« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

アメリカでのお引越し~引越しのあと・・・編~

引越しから、ちょうど1ヶ月半が経ちました。忙しい日々を過ごしておりまして、なかなかブログが書けません。coldsweats01ネタだけがドンドンたまっていっておりますsweat02

とりあえず、引越しの後・・・。新しい家に引っ越してはじめての夜。night引越しのこの日は、長男&次男の現地校でWalk-a-Thonもあったし、みんなお風呂spaでサッパリして早く寝ようsign03と思ったのですが・・・、お風呂のお湯を出しても出しても、なかなか熱いお湯が出ず、いつまでもぬる~いお湯が出てくるだけsweat02子供たちは、裸で「寒~いsad」と大騒ぎbearingsweat02

そして夜中、次男が熱を出しました。wobblyannoypouch午前中Walk-a-Thonで半袖&短パン姿で汗だくになって走りrunsweat01、そのまま涼しくなった夕方まで遊びsmile、あげくにぬるいお風呂に入って震えていたsadsweat01のですから、仕方ありません。think

翌日土曜は、みんなで前の家に行って片付けを済ませる予定でしたが、次男の熱が下がらないので、とりあえずダンナ&長男が先発隊で前の家へ。長男は宿題のプロジェクト製作の続きをし、ダンナが電気系やガレージの片付けを。

夕方ダンナ&長男が帰ってから、私が交代で前の家へ。まだキッチンや物入れに残っているものを箱詰めし、とりあえず車に積めるだけ積み、「吉野家」で夕食を買ってから新しい家へ。「吉野家」は近くにあるのですが、今回初めて行きました。疲れたときには、やはり日本の味ですねnotewink

次男は夜には熱もほとんど下がり、夕食もたくさん食べられるほど元気になってきました。実は、翌日日曜は、次男の日本語補習校の入学式cherryblossom。入学式に行けるのかどうかわからないまま、とりあえず入学式に行く準備はしておくことに。think

そして、日曜の朝。次男は熱もすっかり下がり、元気になりました。smileなんとか無事入学式に出席することができました。confident

入学式の後、午後からみんなで前の家へ出かけて、まだ残っている片付けです。夜まで頑張り、車に積めるだけの荷物を積んでから、いろいろお世話になったお隣さんにお別れのご挨拶に行きました。引っ越すと言ってもすぐ近くなので、またお会いできるとは思いますが、やはり親切にしていただいたお隣さんとお別れするのは寂しいですね。despair

予定では、この週末に前の家の片付けを終わらせるつもりだったのですが、まだ荷物も残っているし、お掃除もまだまだ・・・という現実sweat02coldsweats01子供たちも現地校+日本語補習校の新年度が始まり、学習説明会や面談があったり、宿題がたくさんになったりと、いろいろ忙しくなってしまいました。マズイcoldsweats02sweat01

最終退去で鍵を返却するのは、水曜の朝。月曜&火曜の二日間ですべて片付けなければいけません。普通に学校もある平日ですから、ずっと片付けをしていられるわけもなく、子供たちの送り迎えや家事の合間に、前の家と新しい家を何度も往復しながら、荷物を運んだり、掃除をしたりの繰り返し。houservcardashschoolrvcardashhousewobblysweat01ダンナにも会社の帰りに前の家に寄って荷物を運んでもらいました。

そんな慌しい中、なんとか火曜日の夜に前の家の掃除も終え、会社帰りのダンナに最後の荷物を運んでもらえばOKというところまでいきました。coldsweats01

ホッと一安心したその夜、三男が新しい家の寝室のドアノブに額をぶつけて、大出血。wobblyimpactdoor額がパックリ切れてしまい、三男は血だらけ。shock痛さ+大量の血に驚いて大泣きcryingです。とりあえず、泣き叫ぶ三男を抱え、タオルで額を押さえて止血しながら、ダンナに電話telephoneを。実は、私は血が大の苦手。shockこの段階で、情けないことに私も貧血を起こし、頭がクラクラして気持ち悪くなってしまっておりました。wobbly電話でダンナに、「早く帰って来てsign04sign03」と叫び、なんとか三男を落ち着かせてダンナの帰りを待つことに。幸い、ダンナは前の家の残りの荷物を車に積んで家に帰るところだったので、すぐに帰って来てくれましたが、ダンナが帰ってくるなり、私はしばらくダウンwobblysweat01

三男は、泣き疲れてそのまま眠ってしまいました。cryingsleepyそして、額からの血も、完全にではないもののだいぶ止まりました。どうしようか悩みましたthinkが、もう夜遅かったので夜間救急に連れて行くことはせず、三男の様子を見ながら寝ることに。額の血は完全に止まっていなかったので、夜中に一度ガーゼを取り替えましたが、三男はグッスリ眠っておりました。confidentsleepy

そして、翌日水曜日の朝。三男はいつものように起きて、何事もなかったかのように元気sign01「まだちょっと痛いけど、もう大丈夫だよ。」と笑顔happy01です。額の出血は止まっていたので、念のためガーゼをして、プリスクールへ。

そして、ダンナはそのまま前の家に向かい、無事鍵keyを返却。最後に私も行きたかったのですが、私は日本語補習校schoolでの学習説明会へ行かなければいけませんでした。think

4年間お世話になって、家族みんなが大好きheart04だった家house。最後にもっときれいにお掃除をしてお別れしたかったのですが、なんだかバタバタ慌しくなってしまいました。お別れするのは本当に寂しいですが、我が家はまた新しい家で元気に楽しく過ごします。happy01

新しい家では、引越し早々いろいろなトラブル(他にも、キッチンシンクやお風呂sweat01、水道の蛇口、電気flairなどなどちょっとしたことがいろいろと・・・。coldsweats01)もありますが、またきっと家族みんなが好きな家になることでしょう。wink

なにしろ、引越しはお金dollarもかかるし、労力runもかかるし、いろいろな手続きmemo(解約、契約、変更など)も本当に面倒だし・・・。もう引越しはコリゴリsign01です。bleah

前の家のお庭です。みんなたくさん遊びました。happy01

2009_05_1314_0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アメリカでのお引越し~引越し編~

週末からまた肌寒く、曇り空cloudで時折雨rainという日が続いております。もう夏sign02sunという日が続いていたのですが、まだ季節の変わり目のようです。thinkでも、あと1ヶ月もしないうちに、現地校は夏休みになってしまいます。coldsweats01年度末でいろいろ忙しい時期ですね。

さて、いよいよ引越し先houseが決まり、本格的に引越し作業というお話です。

新しい家は、いままでの家よりちょっと(だいぶsign02coldsweats01)狭くなるので、まずはいろいろ処分しなければいけません。大きいものでソファセットやずっとガレージに眠っていたプリンターなどは、ダンナの会社の方々に引き取っていただくことができ、本当に助かりました。happy01新しい家にはついているので不要になる電子レンジは、日本人の情報交換サイトpc「世界のご近所さん」に出品して買ってくださる方を発見sign01もう着ない衣類は、まとめてドネーションへ。その他不要なおもちゃなども、なんとか(無理やりsign02)皆さんに引き取っていただくことに。

ラッキーなことにhappy011年に一度実施される市の大規模な不要物回収がちょうど引越しの時にあり、壊れた電化製品や使い古したソファーなどはそちらへ。good

処分するものばかりではなく、新たに必要なモノもsign01新しい家には、洗濯機&乾燥機がついていなかったので、購入しなければなりませんでした。いろいろ調べましたが、かなり高いmoneybagsweat02お買い物です。さて、どうしようsign02thinkということで・・・、日本人の情報交換サイトpc「世界のご近所さん」に投稿してみたところ、運良くご親切な売り手さんが見つかりました。happy01本当に助かりました。wink

引越しにあたり、引越し業者さんも決めなくてはいけません。ローカルの引越しでは、自分たちでトラックをレンタルして荷物を運ぶという手もありますが、荷物も多いし人手も必要だし、我が家には絶対無理sign03ローカルの引越しを経験したお友達に聞いてみたところ、「TI Moving」が安いし早いし良いsign03との声が多数アリ。confident問い合わせてみたところ、日本人のイノウエさんが対応してくださり、確かにお安いsign03winkということで、こちらに決定shine

購入した洗濯機&乾燥機も、引越し当日に売り手さん宅に寄ってピックアップして運んでいただくことで交渉成立shine洗濯機&乾燥機の運送費も節約できて、本当に助かりました。happy01

あとは、必需品ダンボールsign01ローカルのお引越しでは、ダンボールも自分で用意しなければいけません。ということで、またまた日本人の情報交換サイトpc「世界のご近所さん」にお願いしたところ、数人の方から譲っていただけることに。happy01

日本を離れて生活している日本人同士、本当にいろいろ助けていただいて有難いことです。やはり日本人の方との交渉だと、知らない方なのに信頼できるし、みなさんご親切で、本当に助かります。confident

さぁsign01あとは、ひたすらダンボールに荷物を詰めるのみ。ガンバルぞぉ~sign01punchこの機会に、いままで仕舞いこんでいた物を潔く片付けることに。そして、また懐かしい物を発見したり・・・。引越し作業は、なかなかはかどりませんね。coldsweats01

そして、あっという間に引越し当日。子供たちは普通に学校schoolへ。もう、この家から学校に行くこともないのね~thinkなんて、しみじみしている余裕もない程、いつものようにバタバタと登校。coldsweats01この日は、長男&次男の現地校ではWalk-A-Thonrunでしたが、いままでのように応援に行くこともできませんでした。think

さぁ、最後の最後まで荷造りですsign01って、まだ荷造りは終わっていませんでした。shock新しい家は近くなので、すぐに使うものなどは最後に自分たちで運ぶことに。とは言いながら、やはりできるだけ運んでもらった方がラクですものね。

さすが日本人の方が指揮しているだけあって、引越し業者さんは時間通りにclockきちんといらっしゃって、次々と手早く作業開始sign01日本では当然のことですが、こちらではスゴイことです。thinkイノウエさん+4名の方々で作業してくださったので、あっという間に荷物はトラックへ。簡単にランチをとってから、新しい家へということで、一旦お別れです。

この間、ダンナが三男をプリスクールにお迎えに行き、マクドナルドでランチを買ってきてくれました。そのまま車に乗り込み、新しいお家へ。newhouservcardash

とりあえずランチを。と思ったところ、なんとsign01もう早くも引越し業者の方々は到着し、作業開始sign03今度は次々と家の中に荷物を運び入れます。新しい家に入るときは、皆さんちゃんと玄関で靴を脱いでくださいました。これも日本では当たり前のことですけどね。wink

洗濯機&乾燥機や二段ベッド、ダイニングテーブルなどの組み立てや設置は、イノウエさんがすべてやってくださいました。そして、あっという間に作業終了。

朝9時半に来てくださって、午後2時頃には引越し終了sign01happy01

長男&次男は、お友達にお願いしていたので、助かりました。簡単に片付けてから、長男&次男をピックして、いままでの家へ。

キッチン以外はほとんどモノがなく、閑散とした家。ちょっと寂しいですね。confident

2011_04_10_0492

長男には、宿題のプロジェクト製作(紙粘土で象を作る。)をさせながら、家の中の片付けをしました。ダンナ&次男&三男は、庭にあるものの片付けです。
この日は金曜日。週末最後の片付けをする予定で、夕方には新しい家へと向かいました。

無事引越しが終了。ホッとしたのも束の間、またここからいろいろと・・・大変でした。coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アメリカでのお引越し~家探し編~

さて、忘れないうちに引越しのお話の続きです。

突然引越さなければならなくなったショックで、しばらく呆然wobblyとしておりました。が、期限も決まっているので、新しい家を探さなければいけません。think
ここで、家族の意見した一致は、「学校をかわりたくないsign03」ということ。長男&次男も楽しく通っているし、この秋から三男もキンダーに通う予定で、すでに申し込みも終了している状況。また新しい学校にかわるということは、いろいろ大変だし、なにより子供たちが大反対angryimpact

ということで、ダンナと電話を切ってすぐ、ベイエリアで有名なサイト、クレイグズ・リストをチェックpceyeしました。必死に同じ学校のエリアのレント物件を探しましたが、なかなか見つかりません。お友達の話によると、学校の年度の区切りで引っ越す人が多いので、物件が出るのは5月以降が多いとのこと。期限がもうちょっと遅ければ・・・。sad

家事をしながら、サイトをこまめにチェックすることに。お昼ごはんの後にチェックしてみると・・・。なんとsign01同じ学校のエリアのレント物件を発見sign03それも、「For Japanese Family」とあるではないですかsign02happy02早速サイトにある問い合わせ先にメールを送りました。loveletter・・・が、メールが送れません。再度送ってみますが、ダメ。sadサイトを確認すると、その物件情報がすっかり削除されていました。shock

連絡がとれないので、どうしようもありません。wobbly

でも、たしか地図で確認した際、「お友達のお家の近くだsign01」と思ったことを思い出し、そのお友達に電話してみました。telephone
すると、「それって、たぶんウチのお向かいのお家だと思うわ。」とのお返事。ちょうど前の日にお友達がお向かいの方とお話したところ、「新しい家を買ったから、この家を貸すことにした。ぜひ日本人に貸したい。」と仰っていたらしい。
なんという偶然noteお友達が連絡をとってくれ、その家の持ち主さんから連絡をいただき、週末土曜に家を見せてもらう約束となりました。happy01

クレイグズ・リストから消えてしまったのは、「For Japanese Family」と書いたからのようです。人種を指定することはルール違反banになるので、削除されたみたい。なるほどsign01think

とりあえず1件候補を見つけましたが、そのお家は2世帯で一戸建てのDuplexという造りの集合住宅。2階建てで家の広さはありますが、お庭も狭く、いままでの家と比べると・・・、ちょっと・・・。think

そこで、もう一つ気になる物件が・・・。それは、3月末に日本帰国となったCさんがレントしていたお家。我が家(元の)から歩いてすぐの一戸建て。house私としては、環境もほとんど変わらないし、お庭が広い一戸建てなので、かな~り気になる物件。Cさん宅にお電話して聞いてみたところ、どうも大家さんが売ることに決めて、数日前に仲介会社と契約をしたらしいとのこと。
ダメ元で大家さんに確認していただいたところ、Cさんのおかげで大家さんは前向きに検討してくださることに。その結果、週末土曜に大家さんにお会いする約束に。happy01

ということで、土曜日の朝。まずCさん宅(コチラが物件one)で、大家さんにお会いしました。少しお話をしてから、いまの家をどのように使っているのか(丁寧にきれいに使っているのか)知りたいと言われ、我が家(元の)に来ていただき、確認してもらいました。
それから、クレイグズ・リストにあったお家(コチラが物件two)へ。大家さんにお会いし、家の中を見せていただきました。

2件のうち、子供たちの意見は「学校が変わらなければどちらでもいい。2階が楽しいからtwoがいいかな・・・。smile」ダンナの意見は、「いままでと違う環境というのも面白いから、twoでもいいと思うけど。自分は家にそんなにいないから、結論は委ねる。」私の意見は、「やっぱり広いお庭の一戸建てoneがいいかな。環境(市)もかわらないし。」

ただ、oneはすでに売買の方向で話が進んでおり、大家さんは前向きに検討してくださることになったものの、仲介会社と違約金dollarが発生することになる場合は、やはり無理だということに。

そして、翌日。物件oneの大家さんからお電話をいただき、仲介会社との問題で、残念ながら無理だということに・・・。あと数日早ければ・・・ですが、仕方ありません。sadご縁がありませんでした。

まだ期限までは日数もありましたが、物件twoの大家さんは1週間以内にできるだけ早く決めてほしいということだったので、翌日twoの大家さんに連絡し、賃貸契約することになりました。happy01・・・それがいまの家です。housenew

いままでの家よりだいぶ狭くなりますが、家族5人で暮らすには十分な広さ。学校も変わらないし、お友達がすぐお向かいにいるという特典shineつき。smileクレイグズ・リストに一瞬載っただけで削除されてしまった物件をたまたま私が見つけたeyeというのも偶然だし、「For Japanese Family」とあったのには運命notesを感じたし、連絡がとれなくなったのにお友達が知っていたというのも驚きだったし。これも何かのご縁でしょうか。

ということで、なんとか家が決まり、無事賃貸契約を結びました。実は、急に引っ越すことになって、1週間で家が決まったという早業でした。coldsweats01

お次は、いよいよ引越し作業です。これがまた大変sweat01これについては、また次回。soon

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アメリカでのお引越し~ある日突然・・・編~

先週は暖かく、30度を超す暑~い日sunもありましたが、週末からまた急に涼しくなりました。今朝は寒いくらいです。sad皆様、体調を崩さないように気をつけましょうね。

以前ちょっと書きましたが、ちょうど1ヶ月前に引越しましたsign01house
まさかアメリカで引っ越すことになるとは、まったく夢にも思っておりませんでした。coldsweats01我が家にとって、突然降って沸いたようなお引越しsign03それはもう家族全員にとって、衝撃的な出来事でした。shock

ちょうど2ヶ月前の3月半ば。出社したダンナから電話がかかってきました。telephonenotes
ダンナ「急なんだけど、引っ越さなくちゃいけないんだけど・・・。」
 私 「えっsign02日本sign02帰国するのsign02
ダンナ「日本じゃないんだけど・・・。」
 私 「じゃあ、どこsign02アメリカsign02ちがう国sign02
ダンナ「アメリカだけど・・・。まあこの近くかな・・・。」
 私 「どういうことぉ~sign02

不動産仲介会社から、2ヵ月後までに退去するようにというメールが届いたのでした。
本当に急な話ですが、こちらでは何度も聞いたよくある話。理由はどうあれ、2ヶ月前に大家さんから退去するように言われたら、従うしかないのです。despair
「大家さんが家を売ることに決めたから、急に引っ越さなくちゃいけないの。」という話は、お友達から何度も聞いたことがありましたが、まさかうちがsign02shock

引越しの話を聞いた三男は、「このお家が大好きなのに~。おじいちゃんになって、死んじゃうまで、ず~っとこのお家にいたいよぉ~sweat01」と泣いておりました。weep
我が家はみんなこの家が大好きでした。househeart04環境もいいし、広いし、お家もお庭も大好きだったのです。happy01

大家さんはとてもいい方だし、結婚するときに建てたこの家を大切にしていたし、お金に困っているようなことはなさそうだし、まさか売るなんて考えられないsign03では、どうしてsign02think

仲介会社を通すのは面倒だからと、大家さんの連絡先は直接教えていただいておりました。いままでも直接大家さんと連絡を取り合っていたので、ダンナが「いままでありがとう。」というメールを送ったところ、大家さんからの返信でようやく事情がわかりました。flair

お子さんも独立され、広くて静かな山の中でたくさんの動物に囲まれて生活されている大家さんご夫婦。我が家から片道4時間近くかかるような大自然の中で生活されていましたが、娘さんが昨年二人目のお子さんを出産され、いろいろお忙しくなった様子を見て、大家さんの奥さんは、「娘さんの近くに住んで、娘さんを手伝いお孫さんの面倒をみたい。」と希望されたそうです。大家さんは現在の大自然の生活を続けたいとのことで、どうも奥様だけ戻ってこられるとか・・・。なるほどsign01それでは仕方ありません。think

ということで、突然のことですが、我が家は2ヶ月後までに引っ越さなければならなくなりました。いったいどうするのsign02sadsoon

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

キャンプ@New Brighton State Beach

日本ではGWshineも終わり、いつの間にかもう5月になりましたね。

我が家の突然の引越しもようやく落ち着き、新しい家もなんとか片付きました。newhouse
そして、GWの1週間、ダンナのお母さんと妹Nちゃんが我が家に遊びに来てくれました。airplanehappy01

日本ではGWですが、こちらでは関係なく学校も会社もあるので、いつもの慌しい1週間となってしまいましたが、週末だけはどこかに出かけようsign03ということで・・・。
なんとsign02今年最初のキャンプに行ってきましたsign03happy02
・・・って、ダンナのお母さんにとっては、人生で初めてテントで寝袋で寝ることに。coldsweats01ちょっと心配されておりましたが、いざsign01キャンプへsign03rvcardash

今回は我が家から車で1時間弱のキャンプ場New Brighton State Beachへ。我が家にとってはじめてのキャンプを体験した(記事はこちら。この時は日帰りでした。)思い出のキャンプ場です。confident今回は、車2台にわかれて出発です。rvcardashrvcardash

目的地は、サンタ・クルーズの近くハイウェイ17号を降りてすぐ。我が家から45分くらいで無事到着。チェックインをすませ、早速テントの設置を開始。今回は、大人4人なので、テントを組み立てるのも、いつもより早く完成sign03happy01

私たちが荷物を下ろし整理している横で、子供たちはミミズを発見し、なんとsign02ミミズを捕まえては虫かごへsweat02私がミミズ嫌いなのを知りながら、三男までもがニコニコしながらミミズを手に大喜びsmilenotesshock

このままミミズを捕まえていられては大変sweat01ということで、いざビーチへsign03wavehappy02この日はとってもいいお天気sunのビーチ日和。ビーチまではキャンプ場から歩いてすぐです。

2011_04_29_3072

ビーチは、すっかり夏のような賑わい。子供たちは大喜びで海に向かって駆け出しました。happy02

2011_04_29_3082

と思ったら、砂浜に隠れている虫を見つけて捕まえ始めました。coldsweats01どこに行っても虫sign02bleah海で波とたわむれ、砂浜で虫を捕まえ、そしてまた海で遊ぶwaveという繰り返しで、遊び続ける子供たち。smile(ランニング姿です。wink

2011_04_29_3102

夕方5時を過ぎた頃、ようやくテントに戻ることに。ダンナと妹Nちゃんは、ワインwineと薪の買出しに。お母さんと私が夕食の準備をする横で、子供たちは再びミミズ捕り。shock

準備も整い、夕食restaurantです。食べて飲んで、気づけばすっかり夜も更けて、空にはたくさんのお星さまshine

2011_04_29_2122

まだキャンプの時期にはちょっと早いですが、お天気もよく暖かかったので、初めてのテントに寝袋で寒さを心配していたお母さんもちゃんと眠れたようです。nighthappy01

翌朝起きてみると、テーブルにたくさんの足跡を発見shoeeye。犯人は、アライグマです。チェックインの時レンジャーさんにも言われましたが、夜食べ物を求めてアライグマが出てくるそうです。食べ物はみんな片付けておきましたが、ずいぶん歩き回って探したようで、テーブル中いたるところに足跡が残っておりました。bleah

のんびり朝食をとった後は、帰り仕度です。片付けも大人4人いると、いつもより早いです。片付けが終わったところで、車をビーチの駐車場に移動し、再びビーチで遊びます。happy02この日は、前日以上に暖かく、すっかり夏sunsportswave

子供たちはず~っとビーチで遊んでいそうだったので、ダンナとお母さん&妹Nちゃんは、近くのワイナリーwineに出かけることに。rvcardashワイナリー2つを巡る大人の旅の写真より。

2011_04_29_2502

残った子供たち&私は炎天下のビーチで、4時間余り過ごし、見事に日焼けいたしました。sunshadow家に帰ってみると、私の首、手の甲、足首から下は、日焼けで真っ赤coldsweats02。Tシャツを着ていた次男は無事でしたが、ランニング姿で遊んでいた三男は肩が痛~いweepと。そして、上半身裸で遊んでいた長男は、背中が痛~いdespairsweat01と真っ赤っ赤。

お天気にも恵まれ、楽しいキャンプとなりました。happy01はるばる日本から遊びに来てくれたお母さん&Nちゃんにも、カリフォルニアの夏を少し味わっていただけたかなsign02と思っております。confident

真っ赤だった長男の背中は、はじめて日焼けで皮がむけ、本人は鏡を見て「格好イイheart04」と喜んでおりました。smileカリフォルニアの陽射しは、やはり強いですね。sunwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »