« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

バレンタイン♪

ずっと続いた雨も一休みとなり、今日はポカポカのよいお天気でした。sun

今日はバレンタインheart04ですね。アメリカでは、バレンタインは家族や友達など大好きなみんなに気持ちを伝え、プレゼントを贈る日です。学校でもクラスでカード交換などがあり、金曜日にはバレンタインheart01パーティーがありました。happy01

午前中は、次男のクラスでバレンタイン・パーティーでした。まずは外で遊びますnoteスクープ(ダンナ曰く、日本ではトラック・ボールというそうです。)というボール遊び。次男も楽しそうに遊んでいました。happy02

20100129_0712

そして、教室に入ってスナック・タイム。ポップコーン、プリッツェル、フルーツ、人参、ジュースなど。すでに教室内にはクラスみんなのバレンタイン・カードがそれぞれの袋にセットされていました。袋にたくさんのプレゼントを受け取って、次男も大喜びです。happy01カードのほか、お菓子(キャンデーやチョコなど)もたくさんもらい、鉛筆、消しゴム、メモ帳、ヨーヨーも。

20100129_0842

午後は、長男のクラスのバレンタイン・パーティーでした。が、次男&三男を連れてクラスに入っていられないので、学校の隣の公園で次男&三男を少し遊ばせてから、長男のクラスを見に行くことに。

先に公園に走って行った次男は、同じクラスのKくん&Jくんに会い、そのまま公園の広場に連れて行かれました。遠くから見ていると、なにやらKくんのパパが次男の腰にベルトのようなものを装着していました。何だろうsign02と見ていると、どうやらフットボールの練習のようです。次男はKくんパパから説明を聞いて、早速走り出しました。run

20100129_0852

フットボールが一段落したところで、次男&三男を連れて長男のクラスへ。すると、長男のクラスはちょうどプレイグランドで遊んでいました。smileクラスに行ってみると、もうすっかりパーティーは終わり、片付けも済み、子供たちは時間まで外で遊んでいるとのこと。coldsweats01次男&三男は、あまったジュースやフルーツをもらい、長男のクラスで飼っている蝶のサナギを観察し、ご機嫌です。happy01

あとから長男に聞いた話によると、ビンゴをしたり、クラフトをしたり、スナック(クッキーやチップス)を食べて、プレイグランドで遊んだそうです。今回は、何も見ることができませんでした。coldsweats01まあ2年生にもなると、長男も「来なくていいよ。」と言うのですけどね。wink

長男もプレゼントをもらって帰ってきました。お菓子が少ないと嘆いていましたが・・・。sad

20100129_0882

今年はどんなカードにしようか考え、クラス全員&先生へのカードを用意(次男も頑張って全員の名前を書きました。wink)し、パーティーのための寄付(今回は人参とジュース)を用意し、ようやくバレンタイン・パーティーが終わりました。confident

さて、我が家はポカポカ陽気のカリフォルニアから、明日日本に一時帰国する予定です。3年ぶりの日本の冬snow、寒いだろうなぁ~と覚悟しておりますが・・・。子供たちは雪が降るのを楽しみにしているようです。smileとりあえず、これから荷造り頑張りますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

動物がやってきた!

我が家の裏庭にあるオレンジもそろそろ食べごろsign02となってきました。早速食べてみると、ちょっと酸っぱいですが、美味しいheart04happy01今年はオレンジの実が小さいときに、リスか鳥がたくさん落としてしまい、あまり実がなりませんでした。残念ですが、仕方ないですね。despairレモンは豊作で、ちょこちょこ料理に使っております。無農薬(というか何もしておりません。wink)なので、皮も安心して使えるのが嬉しいですね。

さて、おととい学校から帰った次男が、「明日学校に動物が来るんだってsign03」と嬉しそうに話してくれました。happy01学校からのニュースレターmemoを見てみると、「”Wild Things” Assembly(Parents are always welcome)」と小さく書いてありました。

ということで、昨日三男を連れて学校に行ってきました。wink

キンダーから2年生までのショーの時間に行ったので、長男&次男と同じショーを見ることができました。レインフォレストにいる動物たちということで、ステージにはいろいろな動物が登場し、スタッフがその動物について詳しく説明してくれました。

まず最初は、タランチュラ。そしてこちらではお決まりのような・・・、マダガスカル・コックローチ(巨大ゴキブリ)。coldsweats01続いて、ワニの赤ちゃん。

20100129_0592

このへんから、子供たちは興奮し騒ぎ始めました。happy02お次は、イグアナ。

20100129_0612

そして、真っ白なオウム。一番前で見ていた次男の話によると、このオウムは途中でおしっこをしたそうです。「かからなくてよかった。」と言っていました。smile

20100129_0642

さて、次に登場した動物は・・・、私には何だかわからず。サル?カワウソ???これは、キンカジューという動物でした。アライグマ科の動物だそうで、別名「ハニー・ベア」と呼ばれるそうです。こちらで子供に人気の「ディエゴ」に登場したらしく、次男は知っておりました。

20100129_0672

そろそろショーも終わりかというところで、登場したのはヘビでした。子供たちも大喜びsign02

20100129_0692

このヘビはまだ赤ちゃんだということで、なんとsign03このあとステージ上に巨大なヘビが登場したのです。coldsweats02sweat01その大きいこと。ヘビのお腹まわりは、私の太ももくらいの太さでした。(かなり太いsign02)その巨大ヘビの写真は・・・。大変申し訳ございませんが、カメラのバッテリー充電切れのため撮影できませんでした。sad

次男の情報のおかげで、三男もいっしょにレインフォレストの動物たちを見ることができました。この日は、帰りの車でも家でも、子供たちは動物の話題で大盛り上がりnoteでした。happy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お料理教室

だいぶご無沙汰しておりました。もう2月となり、立春も過ぎましたね。今年の我が家の節分は、鬼役がいなかったこと、長男の日本語補習校があったことなどから、「豆まき」はせず豆を食べて終わってしまいました。coldsweats01

東京では先日雪snowが降ったとか。こちらでは雨は続いておりますが、我が家のガレージ横の水仙が昨日から一つ二つと花を咲かせはじめました。少しずつ春cherryblossomが近づいている感じがします。wink

さて、以前お魚屋さんについて書いたことがあります(コチラ)が、少し前から我が家のガレージを提供し、隔週でお魚屋さんfishを開いていただいております。事前にネットで注文したものの他、その日に市場で仕入れたものがお店に並べられるので、「これは何?」「どうやって食べたらいいの?」という会話がよく聞かれます。お魚屋さんはその都度オススメの料理法などを教えてくれるのですが、「ぜひお料理教室をやりましょうsign03」という話になり、ついにsign03我が家でお魚屋さんによるお料理教室を行うこととなりました。happy01

お料理教室当日。いつものようにお魚屋さんが来て、お魚の用意をしている時に、「ご飯は炊いておきましたが、他に何か用意しておいた方がいいですか?」と尋ねてみると、「あれっsign02今日sign02あっ、今日お料理教室ねsign03coldsweats02となにやら怪しい答えが・・・。「もしかして、忘れてましたsign02」と聞いてみると、やはりお魚屋さんはすっかり忘れていたようです。coldsweats01もともとその日に市場で仕入れた材料で何か作るということだったので、特に準備は不要なのですが・・・。「今日あんまり持ってきてないなぁ。何が残るかなぁ・・・?」とちょっと不安な雰囲気。とりあえず我が家の冷蔵庫の野菜などをチェックしましたが、あいにく我が家の冷蔵庫もかなり寂しい状態で・・・。coldsweats01

そんな状況とは知らずにwink、お客さん(=お料理教室の受講生shine)が集まりました。受講生は6人。みんなの買い物が終わったところで、お料理教室の始まりです。残ったものの中から、お魚屋さんはマグロ、はまち、筋子、小エビ、メカジキ、サーモンはらすを選び、他に必要な材料をパパッとあげ、受講生の一人に買いに行っていただくことに。ここからすごいスピードdashで調理が始まりました。coldsweats02

元シェフのお魚屋さんは、次々に調理をすすめていくので、私たちは何をしているのか見て、メモをとるのに精一杯。私はというと、「お鍋出して。」「お塩は?」「これはもう盛り付けて。」という声に、あっちに行ったりこっちに行ったりsweat01そして、あっという間に6品が完成sign03

新鮮な良い素材をつかって、シンプルで、かつ豪華に見える美味しいお料理を。ということで、特に難しいことはせずに、素晴らしいご馳走heart04が出来上がりました。good

20100129_0532

出来上がったところで、お魚屋さんは、「配達の約束があったんだsign03」と大慌てで行ってしまいました。(お料理教室のことを忘れていたから・・・。)残った私たちは早速ご馳走をいただくことに。restaurant途中2度ほどお魚屋さんから、「どう?美味しい???」という電話telephoneがありましたが、それはもう美味しかったですよぉ~note

お魚屋さんには、食材のお金moneybagをお支払いしただけで、タダで料理を作っていただいたようなもの。thinkお料理教室というか・・・、美味しいheart04楽しいnoteランチ会となりました。ご馳走様でしたsign03wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »