« ハロウィン☆2013 | トップページ | おもてなし☆ »

サルも木から落ちる

3日前のこと。朝子供たちを学校に送り出し、買い物に行き、家に戻って一息ついた午前10時頃、電話が鳴りました。telephonenotes

電話は現地校のオフィスからで、「次男がアゴを切ったimpact」とのことdespair。病院に連れて行ったほうがよいだろうと言うことだったので、ホームドクターに電話し事情を話してから、急いで学校に向かいました。

学校のオフィスで待っていた次男は、あごにガーゼを貼ってもらっていたので、どんな怪我なのか私にははっきりわかりませんでした。とりあえず病院へ。rvcardash

病院に向かう車内で次男に状況を聞いたところ、モンキーバー(うんてい)で1つ飛ばしで遊んでいた時に、手を滑らせて落ちたそうです。どうしてアゴを切ったのかsign02というと、落ちる時に、モンキーバーのポールにアゴをぶつけたらしい。bearingsweat02

病院で看護士さんが、次男のアゴのガーゼをはがしたのを見たところ、アゴにはパックリ裂けた2㎝くらいのキズ。shock看護士さんが、「stitch(縫う)か、それともglue(のり)か先生に診てもらわないとね。」と。glue(のり)ってsign02英語の聞き間違えかなぁ・・・sign02

次男は、stitch(縫う)の言葉に反応し、「嫌だよ~sweat01」とパニック状態。shock

そこに看護士さんとともにお医者さん登場。次男のキズを診て、「glueを用意して。」と看護士さんに指示。んっsign02やっぱりgluesign02thinksign02

不思議そうな私に先生が、「glueでキズを貼り付けますね。」と日本語で説明してくださいました。縫うより簡単で早いし、抜糸もしなくていいし、傷跡も残りにくいのだそうです。

縫うことを恐れ怯えていた次男をなだめ、「のりで治すんだって。」と半信半疑で説明。その間、先生と看護士さんは、glueを手に説明書を見ながら準備されていました。どうもあまり使われたことがないような・・・sign02ちょっと不安sweat02

先生の準備ができたところで、まずはキズのところに麻酔注射impactこれが一番痛かったようです。bearingその後キズをきれいにし、キズをあわせて、glueで糊付け。少しして先生が手を離すと、キズがのりで貼りついてふさがっていました。

「これでもう大丈夫だよ。すぐに学校に戻ってもいいよ。」とのこと。絆創膏もせず、治療終了。

ところが、次男がもう大丈夫でも、私が大丈夫ではない状態でした。coldsweats01もともとキズや血が苦手なもので、次男の処置を見守っていたはずが、すっかり気分が悪くなり、貧血で動けない状態に・・・。先生もすぐに私の異変sign02に気付かれたようで、「お母さん、大丈夫ですかsign02」とビックリ。次男そっちのけで、看護士さんとともに、私の治療sign02となってしまいました。本当に情けない・・・sweat02

少し休ませていただいてから(私が・・・)、ようやく家へ。次男はお昼ご飯を食べて少し休んでから、学校に戻ることにしました。

安心してお腹が空いたのか、モリモリ食べた次男。でも、よ~く見るとキズの端から少しずつ血がにじんでいました。食事をした時にキズが開いてしまったのか、のりが少し足りなかったのかsign02coldsweats02

出血は本当にわずかだったので、少し休んでから次男を学校に送っていきました。オフィスで皆さんにキズを見せ、レポートを完成させてから、次男は教室へ。クラスメイトも、驚いた顔で迎えてくれました。confident

次男は麻酔が切れた頃から少し痛みが出てきたようですが、帰りに走ってきたくらい大丈夫になったようでした。現地校の後、そのまま日本語学校へ。日本語学校でも、先生やお友達に、上を向いてアゴのキズを見せることに。coldsweats01この日は何度も上を向いてアゴのキズを見せたようです。

夜になっても、キズの端から少~し出血があるような感じだったので、絆創膏(キズを早くきれいに治すという特殊なもの)をダンナに買って帰ってもらい、キズを保護。水にも強い絆創膏なので、安心です。confident

この日我が家では、「サルも木から落ちるbanana」というのはこのことだと、子供たちに話しました。モンキーバーが得意の次男も、ちょっと油断したのでしょうかね。think

それにしても、キズをのりで貼って治すなんて、なんだかビックリ。これはアメリカ式でしょうか、それとも最近は日本でものりなのでしょうかsign02そのうち、家庭でもキズをのりで貼って治せるようになるのでしょうかsign02think

写真は我が家のモミジの木に来たハチドリ。2012_08_03_0402

|
|

« ハロウィン☆2013 | トップページ | おもてなし☆ »

コメント

元気に遊んでいるとケガをしてしまうこともありますが学校に戻れるくらいのキズでよかったですね。ケガの場所はゴリラ志望だった次男君らしいですね。
のりでの治療はきいたことがありませんが縫うよりは負担が少なそうで子供にはよさそう。アメリカは進んでいる?のでしょうか。
とにかく大事にいたらず?安心です。

投稿: nat | 2013年11月10日 (日) 22時53分

さすがゴリラになりたかっただけあって、ケガの仕方も次男らしいですよね。
うちは3人男の子にも関わらず、あまり大きなケガはしていないので、有難いことです。
本当に大事に至らずでよかったです。confident

投稿: bun2 | 2013年11月11日 (月) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/58547898

この記事へのトラックバック一覧です: サルも木から落ちる:

« ハロウィン☆2013 | トップページ | おもてなし☆ »