« Oakland Zoo♪ | トップページ | クリスマス会☆ »

ハイキング@Stanford Dish  

Thanksgivingのお休みも今日が最後となりました。長男&次男は、9連休shine、ダンナも4連休notesという大型連休でしたが、今年の我が家は旅行にも行かず、のんびり(ダラダラsign02)過ごしました。wink
今年のThanksgivingには、はじめてターキー(ドラムスティック2本だけcoldsweats01)を焼いてみたり、解禁になったカニcancer(ダンジネスクラブ)を食べたり、ご馳走を食べてのんびりして、まるでお正月sign02のよう。今日は餅つき機で、おもちをついてお雑煮まで食べてしまいました。bleah

そんなダラダラしてばかりでは、いけないsign03ということで、お天気のよい金曜日、近くにハイキングに出かけました。run

向かったのは、スタンフォード大学の裏手にあるThe Dishというエリア。ここはスタンフォード大学の敷地ですが、一般に開放されており、フリーウェイ280号rvcardashを通ると見える大きなアンテナ(=The Dish)の周りを歩くハイキングコースになっています。(こちら)

我が家から車で20分ほどで、フリーウェイ280号近くの入口ゲートに到着しました。いよいよハイキングのスタートsign03です。

はじまりは、上り坂sweat01舗装された坂道を上っていると、草原ではたくさんのリスがチョロチョロ走り回っていました。このハイキングコースは、上り下りが多いということですが、なだらかな上り坂にだんだん疲れてきた頃sad、丘の上に大きなアンテナが見えてきました。写真右上にアンテナが見えてeyeきたのがわかりますか?
2010_11_26_0082
頑張ってアンテナのすぐ近くまで到着sign01happy01ちょうどクレーン車の上で、掃除かなにか作業をしている方がいました。
2010_11_26_0142

アンテナを通り過ぎると、分岐点がありました。ここからが周回コースになっています。runダンナの選択で左回りで周ることに。recycle

少し歩くと、見晴らしのよいところに出ました。すぐ下に広がるのはスタンフォード大学のキャンパスで、シンボルともいえるフーバータワーがそびえています。お天気もよかったので、サンフランシスコ湾まで見渡すことができました。happy01

2010_11_26_0182

見晴らしのよい下り坂を歩いていると、すぐ前にいた長男がなにやら発見sign03長男が教えてくれた方向を見ると、はやぶさが上空でハバーリングしていました。見ていると、はやぶさは草原に急降下し、そして再び上に上がった時にはしっかり獲物(おそらくネズミsign02)を掴んでいました。coldsweats02その後もはやぶさの狩りの場面には何度か遭遇しましたが、そんなに簡単に成功するわけではないようです。その瞬間を目撃した長男は、大喜びでした。happy02

2010_11_26_0242

大学近くまで下ると、またしても上り坂となります。この上り坂が一番大変でした。sadなんとか頑張って上ると、また広々としたサンフランシスコ湾の景色が見渡せました。そして、丘の上には、数々のアンテナが立っていました。いろいろな研究がされているのでしょうが、宇宙と交信しているsign02なんていう噂もあるとか。coldsweats02

2010_11_26_0372

日も暮れ始めたので、草原には鹿も出てきました。

2010_11_26_0362

ようやくThe Dishの分岐点まで戻ってきました。

2010_11_26_0382

この周回コースがおよそ4マイル(約6.4㎞)なのですが、我が家の車はここから片道1マイル(1.6㎞)のところに停めたので、あと1マイル歩かなければいけません。coldsweats01このエリアは、夕方5時まで(時期により異なります。)なので、日も暮れてきた帰り道を急ぎます。帰りは下り坂でちょっと嬉しいheart04happy01

2010_11_26_0402

すると、草原の中、私たちが行く道を横切るものが・・・sign03coldsweats02

2010_11_26_0432

バイソンsign02ではなく、牛taurusの群れです。どうも夕食の時間になり、放牧されたようです。私たちの前をジョギングしていた男性も、この状況で進むことができずストップdangerpaper子供たちはダンナが赤い服を着ていると、ちょっと動揺sweat02despair

群れが途切れたところで、前にいた男性が進もうとすると、後から来た牛たちが猛ダッシュdash前にいた男性も驚いて、再びストップdangercoldsweats01前にいた男性+我が家5人+後から来た女性で、牛が通り過ぎるのを待っていたところ、道を横切ろうとしていた牛が突然ストップし、私たちがいる方に向きを変え、後から来た牛たちと集まって何やらザワザワ騒ぎ出しましたsign02これには皆ビックリsign03coldsweats02牛と睨み合っていても仕方ないので、前にいた男性は走り出しました。我が家もいそいで続きますdash私も、恐怖で固まってしまった三男shockの手を引っ張って、急いでゲートの方へ走りました。

2010_11_26_0442

なんとか牛の恐怖から逃れた瞬間、三男は泣き出しましたsweat01cryingまさかハイキングの最後に牛と睨み合いになるとはsign02きっと牛たちも、人間の集団がいて驚いただけなのでしょうけど。bleah

予定では、4マイル1時間半のハイキングコースでしたが、遠いゲートに車を停めたため、6マイル2時間半のハイキングとなりました。上り下りの多いsweat01コースでしたが、ちょうどハイキング日和のよいお天気sunで、のんびり楽しめました。happy01大学のすぐ裏ということで、ジョギングやウォーキングをしている方がたくさんいました。家族連れはほとんどいませんでしたが、すべて舗装されている道なので、ベビーカーでお散歩している方に数組出会いました。

近くでよい運動ができてよかったのですが、日頃運動不足の私には上り下りのハイキングは少々きつかったようで・・・。翌日には筋肉痛impactとなってしまいました。翌日に出ただけ、喜ばなくてはsign02coldsweats01

|
|

« Oakland Zoo♪ | トップページ | クリスマス会☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/50161203

この記事へのトラックバック一覧です: ハイキング@Stanford Dish  :

« Oakland Zoo♪ | トップページ | クリスマス会☆ »