がつながらなかったので、とりあえずホテルのロビーを抜けてお庭へ。ちょうどダンナと会うことができました。子供たちはロビーの暖炉前のソファーででのんびりおやつを食べていました。smile2013_11_28_3222

すでに夕方4時過ぎとなっておりましたが、せっかくなのでアワニー・ホテルの周りをお散歩。2013_11_28_3292
お庭を抜け、自転車ロードをハーフドームに向かって歩いてみました。2013_11_28_3382
時折川原に下りて石投げをして遊びながら、少し歩いてみました。ハーフドームも夕焼け色に。2013_11_28_3472
本当はミラーレイクまで歩いてみたかったのですが、バッグ捜索の時間分遅くなってしまったので諦めました。ここで折り返し、アワニー・ホテルに戻ります。2013_11_28_3532
そして、昨年同様ヨセミテ・ビレッジまで歩いて帰ることに。すでに薄暗くなってきております。2013_11_28_3562
目の前の草むらから急に鹿が出てきました。三男は驚いて、泣きながら走って逃げていました。bearingsweat022013_11_28_3582
薄暗い中歩き続け、ようやくヨセミテ・ビレッジのバス停に到着。シャトル・バスに乗ってホテルに戻りました。そのままフード・コートで早めの夕食をとり、部屋へ。ロッジのショップで買ったThe Ahwahnee(アワニー・ホテル)ビールを部屋でのんびりいただきました。beer

2013_11_28_3722

まだ夜9時前でしたが、ダンナが星空を撮りに行くと言い出しました。せっかくなので、家族で行くことに。ダンナ以外はすでにお風呂に入ってパジャマでしたが、上に服を着込んで、みんなで車で出かけました。と言っても、すぐ近くのヨセミテ滝前の草原で星空観察。night天の川もよく見えました。2013_11_28_3802
ハーフドームの上にも満点の星。
2013_11_28_3922
ダンナは寒い中、1時間以上撮影をしていました。私たちは車に戻って待っていたものの、車のエンジンは切っているので、車内もとにかく寒いsign03寒い中、早起きした次男は爆睡しておりました。confidentsleepy
満点の星空。翌日もお天気はよさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ヨセミテ2013秋 ~2日目①

ヨセミテ2日目の朝。
星空撮影を逃したダンナが、まだ薄暗いうちから写真を撮りに行くと起き出しました。次男にも声を掛け、二人で出かけることに。

昨年もダンナ&次男のコンビで朝の散歩に行っていましたね。smile今年も昨年と同じようなルートで、ヨセミテ滝のあたりを歩いてきたそうです。今年はロッジの部屋からもヨセミテ滝が見えましたが、昨年より水量が少なかったです。

2013_11_28_2212

2013_11_28_2372

2013_11_28_2472

二人が散歩に行っている間、朝食&昼食用にサンドイッチを作り終えました。朝食を食べ、用意ができたらトレイルに出発です。run

ヨセミテは5回目ですが、とにかく広~いヨセミテ、まだ歩いたことがないトレイルがたくさんあります。時期的にすでにCLOSEbanになっている道路やトレイルもありますが、今回が初となるトレイルへ。

ヨセミテ・ロッジからシャトルバスに乗り、16番のHappy Islesで下車。ここからトレイルが始まります。我が家が目指したのは、ヴァーナル滝へのトレイル。ヨセミテでは一番メジャーと言えるトレイルですが、我が家ははじめて。朝ロッジで確認したところ、残念ながら有名なミスト・トレイルはCLOSEになっていましたが、別ルートのジョン・ミューア・トレイルでヴァーナル滝の上まで行くことができることがわかりました。「片道2時間、子供でも大丈夫よ。」とのこと。

トレイルの始まりは、子供たちが大好きな川。2013_11_28_2532

このトレイルは、マーセド川沿いを歩きます。舗装されたトレイルを、気持ちよく歩き出しました。

しばらくすると、トレイルは上り坂に。川を下に見ながら登り続けます。舗装されたトレイルで、3人分くらいの広さはあるのですが、ここで長男が「こわいよ~sweat01崖に落ちちゃうよ~sign03」と騒ぎ出しました。weep

上り坂もかなりきつくなっており、確かにトレイルには手すりや塀もないので、崖と言ったら崖ですが・・・。でも細い山道でもなく、舗装された広い歩道なので、普通に歩いていれば怖くもなく、崖下を見ることもなく歩ける道。どうやら長男、夏のハ-ト・レイクまでの崖のぼりがトラウマになったのかも・・・sign02高さはかなり登りましたが、崖のぼりとはまったく違う、歩きやすいトレイルです。2013_11_28_2662

とにかく、「高いよ~。」「恐いよ~。」「なんでこんなところを登るんだ~。」と騒ぐ長男を叱咤激励しながら、トレイルを登り続けることに・・・。あまりに恐がる長男に、途中から怒ってばかりでしたが。coldsweats01

川の流れや大きな岩など、面白い景色を楽しめば気持ちよいのにね~。

2013_11_28_2592

2013_11_28_2882

なんとかヴァーナル滝が見える橋まで到着。水が少ないですね。2013_11_28_2702

少し行くと、ミスト・トレイルとの分岐点。やはりCLOSEされており、冬は行くことができません。ミスト・トレイルは川沿いを登っていくのですが、ジョン・ミューア・トレイルは川からそれて滝の上に登っていくことになります。

2013_11_28_2772

少し登り始めましたが、長男もうるさいし、滝つぼにも行けないので、途中で引き返すことに。次男&三男はどんどん登って行ってしまい、滝の上まで行ってしまいそうな勢いでしたが。

川沿いでサンドイッチのランチを済ませ、今度はトレイルを下っていきます。急な下り坂で、滑る三男と手をつなぎ注意しながら下りていたので、私はすっかり膝が痛くなってしまいました。

下り坂の途中で、長男もだいぶ落ち着き、景色を楽しめるようになったみたいです。すっかり下ったところで、しばらく川で遊んだり、大きな岩を見つけて上ってみたり。

我が家のおサル次男は、高いところも恐くないので、どんどん高い岩に登ってしまいます。そして、飛び降りsign03少し前にアゴをパックリ切ったばかりなのに・・・。think

2013_11_28_3092

そして、ここで悲劇が起きていたことに気づいたのは、シャトル・バスに乗り、アワニー・ホテルに到着した時でした。shocksoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヨセミテ2013秋 ~1日目

先週は、サンクスギビングでお休みでした。昨年に続き、今年もサンクスギビングのお休みに、ヨセミテに行ってきました。

サンクスギビングの木曜日の朝、相変わらずゆっくり午前11時過ぎに出発。rvcardash車内でおにぎりランチをすませ、ヨセミテには午後3時過ぎに到着。ゆっくり出発したのがよかったのか、渋滞もありませんでした。

早速出迎えてくれたのは、鹿でした。子供たちも大喜びでした。happy022013_11_28_0192

ブライダルベール滝。今年はあまり雨が降っていないため、昨年より水が少ない気がします。2013_11_28_1632

すでに夕焼けの時間が近づいてきたので、Valley Viewに移動。

2013_11_28_1782

少し雲がありますが、そのためか思ったより寒くありませんでした。ダンナが写真を撮っている間、子供たちは川のそばで遊んでいました。だんだん日も暮れてきました。

2013_11_28_1992

すっかり暗くなったので、ホテルへ。今回も3週間前にちょうどYosemite Lodgeの予約がとれました。wink

サンクスギビング当日だったため、フードコートのターキー・ディナーrestaurantには長い列がsign03我が家は2日前にダンナの従姉妹宅でターキー・ディナーをいただいていたので、並んでいないハンバーガーやピザ、パスタ、スープで簡単に食事を済ませ、部屋でゆっくり過ごしました。

次男はダンナと一緒に星空nightを撮りに行くと言っておりましたが、この日はとうとう星空撮影には行かず、みんな眠りにつきました。confidentsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »