« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

サンフランシスコ観光

先週末、甥っ子とサンフランシスコに出かけました。カナダからダンナの古いお友達ご家族がサンフランシスコに遊びに来ていたので、ピア39cancerで待ち合わせ。2013_03_10_413
総勢12名で、まずは腹ごしらえ。やっぱりクラムチャウダーでしょうsign03wink2013_03_10_276
大学生の甥っ子は、器になっているパンまで全部見事に食べつくしました。smile
ピア39の2階建てメリーゴーランドhorse前では、マジックショーが大盛況。
2013_03_10_280
ピア39の名物sign02アシカたち。
2013_03_10_286
そして、サンフランシスコといえば、ゴールデンゲートブリッジshine2013_03_10_292
夜は、総勢12名でレインフォレスト・カフェrestaurantへ。子供たちは大喜びです。happy012013_03_10_455
カナダからのお友達一家とお別れし、我が家へ。houservcardash先日WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)baseballの決勝が行われたAT&Tスタジアムの前を通って、帰りました。日本は残念ながら準決勝で負けてしまいましたね。2013_03_10_309
久しぶりのサンフランシスコ観光でした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Stanford University

日本から遊びに来ていた甥っ子をスタンフォード大学に案内しました。

スタンフォード大学は、日本からのお客様をご案内するのに何度か訪れておりますが、広いキャンパスをすべて歩けませんので、いつも大体お決まりの場所・ルートです。昨年10月に妹が遊びに来た時(記事)と、だいたい同じルートです。wink

まずはメモリアル・チャーチ。今回は甥っ子のカメラcameraで写真を撮るのに一生懸命で、自分のカメラでほとんど写真を撮っていませんでした。coldsweats01
教会内を見学することもできます。教会内も芸術的できれいです。
2013_03_10_232
続いて、フーバー・タワー。$2でタワーの上の展望台に行けます。
2013_03_10_238
展望台から。左側にメモリアル・チャーチが見えます。2013_03_10_235
その後、ブックストアbookに寄ってから、フードコートでランチ。fastfood
まだ少し時間があったので、美術館へ。この美術館も無料で見学できますが、あまり時間がなかったので、今回はロダンのお庭と館内のロダン・コーナーのみ見学。
写真は1枚も撮っていなかったcoldsweats01ので、昨年3月の時の写真から、ロダン「地獄の門」。2012_03_21_007
「地獄の門」の上方中央に「考える人」がいます。館内にも大きい「考える人」が展示されています。

子供たちの学校のお迎え時間までの短い時間なので、このくらいしか見学できませんが、スタンフォード大学の雰囲気はなんとなくわかってもらえたでしょうか。
こんな環境で大学生活を送ってみたかったですね。bleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

NASA@Moffet Field

日本はいま春休みnoteですね。我が家の子供たちも、日本語補習校が春休みなので、いつもよりのんびり遊ぶことができます。現地校は普通にあるので、毎日学校に行って宿題もありますが、学校が一つだけだと宿題も半分ですみますからね。smile私も少しだけのんびりできます。confident

先日まで、日本から大学生の甥っ子が1週間遊びに来てくれました。airplane
ちょうど20歳の誕生日birthdayにやって来た甥っ子を、どこに案内するかいろいろ考えました。think
到着した夜に雨が降り、翌日は曇り空cloudだったので、悩んだ末出かけたのがNASAshine

我が家から車で15分ほどのところにあるNASA Ames Visitor Centerに行ってきました。
少し前に長男が現地校の遠足で行ったのですが、私は初めて行きました。白いドームテントがVisitor Centerで一般に無料freeで開放されています。2013_03_10_2162
スペースはあまり広くありませんが、スペースシャトル内の様子や2013_03_10_215
moon1の石もありました。
2013_03_10_211
このVisitor Centerの反対側の道を進んでいくと、研究施設sign02があり、駐車場の一角にスペースシャトルの3分の1サイズの模型がありました。2013_03_10_225
ほとんどの方はVisitor Centerを見学するだけで帰ってしまう様子。スペースシャトルの模型があることを知らないと来ることはない場所かもsign02

実は、少し前にたまたまNASAで働いていらっしゃる方とお知り合いになり、事前にメールpcでいろいろ教えていただくことができました。その情報によると、軍の敷地内にミュージアムがあり、そこにも行くことができるのだそうです。

ということで、Visitor Centerからすぐのゲートに進み、強そうなガードマンsign02のお兄さんに、「ミュージアムに行きたいんだけど・・・。」coldsweats01と、恐る恐るsweat02言ってみました。写真付きIDを見せろというので、免許証を提示し、「ミュージアムは、真っ直ぐ進んで、右側だ。」と道順までも教えていただき、無事ゲートを通過できました。というか、「他の道には絶対行くなsign01」という感じだったような・・・。ここはNASAというか、アメリカ軍の敷地ですからね。coldsweats01

言われた通り真っ直ぐ進むと、道の突き当たりに巨大な物体。coldsweats02大きすぎて写真におさめられませんでした。
2013_03_10_217
これはハンガー・ワンというもので、1933年に作られた、アメリカ軍の飛行船を収納するための置き場(離発着に使っていたもの)です。横の長さが345メートルだそうです。

このハンガー・ワンの横に小さいMoffet Field Historical Society Museumがあります。2013_03_10_224
受付で入場料(大人$8)を支払う際、受付の方に、「どうしてここがわかったの?」と尋ねられました。「NASAで働いている知り合いに聞いた。」と言うと、「そうなの。普通ここはわからないわよね。あなたはラッキーだわ。」と。wink確かに。知らなければ軍のゲートを入ってこのミュージアムまで来る方はいないでしょう。confident

この博物館では、戦時中の資料・写真などが展示されています。
ハンガー・ワンを使っていたのは、軍のこんな飛行船だったのでしょう。2013_03_10_222
軍の飛行機のコックピットも。
2013_03_10_221
そして、一角に日の丸が。
2013_03_10_219
見上げていると、スタッフのおじいさんが近づいてきて、こんな話をしてくれました。

以前、この旗を見ていた日本人家族が、「この旗は上下逆さまになっています。」と教えてくれたのです。私たちは、日本語で書かれている文字もわからないので、旗を逆さまに飾っていたのです。その後、日本人の方が協力してくださり、旗に書かれている文字の意味を英訳してくれました。私たちにはわからなかった言葉の意味が少しわかるようになりました。

と言って、見せてくれたものがこちら。写真では、わかりにくいでしょうが、旗のコピーに英訳が書き込まれています。
2013_03_10_220
私たちが現在住んでいるアメリカと、日本が以前戦争をしていたという事実。やはり、複雑な思いです。でも、今後二度とそんなことにならないように、お互い理解すること、事実をきちんと知っておくことも大切ですね。

小さくて古いミュージアムでしたが、最後に寄ったトイレが驚くほど広かったので、思わず写真を撮ってしまいました。広い個室の中で便器がどこにあるかわかりますかsign02wink

2013_03_10_223

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Elective Night@Middle School

日本では4月cherryblossomから新年度を迎えますが、こちらの学校は8月末から新年度となります。

我が家では、4月から三男が日本の小学校に入学しますが、8月末から長男がアメリカのMiddle Schollに入学する予定です。日本ではこの4月から小学5年生に進級するのですが、アメリカでは8月末から6年生になりMiddle Schoolに行くことになります。school

先日、長男が通う予定のMiddle Schoolで新入生のためのElective Nightnightがありました。
新年度のElective=選択科目を決めるにあたり、学校で先生&在校生が選択科目の内容を紹介してくれるのです。Middle Schoolの見学もできるし、文化祭shineみたいで、ちょっと楽しいnotesイベントです。

Band(吹奏楽)やDrama(劇)、Choir(合唱)、Art、Crafts、Tech Skills(コンピュータ)、Cooking、Sewing(裁縫)などなど、いろいろあります。

こちらはMultimedia。ニュースキャスターを体験。tv2013_03_10_054

Woods(木工)クラスには、いろいろな作品が展示されていました。2013_03_10_045

中にはとっても高度なものも。coldsweats02

2013_03_10_046

とても賑わっていたのは、Metals(金属加工)クラス。長男も興味深々。2013_03_10_047

2013_03_10_049

次男がこんな作品をかぶらせていただきました。smile2013_03_10_051

長男もかぶらせていただき、大喜び。smile他の子供たちも「かぶりたいsign03」と挑戦したのですが、サイズが合わず頭が入りませんでした。sad先生が「頭が小さい子しかかぶれないよ。」と、他の子供たちは断念sweat02

8月末から通うMiddle Schoolを見学し、お友達にも会うし、楽しそうな選択科目もあるし、長男は興奮気味。happy01選択科目の希望票も無事提出し、ウキウキワクワクheart01です。

学校に楽しく通ってくれると嬉しいですね。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年度末

あっという間に3月末となりました。日本では、年度末。卒園・卒業、異動、引越しとお別れの時期ですね。cherryblossompaper

我が家の三男も日本語補習校の幼稚部を卒園しました。現地校では、すでに1年生も終わりに近づいておりますが、日本ではまだ幼稚園生でした。4月からピカピカshineの小学1年生になります。happy01

2週間前に日本語補習校の授業・保育は終業しましたが、最終日はどの学年・クラスもパーティーnote。私は3人のクラスに顔を出すため、学校中を慌しく走り回っておりましたが、どのクラスもちょうどタイミングよく顔出しすることができたようで、よかったです。coldsweats01

三男のクラスは、卒園パーティーshineで、子供たちが一生懸命サンドイッチを作ってもてなしてくれました。
2013_03_10_007

出来上がりはこちらdown一人に一つずつ、ゼリーまでついてサンドイッチ・ボックスの完成。smile

2013_03_10_029
三男お手製のサンドイッチをとっても美味しくいただきました。あとは、仲良しTくんのパパに三男をお願いし、他のクラスへ。run

2年生の次男のクラスは、ポットラック(持ち寄り)パーティーnote毎年、美味しそうなご馳走shineが所狭しと並びます。私が顔を出した時には、すでに食べつくされていたものもありましたが、まだ残っているご馳走をしっかりいただきました。wink
今年度は次男のクラスでクラス委員を務めていましたが、皆さんから素敵なメダルshineをいただきました。どうもありがとうございました。confident

4年生の長男のクラスは、ピザパーティーgood。先生からアイスも振舞われ、みんなで美味しくいただいたようです。
来年度は、長男のクラスのクラス委員を務める予定。少人数でちょっと寂しいですが、みんなが仲良しで楽しいクラスです。happy01

無事卒園式を終えた三男。やはり、末っ子も小学生になると思うと、ちょっと感慨深いような・・・。confident
2013_03_10_189

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっとしたこと。

こちらは先週末からサマータイムclockになり、時間を1時間進めたような状況。しばらくは、朝起きるのが辛いです。despair

さて、ちょっとしたことですが・・・、Run for Japanに参加した時のこと。

Run&Walkのコース途中に、ボランティアの皆さんが給水所を用意してくださっていました。「がんばってくださいsign01」と、紙コップに入った水を手渡していただきました。ちょうど「水飲みたい~sign01despairと言っていた三男は、その場でゴクゴクsweat01水を飲み干し、元気を取り戻していました。happy01

給水所で紙コップを手渡して下さる時、「コップはそのまま途中に捨ててくださいね。」と言われました。コース途中にゴミ箱などもないため、おそらくスタッフの皆さんが戻る途中に、すべてきれいに拾って片付けてくださるということでしょう。confident

三男はその場で水を飲み干してしまったので、スタッフの方に紙コップを捨てていただくようお願いしてお渡ししてきました。

三男&私がゴールし、8㎞Runを無事完走した長男をゴールで出迎えた時、

なんとsign02長男の手には紙コップが3つ握り締められていました。

「途中で捨てていいって言われなかったsign02コップ3つ持って走ってきたのsign02」と尋ねる私、

「そう言われたけど・・・。だって、捨てられないでしょsign03捨てちゃダメでしょsign03」と長男。

「そうだよねぇ~。捨てられないよね~。」think

ゴミをポイ捨てするわけではなく、後から拾ってきれいにしていただけるのだとは思うのですが・・・。それでも、やっぱりその辺に紙コップをポイッとすることができなかった長男。小さい手に紙コップを3つ握り締めたまま走ってきたのです。

ちょっとしたことですが、ちょっと嬉しかったので、忘れないように記しておきます。confident2013_02_03_0612

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Run for Japan 2013

3月11日。日本の大震災から2年になります。

今年も家族でRun for Japanに参加してきました。(昨年のRun for Japan)

昨年までは、日本のために走ろう!runそして参加費を被災地へ寄付しようというものでしたが、今年は金銭的寄付を集めるためではなく、皆で集まって、新たに生活を立て直そうと頑張っておられる方々にエールを送るのが目的ということで、参加費は無料でした。もちろん、募金箱は用意してあったので、たくさんの方が募金に協力していました。

ちょうどサマータイムに替わった朝clock。眠い目をこすりながら、会場に到着。お友達にも何人か会いました。昨年と比べると参加人数は少ないようですが、今年も日本人だけでなくたくさんの方が集まっていました。

すると、子供たちがスタッフの方に声を掛けられ、被災地の学校に贈るためのビデオ・メッセージをお願いされました。カメラmovieの前で、日本にエールを送る子供たち。母としては、もうちょっと元気よく応援してsign01という感じでしたが、子供たちなりに気持ちを伝えたようです。

今年は、ビデオメッセージやメッセージカードを日本に送るということで、カードも記入してきました。みんなのメッセージが日本に届きますように。
2013_03_10_0242
準備体操は、もちろんラジオ体操notes。子供たちは、一年に一度運動会でしかラジオ体操をしていませんが、私たちはやはり身体が覚えていますね。wink子供たちに教えながら、準備体操です。

さあ、いよいよスタートです。まずは、8㎞Runから。昨年からの希望で、今年は長男・次男&ダンナが8㎞Runに参加しました。足は速いけれど持久力のない次男はちょっと不安ですが、途中で歩いてもいいからということで挑戦です。

今年はよいお天気sunになりました。朝日に向かってスタートです。ガンバレ~sign032013_03_10_0042
そして、10分後。三男と私が参加する3.5㎞Walkがスタートです。が、スタート前に同じ歳のお友達が8㎞Runに挑戦すると聞いた三男、ちょっとショックimpactだったようで、自分も走りたいsign01と言い出しました。昨年、途中疲れた三男をなんとか励まして歩いたことを覚えているので、最初は歩いて最後に走ろうと言い聞かせましたが・・・、三男は我慢できず走り出しました。
2013_03_10_0162
「疲れちゃうから歩こうよ~。」と言っても走ります。私の方がついていくのが、大変でした。wobbly
私の予想に反して、三男は最後まで疲れた顔を見せず、完走。motorsportsタイムは28分。昨年は1時間近くかかったので、今年はその半分の時間。ゴールしてからも元気だったので、私が一緒でなかったら、もっと速く走れたかもsign02coldsweats011年でだいぶ成長しましたね。

三男&私がゴールしてから2~3分後に、長男が無事ゴールshine2013_03_10_0202

最後まで元気に走りぬき、タイムは41分50秒。初めての長距離ランにしては、素晴らしい走りでした。good

ゴールした長男のところに、見知らぬお姉さんがやって来て、「彼は本当に素晴らしい走りだったわ。彼が私たちを引っ張ってくれたから、私もゴールできたわ。ありがとう。」と、言ってくださいました。そんなことを言っていただけるとは、こちらこそ感謝です。confident

二人で握手し、健闘を称え合い、笑顔で記念写真。camera2013_03_10_0222

さて、次男&ダンナはsign02と思ったところに、次男が見事なラストスパートdashでゴールしてきました。次男のタイムは46分32秒。持久力がない次男を心配しましたが、歩くことなく、無事完走。good続いてダンナもゴール。motorsports

みんな無事ゴールでき、なによりです。そして、今年も美味しいカレーやドーナツなどをたくさんいただき、しばし休憩。

このイベントは、すべてボランティアの皆さん、そしてスポンサーになってくださった方々のお陰で運営されています。最後の片付けまできちんと働いてくださっていたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。2013_03_10_0342

さて、走って疲れているsweat02はずの子供たち&ダンナですが、そのままお友達とサッカーsoccerを始めました。みんな疲れているはずなのに、およそ2時間余サッカーは続きました。gawk

2013_03_10_0382

永遠に続きそうだったサッカーsoccerをようやく終わりにし、我が家はメキシカン・レストランRubio'sへ。今日このレストランで食事した金額の20%をRun for Japanに寄付してくれるということでした。わずかな金額ですが、少しでも何かのお役に立てたら、嬉しいですね。confident

夕方、次男生まれて初めての筋肉痛sign02ということが発覚。despair
三男は、「来年は走るsign01smile宣言をしていますが、私は8㎞Runは無理かな・・・。coldsweats01来年は子供たち全員ダンナにお願いして、一人でのんびり歩こうかしらsign02wink

アメリカから、日本へのエール、皆さんに届きますように・・・。confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラッコ♪ラッコ♪@Moss Landing

いろいろ忙しくしているうちに、3月になってしまいました。coldsweats01
こちらは暖かい穏やかな日が続き、梅も桜cherryblossomも一緒に咲いているような。

2月終わりの週末。日本から3週間の短期語学留学に来ていた大学生Kさんが、いよいよ日本帰国airplaneとなる前に、いっしょにモントレー&カーメル方面にお出かけしました。rvcardash

我が家は最近モントレーに行く際、Hwy101→156→1というルート(山道の一本道Hwy17を避けるルート)を使っておりましたが、予定とは異なりsign02久しぶりにHwy17を通ってモントレー方面に向かうことに。

Hwy17からHwy1へと向かうルート。そう言えば、このルートだと、以前お友達(イギリスに引っ越してしまったSさん)から野生のラッコがすぐ近くでたくさん見ることができるsign03とい聞いていたMoss Landingを通るはず。think

せっかくだから、行ってみようsign03happy01

と、慌てて地図を広げてみることに。Moss Landingは小さな町。海沿いのどこがポイントなのかsign02そこまでは聞いていませんでしたが、とりあえずMoss Landing State Beachへ。

Hwy1から案内板に従ってMoss Landing State Beachへ。駐車場で車をとめ外に出ると、正面に見えるのは、ちょうど川から海へとなる静かな入り江。

あれっsign02あのプカプカ浮いているのは、もしかしてみんなラッコsign02happy02

2013_02_03_0882

↑写真赤で囲んだ2箇所の中でプカプカしているのがラッコたち。ちなみに黄色で囲んだ橋のたもとはアシカの群れ。smile

ダンナはカメラの望遠レンズcameraを持ってこなかったことを後悔sweat02とりあえず海岸まで行ってみることに。

すると、すぐ近くにラッコsign03望遠レンズがなくても大丈夫。happy01

2013_02_03_0962

入り江に積み上げられた岩(堤防sign02)に上って、2013_02_03_3742

下を覗くと・・・eye、ラッコ発見sign03

2013_02_03_1182

ラッコと目が合うくらいの距離です。lovely2013_02_03_1112

いままで何度か見た野生のラッコは、みんな遠くでプカプカ浮かんでいました。こんな近くで、それもこんなにたくさん見るのは初めてheart01水族館よりよく見えるかもsign02教えてくれたSさん、どうもありがとう。やっと行ってきましたよ~。wink

ここでは、カヤック・ツアーもあるので、すぐ目の前でラッコを見ることもできるようです。2013_02_03_1302

長い間ラッコを見て喜んでいた私達。ラッコにサヨナラして、今度は反対側の外海へ。wave

2013_02_03_1492

外海は、荒く波の高い海。こちらでは、ラッコものんびり浮いていられませんね。wink風も強くて、子供達もとても海で遊ぶ気にはなれないsign02

寄り道のMoss Landingでかなり時間を費やし、ようやくカーメルへ。2013_02_03_1722

Kさんと私が買い物に出かけている間、ダンナと子供達はカーメルの海岸をず~っと歩いて、ペブルビーチの近くまでお散歩していたようです。すぐそこは、有名なペブルビーチのゴルフ場。golfflag

2013_02_03_1782

すでに午後5時近くになってしまったので、予定していた17マイルドライブには行かず、そのままモントレーのフィッシャーマンズ・ワーフへ。2013_02_03_2002

夕食をいただき、早めに帰路へ。rvcardash

翌日には日本に帰国したKさん。子供達とたぁ~くさん遊んでくれて、どうもありがとうございました。また遊びに来てくださいね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »