« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

D.A.R.E.卒業式

昨日で現地校も日本語補習校も終了し、今日から夏休み。smile

そして、昨日ダウンしていた長男もなんとか復活し、今日は長男の11歳のお誕生日。birthday
長男は、お友達のお誕生会に招かれ、公園で遊んで、お家でパーティーして、映画を見て、と夜までお友達と遊ぶ予定。我が家での長男の誕生会birthdayはどうしましょうsign02

昨日無事現地校小学校を卒業した長男ですが、卒業式などはありませんでした。その代わりというわけではありませんが、先日D.A.R.E.プログラムの卒業式が学校で行われました。

D.A.R.E.とは、Drug Abuse Resistance Education =薬物乱用防止教育のこと。地域や学校で、このプログラムを実施し、子供たちにドラッグについての正しい知識を教え、薬物乱用を予防しようというもの。

こちらでは、ミドルスクールに通うようになると、ドラッグも現実的な身近な問題だと、以前お友達に聞いたことがあります。気軽に声を掛けられ、誘われるのだとか・・・。
shock だから、ドラッグのことを正しく知るということが必要になります。

子供たちの現地校では、今年はじめて学校でD.A.R.E.プログラムに参加しました。対象は5thの生徒で、先生は警察官。毎週1回クラスがあり、およそ2ヶ月間行われました。
そして、先日、すべてのプログラムが終了し、卒業式が行われました。

会場には、警察のチーフ(署長さん)&キャプテンや、市議会議員、学区の役員、校長先生がずらっと勢ぞろい。市長さんもいらっしゃる予定でしたが、残念ながら、都合が悪くなり、来られなくなったそうです。

2013_06_06_0362
警察署長さんから祝辞もいただき、2013_06_06_0162
生徒一人一人に卒業証書&記念品が授与されました。2013_06_06_0202
我が家の長男も卒業証書をいただきました。
2013_06_06_0402
子供たちの代表がエッセイを読んだり、子供たちから講師の警察官へサプライズimpactの手紙を渡したり。そして、最後に子供たちが「I Will DARE」という歌notesを歌ってくれました。ラップがあったりと、アメリカらしいポップな歌でした。ラップは難しいからできる生徒だけが担当したそうですが、長男はラップ担当で仲良しの友達と一緒に楽しそうに歌って踊っておりました。smile

式終了後は、みんなでクッキーをもらい、お友達と楽しそうに遊んでいました。

基本的にみんな同じミドルスクールに行くのですが、長男の一番仲良しのお友達は、違うミドルスクールに越境通学するのだそうです。長男がキンダーに入って、一番最初にお友達になったAくん。その後、3rd、4th、5thと同じクラスで、宿題を忘れた時などは、いつも電話telephoneし合って協力していました。wink二度と会えないわけではないでしょうが、寂しいですね。
2013_06_06_0412

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

卒業

ついに本日で現地校が終わりました。confident
ということで、我が家の長男は、6年間通った学校を卒業しました。happy01

それなのに、今朝起きた長男が、体調不良wobblyを訴えました。熱はないし、咳や鼻がでるわわけでもなし、昨夜まで元気だったのに・・・。喉が痛くて、気持ち悪い、頭もちょっと痛いsign01と。

今日は最終日でお昼前には終了だし、本人が「学校に行きたいsign03」と言うので、とりあえず車に乗って出発したものの、やはり無理だということでそのまま家へUターンhouseenter

どうしても学校に行きたいsign03と言うし、熱もないので、学校には遅刻して行くという連絡をして、少し休ませることに。2時間ほど休んで、学校へ。school
まだ体調はあまり良くない感じでしたが、最後の1時間なので、気合いpunchでがんばれsign03

おそらく、疲れ&寝不足が原因だと思います。暑かったり、寒かったりということもあり、体調を崩したのではないかと。
最後の2週間、何故だか長男はたくさんの宿題&プロジェクト&テストを抱え、毎晩夜中まで勉強しておりました。ひどい時は、夜中2時までやって、翌朝6時半に起きてまた続きをやるといったハードさsweat01

次男も三男も、最後は宿題がほとんどなく、ラクだったのに・・・。think
5thの他のクラスも、あまり宿題は出ていなかった様子。もともと長男は、取り掛かりが遅く、それなのに納得するまでじっくり時間をかけて仕上げるタイプなので、どうしても時間がかかってしまうのです。think

子供たちの現地校では、卒業式もなにもありませんが、最後にみんなで卒業する5thを送り出すイベントがあります。在校生の間の花道shineを5thがお別れをしながら歩きます。2013_06_06_0542
最後の最後に学校に行き、直前まで具合が悪いと涙ぐんでフラフラしていた長男sadですが、みんなに見送ってもらっている時は、なんとか笑顔で歩くことができました。happy01

最後までバタバタしましたが、これでもう子供たち3人が一緒に学校に通うこともないのだと思うと、感慨深いものです。最後の通学と言っていた今朝も、3人一緒に学校に行けませんでしたが・・・。coldsweats01
そうそう、日本語補習校には、まだしばらく一緒に通いますね。

卒業おめでとうsign03なにより、早く元気になってね。2013_06_06_0622
さあ、明日から夏休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダンス☆フェスティバル

現地校の年度末もいよいよ大詰め。あと2日で学校も終わり、夏休みに入ります。

先週金曜日、学校をあげての最後のイベント、ダンス・フェスティバルnoteが行われました。今年5thの長男は、6年間通った現地校の最後のイベント。

キンダーのかわいいダンスから始まり、三男たち1st、2ndと続き、次男たち3rdの番。

次男たち3rdのダンスは、最初「江南スタイル」(日本ではあまり馴染みがないようですが、アメリカでは大ヒットした曲notesです。)だったのですが、保護者からクレームがあり、変更になりました。歌詞は子供向けになっていたようですが、やはりいろいろとね・・・。coldsweats01「江南スタイル」で喜んでいた子供たちは、ちょっと残念。despair変更になった曲も盛り上がって、よかったですけどね。good

4thは、ジャスティン・ビーバーの「Baby」notesこちらも人気の曲ですが、ダンスがちょっと大人し目で盛り上がりに欠けたのが残念。我が家の子供たちは「Baby baby baby Ohsign04sign01」とず~っと歌っていましたが。smile

そして、いよいよ長男たち5th。映画movie『グリース』からの3曲メドレーnotes

最初は女の子たちの「Born To Hand-Jive」。オリヴィア・ニュートン・ジョンの感じsign02グリースの世界50年代の女の子のファッションというと、プードル・スカートなんだそうです。私は初めて聞きましたが、アメリカでは有名らしいsign02色は白・ピンク・黒だそうです。think2013_06_06_0392

ジョン・トラボルタに扮するsign02男の子たちは、白いシャツにジーンズ。暑いのに、ちゃんと革ジャンを着ている子もいました。髪の毛はグリースで固めるということに。が、我が家の長男は嫌だからやらなかったそうです。他にもやっていない子がたくさんいました。曲は、「Greased Lightnin'」。

2013_06_06_0462

最後は全員で、「We Go Together」noteメドレーでちょっと慌しい感じでしたが、最後はみんなでキメのポースshine

2013_06_06_0662

5thの子供たちも、もうすぐ卒業です。キンダーから6年間、みんな大きくなりました。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Field Trip@Children's Discovery Museum

先週末は、日本語補習校の運動会でした。青空sunの下、というか暑い中でしたがcoldsweats01、子供たちが元気にがんばっている姿runsweat01が、とても清々しかったです。運動会は、幼稚園生から中学3年生までみんな一緒なので、なんだか微笑ましかったりhappy01、頼もしかったりconfident、今年も楽しませてもらいました。

さて、年度末の現地校のイベントが続きます。
先週金曜日は、5thの長男と、1stの三男が、Field Trip(遠足)に行きました。

長男たちは、公園で一日中自由に遊びnotes、食べfastfood、遊びnotesという遠足。とっても暑い日だったので、長男はお友達とず~っとプールで遊んでいたようです。大きいウォーター・スライダーsweat01もあって、と~っても楽しかった様子happy02。すっかり日に焼けて帰ってきました。shadow

三男たちは、San JoseのChildren's Discovery Museumへ。朝出発して、お昼には学校に戻る半日の遠足。私も付き添いのボランティアで一緒に行ってきました。

こちらでは、ほとんどの遠足に保護者のボランティアが付き添います。遠足の間、ボランティアがそれぞれ子供たち数人を担当し、お世話することになります。先生は、全体の監視sign02で、実際に子供たちを引率するのはボランティア。

私は、三男と男の子3人、計4人の担当になりました。三男は、クラスに日本人一人だけなので、すべて英語というのが不安ですけど・・・。coldsweats01

トイレを済ませ、バスbusが来るまでグランドで子供たちを遊ばせて待つことに。
・・・・・が、時間が過ぎてもwatchバスはいっこうに現れず。すると、先生から付き添いボランティア全員集合sign03の合図がありました。

なんでも、来るはずのバスが間違えて違う学校に行ってしまったそうで・・・。その学校で遠足はないと言われ、バスがキャンセルされてしまったとか・・・。いそいで、バスを手配しているが、3台必要なのに、2台しか来ることができないらしい。coldsweats02

ということで、付き添いボランティアは、各自自分の子供を連れて、自分の車rvcarでMuseumに行ってほしいとのこと。でも、付き添いボランティア全員が車で行ったら大変なので、適当にカープール(同乗)してねsign01とのことでした。coldsweats01
私は、運良くお友達に乗せてもらえることになり、三男を連れて待機。

ようやくもうすぐバスが来るbusdashという情報が入りました。子供たちを並ばせ、さあボランティアは各自車で出発だsign03というところで、新情報がsign02

結局バスが3台来れることになったsign03ということで、全員バスに乗って行くことに。すでに出発していたボランティアの車数台が呼び戻されました。coldsweats01

いろいろあって、全員バスに乗り込み出発したのは、予定より45分遅れ。2時間余予定していた見学時間が1時間半くらいになるってことsign02大忙しです。

Museumに到着し、スタッフの説明を聞き、いよいよ見学開始。子供たちは走り出していきました。run

他のママに、「男の子4人のグループで大変ね~。」と言われた意味がよぉ~くわかりました。すっかり興奮気味の男の子たちは、制御不能です。think

Dくんは、「ぼくここに何度も来ているから、よく知っているんだ。」と言って、一人で勝手にあちこち走り回り、まったくじっとしていません。
大人しいMくんは、みんなが走って行った後、じっくり一人で何かしている感じなので、最後までついていてあげなければならないし・・・。
Nくんは、ちょっと甘えん坊なので、自分を見ていてもらいたくて、いろいろ話しかけてきます。他の3人が階下のシャボン・コーナーに遊びに行ってしまっても、「ぼくは行きたくない。」と言い張り、仕方なく私も一緒に階段上から見ていることに。
三男には、あちこち走って行ってしまうDくんか、三男と一緒にいたいNくんのどちらかと一緒にいてもらうよう、その都度指示を出しました。

女の子がいるグループは、クラフトやフェイス・ペイントを楽しんだり、穏やかに楽しんでいましたが、男の子たちはそうはいきません。あちこち勝手に行ってしまう子供たちを、大声で呼びながら、私もあちこち走り回ることにsweat01
三男のクラスで男の子だけのグループって、私のグループだけだったんですよね。coldsweats01

4人の男の子たちがみんなで一緒に遊んでくれたのは、これでした。down2013_05_31_0162
ボードの赤い面と白い面は、共通のピンでできているので、片方を押すと、片方が飛び出すことに。子供たちは、両側に分かれて、ピンを押し合い遊んでいました。
2013_05_31_0202
このボードには5回くらいやってきたかもsign02最後は、もうずっとここで遊んでいてsign01と、しばらく遊ばせておきました。bleah

Museumはそんなに広くないのですが、どれだけあちこち動き回ったことでしょう。ようやく集合時間となり、無事バスに乗り、学校へ。

子供たちはとっても楽しかったようで、帰りのバスでも大騒ぎnotes。私は、他のママたちと、「やっと解放されるわ~。」と一安心。happy01
ほんの数時間でしたが、本当に疲れました~。coldsweats012013_05_31_0032

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Living History Biography Project

年度末のイベントいろいろ続きます。

3rdの次男のプロジェクトの発表会がありました。長男も2年前にやったプロジェクト(記事)です。歴史上の著名人shadowを選び、本bookを読み、レポートmemoを仕上げ、最後はその人物になりきってスピーチkaraokeするというもの。

次男が選んだのは、トーマス・エジソン。flair2013_05_31_0642
今回コスチュームは簡単でした。作ったのは、蝶ネクタイだけ。リボンを結び、ゴムに縫い付けて、簡単に自分で着替えられるようにしました。手に電球を持ったら、エジソンです。wink

マイケル・ジャクソンkaraoke
2013_05_31_0662_3
ツタンカーメンcrown
2013_05_31_0742
他にも、みんなに人気だったのは、スティーブ・ジョブスapple。やはり、歴代大統領shineや野球選手baseballもたくさんいました。私には誰だかわからない人もたくさんいました。
手のボタン(シール)を押すと、みんなそれぞれなりきってスピーチしてくれます。みんな上手で、とっても誇らしげでした。happy01
2013_05_31_0652

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »