« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

公園でBBQ

子供たちの学校schoolが始まって1週間。現地校では、長男が5th、次男が3rd、三男が1stに進級し、新年度newが始まりました。今年は3人ともよく知っている先生方が担任となり、楽しくスタートできたようです。happy01
現地校最初の1週間はまだ宿題もほとんど出ておりませんが、また現地校&日本語補習校の宿題bookpencilに忙しくなるのかと、いまから私のほうが心配しているかもsign02despair

さて、夏休み最後の週末。ダンナの会社のピクニックが、San JoseのKelly Parkで行われました。happy01

Kelly Parkのお隣は、遊園地&動物園のHappy Hollownote会社からチケットもいただいたので、遊びに行こうsign03ということで、会社のBBQパーティーが始まる前に、一足早くHappy Hollowへ。happy02notes

まだ開園後すぐで空いているうちに、遊園地エリアへ。ほとんど並ぶことなく、ローラーコースターやDanny the Dragonに乗ることができました。wink2012_08_17_1002
この遊園地は、小さいお子さん向けなので、我が家の子供たちは他の乗り物には興味がない様子。smile迷路で遊んでから、いったんHappy Hollowを後にし、BBQ会場のKelly Parkへ。 run

BBQのご馳走をいただいたら、すぐに遊び出す子供たち。smile子供たち用に用意していただいたボールなどで遊んでいるうち、気付けば大人も子供もみんな一緒にサッカーsoccerhappy02
2012_08_17_1202
大人の体力が限界になってきたこともありcoldsweats01sign02、サッカー終了となったので、子供たちを連れて公園内の日本庭園Japanese Friendship Gardenへ。2012_08_17_1472
広いお庭を歩いていると、あちこちでご結婚heart01の写真撮影cameraが。公園で結婚式bellも行われていましたが、日本庭園でも3組のカップルheart01が写真撮影をしていました。日本人らしき方はいらっしゃいませんでしたが、日本庭園の美しさを理解してくださっているのかと思うと嬉しいですね。confident
2012_08_17_1272
我が家の子供たちは、庭園の美しさより、もっぱら池の鯉fishsmile小さい稚魚がたくさんいる奥の方の場所で、エサやりに夢中happy01。ここまでエサを運んでくれる方はいないようで、鯉もすごい勢いでエサに突進sweat01その勢いにビックリです。coldsweats022012_08_17_1362
鯉に夢中で日本庭園から動かない子供たち。smile「動物園に行こうsign03」と、ようやく日本庭園を後にしました。
2012_08_17_1552
Happy Hollowに再入園し、動物園エリアを歩き回り、ヤギとのふれあい広場に行ったところで、ちょうど終了時間clocksad。ヤギとふれあう代わりに、お家に帰って行くヤギ軍団の行進を見ることができました。capricornuscapricornuscapricornusdasheye

最後にメリーゴーランドに乗った子供たち。たくさんの動物からそれぞれ選んで乗ったのは、三男チーターdash、次男トリケラトプスsign02、長男ハクトウワシcarouselpony2012_08_17_1722
私としてはゆっくりご馳走をいただけなかったのがちょっと残念despairでしたが、子供たちはたくさん遊んだ一日でした。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キャンプ@Little Basin

長~い夏休みも残すところあと3日となりました。soon

夏休み最後にお出かけrvcardashという方も多いこの時期、我が家もレイク・タホに2泊3日でキャンプに出かける予定でした。
sign03出かける3日前の深夜(すでに日付が変わって2日前sign02)に帰宅したダンナが、「仕事が忙しくて会社を休めない。despair」と言い出しました。エsign04sign03そんな急にsign02shock

ということで、レイク・タホのキャンプはキャンセルsad。週末で近場に出かけようということになりましたが、この時点ですでに金曜日。キャンプ場を調べてみると、サイトの空きはある(我が家のようにドタキャンsign02coldsweats01)のですが、前日なのでもう予約はできず、どうなるか行ってみないとわからない状況。think

とりあえず、近場で空きemptyがあるキャンプ場目指して出発することに。coldsweats01

「海より森がいいsign03」という意見が多かったので、まず向かったのは、Big Basin Redwoods State Park.。細い山道をクネクネ登って、我が家から車で45分ほどで到着。rvcardash問い合わせに行ってくれたダンナの話では、「たしかにキャンプ場に空きはあるがリストに名前を書いて、再び午後5時に集まった段階で、リスト上位者からキャンプ場に入れる。」ということだそうです。一応、ダンナはリストに名前を書いてきてくれましたが、「午後5時までの3時間余watchをどうするsign02」「午後5時に来てみてダメだったらどうするsign02despair

ということで、すぐお隣、車で10分ほどのLittle Basinに行ってみることに。rvcardashオフィスで聞いてみると、「もうキャンプサイトに空きはない。full」ということでしたが、対応してくれたお兄さんが親切にいろいろ確認してくれた結果、「キャンプサイトではないが、Day Use(昼間のみ使用)のピクニックサイトでよければ。」ということに。料金も10ドル割引dollarにしてくれました。

今晩の宿sign02となるピクニックサイトは、オフィスからキャンプサイトに続く道の脇。広い草原の中にポツンとピクニックテーブル&BBQグリルがありました。親切なお兄さんが仰っていたように、夕方になるまで日陰がない場所。suncoldsweats01これではたしかに、お兄さんが仰るとおり、夕方にならないとテントも張れません。eventthink
子供たちは、嬉しそうにsmileバッタを追いかけていましたが・・・。
2012_08_03_2722
仕方ないので、公園内を少しお散歩。キャンプサイトには、木xmasもたくさんあり、当然のことながら日陰で涼しそうでした。子供たちをプレイグラウンドで遊ばせながら、夕方までのんびり休憩。

夕方5時を過ぎた頃、少しだけ木の日陰ができたので、テントを張ることに。車の中からテントを出して準備し始めたところ、キャンプサイトから出てきた1台の車がストップsign01車から降りてきた女性が話しかけてきました。「今晩もキャンプサイトに泊まることになっていたけど、もう帰ることにしたの。こんな日向じゃあ大変だから、私たちのサイトを使ったらどうsign02もっと日陰があるわよ。」ということでした。なんてご親切なんでしょうsign02confident

二つ返事でお願いし、オフィスに事情を話し、めでたくキャンプサイトに泊まれることになりました。happy01

譲っていただいたサイトは、キャンプ場の一番奥、大きい木が並んでいました。テントも木々の間の涼しい場所に。confident
2012_08_03_0602
この時点ですでに午後6時過ぎ。テントも立て、荷物も運び出し、落ち着いたところでお腹が空きましたsign03wobblyここからは、食べて、飲んで、眠るだけ。wink
今回驚いたことにsign01キャンプではじめて、夜まで半袖で過ごすことができました。なぜだかびっくりするほど暖かかったので、薪を買ったものの火をつける必要がありませんでした。ということで、子供たちが大好きなマシュマロもBBQグリルの炭で焼きました。bleah

お引越しするSさんから譲っていただいたガスのランタン、と~っても明るかったflairshineです。
2012_08_03_1112
木々の間から見える星空もスゴイ。nightこれもキャンプの楽しみnote2012_08_03_1172
翌朝、のんびり朝ごはんを食べてから、キャンプサイトを後にし、再びBig Basin Redwoods SPへ。rvcardashBig Basinには何度か来たことがありますが、記念撮影cameraと言えば、この木down2012_08_03_1562
子供たちが木の幹の中に入ってしまう木の全景は、写真には入りきれません。coldsweats012012_08_03_1592_2
広い森に大きい木がたくさん。思いっきり森林浴spaできます。wink
お昼ご飯を食べて、大木で昼寝sleepyをするダンナdown
2012_08_03_2882
森の中を少しお散歩。木々の間のトレイルを歩いている私たちがわかりますかsign02eye2012_08_03_1482
この後、三男が「トイレsign04sweat01」と騒ぐ緊急事態impactとなり、三男&私は急いで戻りトイレまでGOdashsad
長男&次男&ダンナは、バナナ・スラッグ(巨大な黄色いナメクジsweat01)を発見したそうです。右上に写っている長男の指と比べて、大きさが想像できますでしょうかsign02shock2012_08_03_1532
無事トイレを済ませsmile、車で出かけたのは、滝sweat01一度道を聞いて行こうとしたものの辿りつけなかった滝、Sempervirens Falls。森から少し離れた場所にひっそりとありました。思っていたより小さい滝。自然のままという感じで、ちょっと神秘的かなsign02wink
2012_08_03_1632
思いもかけず出かけた週末キャンプ。予約もしていなかったのに、ご親切な方々のお陰で、ちゃんとキャンプができました。confident車で1時間弱で、こんな森の中でキャンプできるなんて、幸せですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日本の夏④

1ヶ月に渡る日本滞在も楽しく過ごし、とうとう日本を発つ日になりました。飛行機は、羽田空港発の深夜便。airplanenight

お昼過ぎにダンナの実家を出発し、新幹線bullettrainで東京駅まで。東京駅で久しぶりにお会いしたのは、以前からず~っとお世話になっているM家の皆様。happy01

感動の再会shineの後は、ロッカーに荷物を預け、駅を出て夜の東京へ。runここでダンナとは別行動に。ダンナは、東京駅近くで開かれていた大学の研究室のOB会へbeer。子供たち&私は、M家の皆様と一緒に地下鉄subwayで浅草まで。

実は、この日は「隅田川花火大会bombshine」の日だったのです。M家の皆様は、なにからなにまでご用意してくださり、子供たち&私はついていくだけ。coldsweats01混雑していた地下鉄subwaysmilesweat01も、皆様が子供たちを見ていてくださったお陰で、誰も迷子にならず、無事浅草まで到着。

浅草の仲見世を通り抜け、向かったのは、「浅草花やしき」happy02。子供たちは、「花やしき」はもちろん浅草も初めてでした。smile

花やしきで、子供たちは早速乗り物に。ジェットコースターdashにも挑戦。三男にとっては、初めてのジェットコースターheart01笑顔で「楽しかった~sign03」と戻ってきました。happy01 M家のお兄さんが一緒に付き添ってくださったので、私ものんびり見ていることができました。confident

暗くなってきた頃に、夕ご飯に。駅地下で買って持ってきてくださった品々がテーブルに並びました。美味しそ~heart04なご馳走の数々。日本では、駅でもコンビニでも、すぐにこんなご馳走が買えて、本当にすごいですよね~。confident子供たちにとっては、初めての「まい泉のヒレかつサンド」がとっても美味しかったようです。smileheart04

美味しいご飯をいただいているうちに、いよいよ花火大会が始まりましたsign03happy02音はよく聞こえるけど、花火はなかなか見えず・・・eye。ということで、「花やしき」を後にし、歩きながら花火を楽しむことに。run
花火とともに、すぐ近くにはライトアップflairshineされた「スカイツリー」がsign03思いもかけず話題の「スカイツリー」が見れて、なんだか得した気分wink。残念ながら、花火もスカイツリーもちゃんとした写真cameraが撮れませんでした。申し訳ございません。coldsweats01

私たちの飛行機の時間watchもあり、ゆっくりすることはできませんでしたが、最後の最後まで日本を満喫することができました。M家の皆様、何から何まで本当にありがとうございました。confidentまた皆様にお会いできるのを、家族みんなで楽しみにしております。smile

それにしても、日本の夏は本当に暑かったsign04sweat01日本の皆様、くれぐれもお身体に気をつけてくださいませ。confident

2012_06_28_2842

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本の夏③~琵琶湖~

私たちの日本滞在も残り1週間となったところで、ダンナも日本に一時帰国。airplane東京駅で合流し、新幹線bullettrainに乗ってダンナの実家houseへ。日本でバスや電車、新幹線に乗るたびに、ちょっとウキウキheart01する子供たち。smileアメリカではあまり乗る機会がありませんからね。

義父の三回忌の法要を無事にすませてから、皆さんと一緒に1泊旅行へ。向かった先は、日本で一番大きい湖=琵琶湖です。happy01

ダンナの実家から車でおよそ1時間半。ホテルは琵琶湖のほとり。部屋からの眺めは、琵琶湖&プールhappy02heart04
2012_06_28_5202
ということで、子供たちは早速プールへ。smile2012_06_28_2942
みんなでプールで遊んだ後は、ちょっと早めの夕ご飯。restaurant豪華な中華料理のコースをいただきました。happy01
夕ご飯が終わった頃、琵琶湖に沈むきれいな夕日sun2012_06_28_5442
夜の部は、なんとsign02テニスtennis。子供たちも従姉妹のお兄ちゃん&お姉ちゃん相手に大奮闘sign03ラケットを取り合いしながらbleah、1時間ほどテニスを楽しみました。happy02

その後、広いスパspaをゆ~っくり楽しみ、お部屋での~んびり。confident

翌日、ちょっと琵琶湖をお散歩。広いですね~。
2012_06_28_3612
そして、車に乗って向かったのは、長浜の町。rvcardash
ダンナの希望により、「海洋堂フィギュアミュージア黒壁」に行きました。と言っても、ミュージアムに入ったのは、ダンナと子供たちだけ。お義母さん&私は、その間ショッピングへ。
なかなかミュージアムから戻ってこないダンナ&子供たち。好きなものがたくさんあったようです。happy02
大きいものから・・・
2012_06_28_6072
昔も現在も変わらぬ人気のヒーローたち。happy022012_06_28_6172
スター・ウォーズshine
2012_06_28_6392
ポケモンも。
2012_06_28_5932
お腹が空くのも忘れて見入っていた子供たちをなんとか促し、ようやく遅~いランチに。名物「さばそうめん」をいただきました。そうめんの上にのっているさばは、骨までやわらかく煮てあり、くさみもなく、本当に美味しheart04かったです。写真にはありませんが、「さばずし」もいただきました。wink
2012_06_28_6472
子供たちがいただいたそうめんも半熟卵がのっていて、とっても美味しそうでした。お腹が空いた子供たちも大満足。smile
このお店は、お皿もお部屋も建物もレトロで、とっても素敵でした。2012_06_28_6502
とっても暑い日でしたが、楽しい町歩きでした。happy01

お忙しい中、ご一緒してくださった皆様、本当にありがとうございました。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本の夏②~榛名湖~

日本滞在中、両親&妹といっしょに1泊旅行に出かけました。行き先は、榛名湖。実家から車で1時間弱の山の上の湖です。rvcardash

曇り空cloudで時折小雨rainの降る中、行きは電車train&バスbusで遠足気分でお出かけです。到着した後は、お土産物屋さんへ。みんなでソフトクリームheart04happy01をいただきました。

湖でボートにでも乗らないかsign02という母の誘いを断りcoldsweats01、子供たちが「乗りた~いsign03」と騒いだのは、通り過ぎて行った馬車horse。お土産物屋さんで聞くと、馬車乗り場は特になく、この辺を往復するから10分くらい待っていたらきっと戻ってくるだろうとのこと。ソフトクリームを食べながら待っていると、再び馬車がeye。いそいで追いかけてみたところ、すでに次のお客様が乗っていらっしゃいました。通り過ぎていく馬車に、「次に乗りたいんですけど~sign03ここにいますからお願いしま~す。」と声を掛け、また待つこと約10分。

さあ、ようやく馬車に乗りますよsign01乗ってから料金moneybagを確認すると、おじさんは「ずっと待っていてくれたし・・・。」と言って、子供料金1人分サービスgoodしてくれました。happy01なんてラッキーnotes

しばらくすると、子供たちに順番に馬の手綱を持たせてくれました。horsesmileお馬さんは慣れた道だし、もう手綱は持っているだけで大丈夫のようです。子供たちは大喜びhappy02どことなく誇らしげな後姿です。wink

2012_06_28_1222

やはり時折小雨sprinkleの降る生憎のお天気。湖の景色もちょっと残念です。despair2012_06_28_1362

10分ほどの馬車の旅でしたが、おじさんといろいろお話しているうちに、「どこのホテルに宿泊するのsign02」という話になり、「そこだったら、ちょうど帰り道だから近くまで送っていくよ。」と。おじさんは、「一人で馬車に乗っていても、馬じゃ話し相手にならないし、退屈なんだよ。」と、ホテルの近くまで送ってくださいました。

通常の2倍くらいは馬車に乗っていたことになるし、近くまで送っていただいたにも関わらず、おじさんは料金までサービスしてくださいました。なんてご親切heart01confidentお馬さんも、お疲れ様でした。horseheart01happy01

2012_06_28_1382

ホテルに到着し、少し休むという両親を残し、妹と私たちはすぐ近くの乗り場からロープウェイの旅。榛名富士と呼ばれる山の頂上から湖を見下ろします。

2012_06_28_1522

戻ってから、夕ご飯。そして、いよいよ夜の部です。night夜8時に集合し、ホテルのバスbusで夜のお楽しみツアーshineに連れて行っていただきました。

まずは、榛名富士の対岸にて、レーザーショーshineを楽しみました。happy01山と湖に、光shineと音楽notes幻想的できれいでした。confidentが、写真を撮るのは難しく、ちゃんとした写真がございません。申し訳ございません。coldsweats01

続いて、子供たちが楽しみにしていたホタルshineツアー。バスを降り、真っ暗な湖のほとりを10分ほど歩きました。暗い中、ホタルを見つけeyeては大騒ぎ。happy02水辺の草木の間を現れては消えるホタルの光shineは、本当にきれいに光っておりました。confidentが、やはり写真では上手に撮れませんでした。申し訳ございません。coldsweats01

翌朝湖をお散歩。やはり曇り空cloudなのが、ちょっと残念。despair2012_06_28_1792

湖のほとりを散策した後、ホテルのバスで実家まで送っていただきました。近場でのんびりの1泊旅行。馬車horseやホタルshineに子供たちは大喜びでした。happy01

2012_06_28_1892

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本の夏①

またまた、ご無沙汰しております。coldsweats01

日本から戻って、すぐに日本語補習校schoolの夏期講座が2週間ありました。
毎日朝から学校に通うことになった子供たちですが、さすがに1ヶ月間の日本滞在後の時差ボケは辛く、最初は大変でした。sad長男は、夜全然眠れないまま日本語補習校初日の朝を迎え、学校に行ってすぐに具合が悪くなり早退sweat02wobbly家に帰って1時間半爆睡sleepyし、復活したところで、午後からまた学校へ。bleah
次男&三男も午前2時から4時頃に一度目が覚め、「眠れな~いsweat01」と騒ぐこともありましたが、さすがに朝から夕方まで学校で過ごしているうちに、3日ほどでなんとか戻ったようです。
一番辛かったのは、私かもsign02think子供たちが次々目を覚ましたり、具合が悪くなったりする中、毎朝みんなのお弁当riceballを作り、学校へ送り迎えrvcardash。学校の後は、子供たち3人にたくさんの宿題をやらせなければならない毎日。wobbly夜まで泣きながらweep宿題をする長男の気持ちもわかります。think

そんな夏休みもそろそろ終盤。学校が始まるまであと1週間をきりましたsign03wink

さて、日本滞在中の子供たち、長男&次男は日本の学校にも通いましたが、日本の夏を楽しんできました。happy02

日本に行く前から、子供たちは「また川に行きた~いsign03smileと言っておりましたが、その願いも叶えていただきました。happy02

学校の後は、姉夫婦にザリガニ釣りnoteに連れて行ってもらいました。2012_06_28_0102

2012_06_28_0212

週末は、商店街の夏祭り。金魚すくいでは次男が見事1匹ゲットsign032012_06_28_0302

なんとsign03特設プールでマスfishのつかみ取りもsign03幼稚園生の三男は、楽しそうに魚を追いかけていました。happy01

2012_06_28_0562

三男は捕まえられませんでしたが、スタッフの方に1匹もらい、ニコニコsmile

小学生の長男&次男は、すごい混雑でどこにいるのかわからない状況。coldsweats01そんな中、開始早々、「捕まえた~sign03」という長男の嬉しそうな声notehappy02素手でマスを捕まえる長男、なんだかスゴイsign03

2012_06_28_0672

次男は、1匹も捕まえられなかったのですが、やはりスタッフに1匹もらえてニコニコsmile次男&三男はなんてラッキーnotes長男は、5匹捕まえたそうですが、ビニール袋から2匹逃がしてしまい、3匹ゲットsign03happy01

2012_06_28_0722

猛暑の日本。やはり水遊びsweat01が最高heart04週末は、妹が水遊びsweat01もできる楽しい公園に連れて行ってくれました。子供たち、とっても楽しそうに大騒ぎで水遊びhappy02sweat01

2012_06_28_0902

広い公園には、こんなトランポリンsign02「ふわふわドーム」もありました。これにもみんな大喜びhappy02

2012_06_28_0792

小学校の体験入学が終わった後の平日。姉夫婦&妹が、車rvcardashで30分ほどの川に連れて行ってくれました。さすがに平日の昼間、なんと貸切状態notesで、川遊びを満喫できました。happy02

2012_06_28_2602

川には魚もたくさん。念願の魚釣りheart04happy01heart01fish2012_06_28_2212

大漁の魚は、川に作った特設のいけすへ。winkカニやおたまじゃくし&カエルも捕まえました。smile

2012_06_28_2232

2012_06_28_2552

子供たちも大喜びの日本の夏休みでした。happy02皆様、本当にありがとうございました。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本の小学校を体験♪

大変ご無沙汰しております。coldsweats01
実は、7月末まで日本に一時帰国しておりました。airplane今回は、1ヶ月sign01という長~い日本滞在。そして、はじめてsign03長男&次男を日本の小学校schoolに体験入学させました。wink

長男は、日本で幼稚園の年少さんに通っただけで渡米。次男にとっては、はじめての日本の学校。こちらで日本語補習校に通ってはいるものの、やはりいろいろ違います。think
長男小4、次男小2にして、はじめての体験newがたぁ~っくさんありましたsign03

小学校は、私の実家近くの小学校(=私の母校)。schoolまずは、小学校にメールpcでお願いしました。有難いことに、小学校の教頭先生からすぐにオッケーのお返事をいただきました。時差を考えなくてもよいメールは本当に便利ですね。confidentその後、姉に小学校まで打ち合わせに行ってもらい、私はメールで教頭先生とやりとり。mailto
教育委員会には妹が連絡し、書類を提出してくれました。memo

こちらから教科書bookや水筒などは持参することに。違う出版社の教科書を使用しているものは、学校側で貸してくださる等の対応をしていただけました。confidentランドセルやスクール水着は甥っ子から、体操服は妹のお友達のお子さんからお借りし、他に必要なものは日本に着いてから購入することに。moneybag

6月末、子供たち&私は無事、日本に到着airplane。羽田近くのホテルhotelで1泊し、高速バスbusで実家houseまで。実家に着いてすぐに、小学校にご挨拶に行きました。

実は、長男&次男は、日本の小学校に体験入学するのをかな~り嫌がっておりました。bearing「せっかく夏休みなのに、なんで学校に行くのsign03」+「日本の学校いやだぁ~sign03sadの繰り返し。嫌がる二人を連れて、いざsign01小学校へ。school

小学校は実家から歩いて5分ほど。着いてすぐに、用意した上履きに履き替えさせました。が、これが大変sign03coldsweats02どこまで靴でいいのか、どこは土足禁止かsign02まったくわからない子供たち。上履きの履き替えに、何分かかったことかwobblysweat01

小学校では教頭先生にご挨拶してから、それぞれの担任の先生にご挨拶。かな~り緊張していた子供たち。despair特に、人見知りする次男はほとんど口をきかず、「日本語はわかりますかsign02」と先生から確認されるような状態。coldsweats01とりあえず、優しそうな先生方にホッとしつつ、「いったいどうなることやらsign02」という不安も・・・。think

そして、登校初日を迎えました。smileはじめてランドセルを背負って、歩いて登校です。run

2012_06_28_0082

初日は校門までお迎えに行きました。無事登校初日を終えた長男&次男は、「楽しかった~sign03」「友達できたよnote」とニコニコ。happy01よかった、よかった。confident

最初の心配&緊張sweat02はウソのように、二人とも毎日楽しく2週間通学できました。はじめての給食、はじめての体育・プール、はじめての掃除当番、二人ともはじめてのことnewがたくさんでした。先生方も、お友達もと~っても優しく親切にしてくださり、たくさんの経験・勉強をさせていただきました。confident

そして、最終日。お別れにお手紙をもらったり、「また来年も来てねsign03」と言ってもらえたり。二人とも、あんなに嫌がっていた日本の小学校でしたが、「日本の小学校、楽しかったnotehappy01だそうです。この夏のよい思い出になったようです。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »