« ハロウィン♪2012 | トップページ | お誕生会@NorCal Laser Tag »

アメリカ大統領選挙

先日、アメリカ大統領選挙があり、オバマ大統領の再選が決まりました。

日本では選挙の投票日は通常日曜日ですが、こちらでは投票は平日の火曜日。子供達の現地校も市立図書館も、小さい部屋が投票会場になっていました。こんなところで気軽に投票sign02って・・・。学校帰りに、三男が「今日vote(投票)している人見たよ~。」smileと喜んでいました。coldsweats01

アメリカ大統領選挙が、日本の総理大臣選挙と根本的に異なる点は、一般人が投票できるsign03ということ。もちろんアメリカ国籍を持っていない私などは、投票権がありませんが。wink

以前の記事にも書きましたが、長男は宿題で大統領選のテレビ討論会tveyeをしっかり見ていただけでなく、私やダンナより詳しく大統領選のことを知っていました。現地校でもいろいろ話題になるようです。そんな長男は、どうやらオバマ派。smile

次男も現地校で少し勉強してきたようです。「270とったら決まるんだよ。」happy01と、ちゃんとわかっているのかsign02怪しいですが、一応知っていました。クラスで擬似投票sign02もしたそうですが、①先生②ガチョウ③何て名前だったか・・・sign02女の子が大統領になるお話の本についての投票だったとかで、クラス投票の結果、先生が大統領に決まったそうです。bleah他にも、クラスで「自分が大統領になったら・・・」という作文を書いていました。

驚いたのは、三男。帰りにクラスから出てくるなり、「やっぱりミット・ロムニーがいいなぁsign01thinkと。私は、「えっsign02マカロニsign02」と聞きなおしてしまいましたが・・・。coldsweats01ロムニー氏のフルネームを知っていたことに驚きました。

大統領選の夕方、我が家でもテレビtvで選挙の状況を見ました。最初テレビをつけたときは、ロムニー氏優勢sign03ところが、しばらくするとオバマ氏が優勢にsign03

テレビを見ていて・・・eyeんっsign02あれれっsign02electoral college(選挙人団)はオバマ氏優勢だけど、投票数はロムニー氏が優勢だsign02これってどういうことsign02coldsweats02

そこで、はじめてアメリカ大統領選挙の仕組みをお勉強。coldsweats01皆さんご存知かもしれませんが、簡単にかいつまんで説明いたします。

一般投票日に大統領・副大統領候補を選んで投票しますが、この結果が大統領を決定するわけではありません。各州ごとに、勝った候補者がその州の選挙人団の票を全部獲得します。(ただし、メイン州やネブラスカ州では、投票数の比率で選挙人団数が配分されます。)そして、選挙人団の票をより多く獲得した候補者が大統領になるのです。

つまりflairアメリカの大統領選は間接選挙で、大統領を直接選ぶのは、選挙人(elector)と呼ばれる人たち。選挙人は、州ごとに定員(州が選出できる上下両議員の数と同じ)があり、この集まりが選挙人団と呼ばれています。アメリカ全体での選挙人団数は538。その過半数270の選挙人団を獲得した時点で、大統領に確定sign03というわけです。thinkupの次男の発言はこういうことだったのです。smile

だから、選挙人団ではオバマ氏優勢だけど、投票数はロムニー氏が優勢という状況もあるわけなのです。coldsweats02今回の選挙では最終的に投票数でもオバマ氏が多く獲得しましたが、以前は投票数では負けた候補者が大統領になったこともあるそうです。(2000年選挙のブッシュ大統領など。)think

大統領選で重要な選挙人団数ですが、州によってその数は異なり、少ない州では3、一番多いのはカリフォルニア州の55。よって、たくさんの州で勝つことも大切ですが、選挙人団数の多い州で勝つことも重要ですね。wink

最後に長男が一言。

「この選挙で、オバマ氏もロムニー氏もたくさんのお金を集めて宣伝に使ったんだよ。でも、そのお金を全部学校に寄付とかした方が、みんなの票が集まったんじゃないかな。」think

カリフォルニア州では、教育費・予算がどんどんカットされている状況。子供でもそういう現状を知っていて、そんなことを考えるというのは、やはりアメリカだからでしょうかsign02think

2012_04_06_18152

|
|

« ハロウィン♪2012 | トップページ | お誕生会@NorCal Laser Tag »

コメント

そんな小さなころから政治に触れる? とは日本では考えられないですね。お子さんたち本人は意識していないでしょうけど。
どうやったら世の中がよくなるか?などを子供なりに考えるきっかけになり大人たちよりよっぽどよいアイデアを持っているかもしれないですね。

投稿: | 2012年11月13日 (火) 12時38分

コメントいただいたのは、natさんですよね?
こちらでは、学校で小さい頃から愛国精神を養われ、政治に関しても身近なものとして考えられているように思います。長男の先生は、「アメリカは世界で一番影響力のある国だから、アメリカ大統領は世界のリーダーとなるべき人なんだ。」と言っていたとかsign02その自負が、日本とは異なるのですかね。think

投稿: bun2 | 2012年11月13日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/56079643

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領選挙:

« ハロウィン♪2012 | トップページ | お誕生会@NorCal Laser Tag »