« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

キャンプ@Anthony Chabot Regional Park

メモリアル・デイ連休の最後に、今年初めてのキャンプに行ってきました。
なかなか空いているキャンプ場もなかったのですが、運良く近場で1日空きがあったのを、お友達が予約してくれました。

我が家から車でおよそ1時間。rvcardashAnthony Chabot Regional Parkの中のキャンプ場です。ゆっくり出発し、午後4時頃到着。ちょうどお友達家族も到着したところでした。

まずは、荷物を車から下ろし、テントの準備。落ち着いたところで、子供たちが騒ぎ出しました。(その前からsign02)ということで、早速お出かけ。run2013_05_26_0092
湖が見えました。
2013_05_26_0112

湖までのトレイルもありましたが、急な下り坂。ということは、帰りは上り坂sweat01。子供たちは、「サッカーsign03」というので、そのままキャンプ場の広場でサッカーsoccer2013_05_26_0182
しばらく遊んで、お腹も空いたので、キャンプサイトに戻ることに。すると、子供たちが何かを発見sign01ワイルド・ターキーの群れでした。群れの中の1匹が、まるでクジャクのように羽を広げて威嚇sign02していました。すごいsign01coldsweats02ダンナ、正面からの写真は撮りそこねました。2013_05_26_0262
キャンプサイトに戻り、早速夕ご飯です。お腹が空いた子供たちは、すごい勢いで食べます。smileヤキトリ、焼きおにぎりで子供たちがお腹いっぱいになった頃、ステーキも焼き、ゆっくり味わいました。bleah

お腹いっぱいになった子供たちはテント内で遊んだり、焚き火の周りで薪をくべたり。2013_05_26_0442
そして、やっぱりマシュマロheart04
2013_05_26_0542
夜も更けて、眠くなった子供たちは、次々にテントへ。confidentsleepy最後まで残った2人は、焚き火に夢中。smile

2013_05_26_1122

子供が全員寝た後は、大人のお楽しみの時間。焚き火を囲んで、お酒を飲みながら、夜中まで語り合います。winehappy01night

翌朝。なんと、炊き立てのご飯riceballが登場sign03私たちのキャンプサイトはキャンピング・カーも泊まれるサイトだったので、電気flairが使えました。我が家はいままで電気が使えるところに泊まったことがなく、何も用意していきませんでしたが、お友達は準備万端sign01炊飯器&電気ポットを持ってきていました。

そうそう、キャンピング・カーも泊まれるサイトだったので、お隣とも距離がありました。

お昼のためのおにぎり&ホットドッグを用意している間、子供たち&ダンナはサッカーsoccer

片付けてキャンプ場をチェックアウトしてから、車で湖へ。2013_05_26_1422
生憎、時折小雨rainが降る曇り空cloudでしたが、キャンプ場とは反対側マリーナ近くは、ピクニックやBBQの人で大賑わいでした。ボートshipに乗って湖で遊ぶ人や、釣りfishをする人もたくさんいました。
2013_05_26_1382
湖の周りを歩いていると、ガチョウの親子もお散歩していました。chick2013_05_26_1432
お昼を食べた後は、子供たちはやっぱりサッカー。soccerhappy01

お友達と一緒に、近場でのんびりnote楽しいキャンプでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オープンハウス

夏休みまで残り2週間をきりました。年度末のイベント続きで、記事が溜まる一方です。coldsweats01

まずは、先週行われた現地校schoolのオープンハウス。
日本の学校と異なり、こちらでは授業参観はありませんが、年度末に子供たちの力作を展示し、自由に見てまわるイベントがあります。

夕方6時から7時という時間なので、働くお父さん&お母さんも集合sign03が、ダンナはちょうど日本とのテレビ会議があり参加できず。sad

1時間で子供たち3人の教室を回るのですが、今年長男はコンボ・クラス(2学年ミックスのクラス)のため、2教室に展示されるとのこと。つまり、1時間で4教室。1教室当たり15分だよsign03clockと大忙しで見て回りました。coldsweats01

まずは1stの三男のクラスへ。クラス内いたるところに展示物が。
2013_05_26_1532
机の上には、それぞれが担当した動物のレポートmemo&模型が。我が家の三男は、イーグル(わし)。一応、飛んでいます。smile2013_05_26_1472
続いて、5thの長男のクラスへ。教室内の展示は、やはり1年生とはだいぶ異なります。長男作、自分の王国。力作ですが、細かすぎて見えませんね。coldsweats012013_05_26_1572
机の上のレポートたち。夜遅くまでかかって仕上げたプロジェクトです。2013_05_26_1552
サイエンス・フェアの時のボードも並んでいました。4人グループで行った研究です。2013_05_26_1652
最後に、3rdの次男のクラスへ。
「絶滅危機の動物」プロジェクトで、次男はマナティを担当しました。2013_05_26_1702
自宅で模型を作るプロジェクトは、仕上がりにだいぶ差があります。学校からは「材料を買ったりするなどお金を使わずに。」というお知らせがありますが、かなりお金をかけて作られているものや、子供一人ではできないだろうと思われるものも・・・。coldsweats01
ちなみに我が家の模型にはお金は一切かかっていません。bleah

なんとか3教室を回ることができ、オープンハウスは終了。2013_05_26_1722

翌日から現地校は4連休(メモリアル・デイ連休)。ということで、この日はそのまま、先日のインターナショナル・デイの打ち上げsign01ではなく、反省会を行うことに。bleah子供たちはダンナ様にお願いし・・・。といっても、我が家のダンナは仕事で間に合わないので、N家のダンナ様に我が家の子供たちもお願いし、ママ3人でお出かけnotesしました。winkこんな機会は、滅多にありません。3人で美味しいお料理&お喋りで、楽しいひと時を過ごせました。

夜N家に戻ると、我が家のダンナ&子供たちも、まだお邪魔して遊んでおりました。予感はありましたが・・・。coldsweats01N家の皆さま、夜遅くまでどうもありがとうございました。night

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Colonial Day(植民地時代を体験する日)

現地校では年度末のイベントが次々とあり、大忙しです。sweat01
先週は三男のクラスの劇の発表会notesもありましたし、今日は長男たち5thのサイエンス・フェアーflairもありました。

そんな中、先日、長男たち5thのイベント「Colonial Day」がありました。アメリカの植民地時代についての勉強をした子供たちが、実際に植民地時代の生活を体験するというもの。この日は、一日かけて植民地時代を体験することに。

学校から、事前に服装やランチについてのお知らせをもらいました。ちなみに、男の子は・・・
Loose white shirt or blouse with ruffles, vest(optional)
Dark pants (sweats pulled up to the knee will work)
Hard or dark shoes
Long, plain socks-black or white soccer socks are great!

ということで、我が家の長男のいでたちshinesmile2013_05_17_0812
子供たちはColonial Day前日に、帽子を作ったそうです。この格好で、布で包んだランチ(パンとナッツ&ドライクランベリー)を木の枝に吊るして、肩に担いで通学しました。ちょうどいい木の枝を探すのに苦労しました。coldsweats01

子供たちは10人ずつのグループになり、順番に植民地時代のいろいろなことを体験します。生徒以上に、先生やボランティアのお父さん&お母さんの服装が凝っていました。2013_05_17_0102
ここでは、ハーブでポプリ作り。思い思いの花やハーブを布に包んで、自分のポプリを作りました。「蚊よけには、どのハーブ?」と言った知識もお勉強。
みんなでクンクン匂いをかいで、どれを使うか真剣に選んでいました。みんなで「これ臭~いsign03bearingなんて、大騒ぎもしていたり。
2013_05_17_0452
ピカピカの大砲bombも登場sign01なんと、先生のダンナ様が作られたとかsign02ボランティアで指導までしてくださっていました。
2013_05_17_0112
実際に、役割を分担し、手順に従って大砲を撃つところまで体験します。coldsweats02弾はピンポン玉でしたが。bleah
2013_05_17_0702
他にも、羽ペンで字を書く体験、バター作り、コーンミールでパンケーキ作り、スパイの暗号解読、ハンマーで鉄板に絵を描く体験、ダンスなどなど。
植民地時代の遊びを体験するコーナーも盛り上がっていました。happy012013_05_17_0162
一日中植民地時代の生活をいろいろ体験し、とっても楽しかったようです。何事も、体験してみるのは、いいことですね。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Mother's Day Breakfast☆

先週日曜日は母の日でした。confident
子供たちは学校で作ってくれたカードloveletterやクーポンshineをプレゼントしてくれました。が、今年の母の日は朝から怒ってばかりの日となりました。もう少し穏やかなのんびりした母の日を過ごしてみたいものです。coldsweats01

現地校では、長男たち5thの子供たちがお母さんを招待して、Mother's Day Breakfastcafeを開いてくれました。

まずはかわいいティーカップ型の招待状をもらいました。中に入っていたティーバッグ型の用紙で出席のお返事を。

そして、当日の朝。各クラスの前にお母さんたちが集合。時間になったところで、クラスのドアが開き、子供たちが順番にお母さんをエスコート。happy01

教室の中に案内され、それぞれの席に座ると、机の上には子供たちが用意してくれた冊子が置いてありました。自分のお母さんはこんなお母さんという冊子ですが、我が長男は私のことをあまり知らないらしいsign02私の好きな映画movieも、好きな音楽notesも、好きなテレビ番組tvも、「ママは何も見ない。」「何も聞かない。」だそうです。子供たちがいる時には自分のことは何もできませんからね。いない時にこっそりと日本のドラマを見ているなんて内緒です。bleah

お母さんたちが冊子を見ている間に、子供たちがマフィンや果物などを持ってきてくれました。残念ながらお母さんが来ていない子供たちもジュースを運んでくれました。

しばらくしてから、先生がプリントを配布。プリントは、Baby Animalsというタイトルの表になっていて、動物の赤ちゃんの呼び名を書き込む問題でした。たとえば、Frog(カエル)の欄は、tadpole(おたまじゃくし)を書くというもの。全部で24問。これがかな~り難しい。think

私はもちろん戦力にならないため、長男が一生懸命考えて記入。動物好きの長男でも、わからない問題が9問くらい。周りを見ていても、親子で考えて半分わかるかどうかsign02という難問でした。

たとえば・・・
①Fish(魚)の赤ちゃん、②Panda(パンダ)の赤ちゃん、③Kangaroo(カンガルー)の赤ちゃん、④Swan(白鳥)の赤ちゃん、⑤Platypus(カモノハシ)の赤ちゃん、などなど。

最初はみんな親子で一生懸命考えていましたが、そのうち近くのお友達と教え合いが始まりました。それでも、どうしてもわからない問題があったところ、なんと隣のお母さんがIPhonemobilephoneで調べるという必殺技にsign03coldsweats01見ると、他にもIPhone作戦の方々が・・・。

ちなみに答えはこちら。(こちらのHPにいろいろあります。)
①fry, fingerling、②cub(ちなみに、ライオン、くま、あらいぐま、きつねなどもcub)、③joey、④cygnet, flapper、⑤puggle

クイズで盛り上がった後、子供たちが順番にDr.Seussの「Are You My Mother?」の朗読book。そして、子供たちみんなの歌notes。続いて、みんなで詩の朗読。最後は一人ずつ自分のお母さんの素晴らしいところ自慢smile

子供たちの素敵なおもてなしheart01。どうもありがとうございました。

2013_05_17_0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

International Family Day

ご無沙汰しております。coldsweats01こちらは、現地校の学年末で慌しい日々を送っております。

先々週から先週まで、長男&次男はSTARテストpencil(カリフォルニア州統一テスト)が6日間続き、先週はTeacher Appreciation Weekloveletterで、先生方に日頃の感謝の気持ちを込めて、カードやお花、プレゼントを贈りました。
そして、先週末土曜日には、Walk-A-Thon&International Family Dayが行われました。

子供たちの現地校では、例年、Walk-A-Thonは平日の午前中に、International Dayは平日の夕方にそれぞれ行われていましたが、今年ははじめての試みとして、週末土曜日にいっしょにやりましょうsign03ということに。

今年長男が最上級生5thということで、同じく5thママお二人と一緒に現地校の日本人会のとりまとめを引き受けていたもので、3人でInternational Family Dayの日本チームのリーダーとしておよそ2ヶ月間準備をすすめておりました。

なにしろ初shineのイベントなので、3人で何度も相談を重ね準備し、同じ学校の日本人の皆様にもご協力いただき、そしていよいよ当日を迎えました。confident

日本ブースは、子供たちが作ったポスターで飾りつけ。今年のこどもの日では、我が家で出番がなかったsign02鯉のぼりも参加。wink2013_05_04_0272

2013_05_04_1212

日本の料理ということで、細巻き&いなり寿司、唐揚げ、抹茶マフィン&抹茶チーズケーキ、おせんべい、枝豆を用意しました。日本人ママたち、いつもながら素晴らしいsign032013_05_04_1002

日本のブースは、大盛況sign03折り紙、けんだま、こまなどのアクティビティも用意しましたが、こちらも予想以上の人気でした。ダンナもけんだま、こままわしで協力してくれました。子供たちもお友達と一緒に遊んでいました。

他の参加国は、アメリカ、中国、台湾、韓国、インド、マレーシア、シンガポール、イラン、ヨルダン、エジプト、ドイツ、イタリア、スエーデン。とりあえず写真を数枚撮影しましたが、どこの国かわかりますかsign02

2013_05_04_1072

2013_05_04_1042

2013_05_04_1062

2013_05_04_1092

2013_05_04_1082

2013_05_04_1122

我が家の子供たちは、Walk-A-Thonに参加してから、パスポートを持って各国を周りました。長男は、全部の国からスタンプをもらい、ラッフルチケット(くじ抽選)で見事ゲームを当てました。smile

そして、ステージで空手を披露。N家兄弟&我が家の子供たちの5人で気合を入れてかっこよくhappy01punch。写真では三男が隠れてしまいましたが・・・。2013_05_04_0492

前日に打ち合わせただけで本番ステージでしたが、ちゃんと揃っていて、かっこよかったですよ。good

空手の後、次男&三男は、再びWalk-A-Thonに参加。空手着のまま走る三男。run2013_05_04_1192_2

結局、長男は30周、三男が33周、次男が36周走りました。がんばった分、学校に寄付します。dollar

今年は初の試みで、土曜日の昼間に行われたイベントでしたが、たくさんの方が参加し、楽しいイベントとなりました。

それにしても、日本人ってすごいsign03と改めて感じました。準備から当日まで、協力し合い、手際よくできたのは、日本が一番sign03だと思います。皆さん、お疲れ様でした~。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »