« オープンハウス | トップページ | Living History Biography Project »

キャンプ@Anthony Chabot Regional Park

メモリアル・デイ連休の最後に、今年初めてのキャンプに行ってきました。
なかなか空いているキャンプ場もなかったのですが、運良く近場で1日空きがあったのを、お友達が予約してくれました。

我が家から車でおよそ1時間。rvcardashAnthony Chabot Regional Parkの中のキャンプ場です。ゆっくり出発し、午後4時頃到着。ちょうどお友達家族も到着したところでした。

まずは、荷物を車から下ろし、テントの準備。落ち着いたところで、子供たちが騒ぎ出しました。(その前からsign02)ということで、早速お出かけ。run2013_05_26_0092
湖が見えました。
2013_05_26_0112

湖までのトレイルもありましたが、急な下り坂。ということは、帰りは上り坂sweat01。子供たちは、「サッカーsign03」というので、そのままキャンプ場の広場でサッカーsoccer2013_05_26_0182
しばらく遊んで、お腹も空いたので、キャンプサイトに戻ることに。すると、子供たちが何かを発見sign01ワイルド・ターキーの群れでした。群れの中の1匹が、まるでクジャクのように羽を広げて威嚇sign02していました。すごいsign01coldsweats02ダンナ、正面からの写真は撮りそこねました。2013_05_26_0262
キャンプサイトに戻り、早速夕ご飯です。お腹が空いた子供たちは、すごい勢いで食べます。smileヤキトリ、焼きおにぎりで子供たちがお腹いっぱいになった頃、ステーキも焼き、ゆっくり味わいました。bleah

お腹いっぱいになった子供たちはテント内で遊んだり、焚き火の周りで薪をくべたり。2013_05_26_0442
そして、やっぱりマシュマロheart04
2013_05_26_0542
夜も更けて、眠くなった子供たちは、次々にテントへ。confidentsleepy最後まで残った2人は、焚き火に夢中。smile

2013_05_26_1122

子供が全員寝た後は、大人のお楽しみの時間。焚き火を囲んで、お酒を飲みながら、夜中まで語り合います。winehappy01night

翌朝。なんと、炊き立てのご飯riceballが登場sign03私たちのキャンプサイトはキャンピング・カーも泊まれるサイトだったので、電気flairが使えました。我が家はいままで電気が使えるところに泊まったことがなく、何も用意していきませんでしたが、お友達は準備万端sign01炊飯器&電気ポットを持ってきていました。

そうそう、キャンピング・カーも泊まれるサイトだったので、お隣とも距離がありました。

お昼のためのおにぎり&ホットドッグを用意している間、子供たち&ダンナはサッカーsoccer

片付けてキャンプ場をチェックアウトしてから、車で湖へ。2013_05_26_1422
生憎、時折小雨rainが降る曇り空cloudでしたが、キャンプ場とは反対側マリーナ近くは、ピクニックやBBQの人で大賑わいでした。ボートshipに乗って湖で遊ぶ人や、釣りfishをする人もたくさんいました。
2013_05_26_1382
湖の周りを歩いていると、ガチョウの親子もお散歩していました。chick2013_05_26_1432
お昼を食べた後は、子供たちはやっぱりサッカー。soccerhappy01

お友達と一緒に、近場でのんびりnote楽しいキャンプでした。

|
|

« オープンハウス | トップページ | Living History Biography Project »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/57500629

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプ@Anthony Chabot Regional Park:

« オープンハウス | トップページ | Living History Biography Project »