« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

パーティー&パーティー&パーティー

冬休みに入りました~happy01note子供たちの現地校では、最終日の金曜日にウィンター・パーティーが行われました。xmas

まず午前中はキンダーに通う次男のクラス。パーティーの時間より少し早めに行くと、次男のクラスはエクササイズ(体操)の時間でフラフープやドッジボールをしていました。動きまわった次男は冬snowだというのに、トレーナーを脱ぎ捨て半袖になっておりました。coldsweats01楽しそうに動き回った子供たちが教室に入り、いよいよパーティー開始です。
カップケーキやぶどう、リンゴ、人参、ポップコーンなどが配られ、みんなで楽しくパーティーです。最後は自分で絵を描いた紙袋にお菓子やおもちゃなどたくさんのプレゼントを入れてもらって終了。先生にカードを渡して、「Happy Holidaysign03」とお別れしてきました。

午後は長男のクラスへ。長男のクラスではスノーボール(おもちゃ)を箱に投げ入れるゲームをチーム対抗で行ったり、クリスマス定番のキャンディーケーン(杖の形のアメ)を使ってトナカイを作ったり。

2009_1218_0252

ゲームの結果発表で、自分のチームが優勝shineとなった長男は跳び上がって喜んでいました。happy02最後にお菓子や果物を食べ、紙袋にお土産をもらい終了。先生から一人一人に手作りのクッキーをいただきました。長男もカードを渡し、「Happy Holidaysign03」。

この日に向け、先生方へのカードを用意したり(用意させたり)、先生へのギフトを用意したり、クラスのパーティーへ寄付するものを用意したり、いろいろ忙しくしておりました。ようやく終わってホッとしました。wink

そして、夕方にはダンナの会社でクリスマス会がありました。美味しいご馳走(ダンナの会社の食堂は美味しいのですheart04)をいただき、社長をはじめ日頃ダンナがお世話になっている方々にご挨拶したり、知り合いの奥様方とお喋りしたり。

子供のためのスペースには、映画やクラフト、お絵描きなどがいろいろ用意されており、我が家の子供たちもず~っと遊んでおりました。なかでも子供たちに大人気だったのは、やはりバルーン・アートhappy02heart04

2009_1218_0302

最初は恥ずかしがっていた三男も、「何がいい?」「どの色がいい?」と聞かれて、自分でちゃんと答えていました。(えっ、英語わかるのsign02と、ちょっとビックリ。)写真は、三男がお願いした恐竜を作っているところです。完成したものは、こちらdown

2009_1218_0342

左から、恐竜(三男)、犬(長男)、オウム(次男)のバルーンです。バルーン・アートは何度か見ていますが、この方はかなり凝った作品を作るスゴイ方でした。一番の傑作は、社長のお嬢さんが作ってもらったタコだったかも。

いつまでも帰ろうとしない子供たちを連れ、お土産に残った食べ物をいただきbleah、帰宅しました。我が家のご近所のイルミネーションは、なかなかスゴイのですが、やはりお向かいのお宅は、今年もかわいいですね。flairshinexmasshineflair

2009_1213_0412

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お餅つき

長男が通う日本語補習校では、先々週の日曜日にクリスマス会xmasが行われましたが、先週日曜日はお餅つき会がありました。サッカーsoccerの練習後参加する予定でしたが、雨rainが続いたためサッカーがお休みとなり、1年生の集合時間にあわせて家族で参加してきました。

会場に入り、お餅つき会の流れにそってすすみます。まずはお餅つき。happy022009_1213_0023

会場内は熱気ムンムンで、ダンナのカメラのレンズもくもってしまいましたが・・・。despair長男はボランティアのお父さんに手伝っていただき、力いっぱいお餅つきです。sweat01

お餅つきの後は、手を洗い、つきたてのお餅を丸めることに。次男も参加させていただき、二人並んでお餅を丸めます。smile

2009_1213_0882

お餅つきは以前日本で経験したことがありましたが、お餅を丸めるのははじめてのこと。二人とも、砂場で泥団子を作る要領でbleah、お餅を丸めることができました。丸めたお餅は袋に入れてもらい、お持ち帰りのお土産となりました。happy01

楽しくお餅を丸めた後は、つきたての美味しいお餅heart04が入ったお雑煮をいただきますnote

2009_1213_0932

長男は、自分でお餅をついて丸めたということもあり、「美味しい~heart04」とおかわりまでいただきました。三男も美味しくいただきましたが、お雑煮があまり得意でない次男はせっかくのお餅もすすみません。despair次男の分はダンナが喜んでいただいておりました。good

せっかくなので、長男&次男が丸めてくれたお餅を夕ご飯にもいただきました。鍋にいれてお雑煮風にしたものと、まだやわらかいお餅に醤油をつけてのりで巻いたものに。お雑煮が苦手な次男も、醤油をつけてのりで巻いたお餅は大好きheart04「美味しい~sign03」と嬉しそうにたくさん食べました。happy02

みんなで美味しくいただき、この日お土産で持ち帰ったお餅もあっという間になくなってしまいました。つきたてのお餅は本当に美味しいですね。翌朝三男が、「今日もお兄ちゃんがお餅つきして、お昼ご飯にお餅が食べたいなぁ~。」と。smileそれくらい美味しかったということですね。wink

こちらではクリスマス・ムードは盛り上がっていても、日本のように年末sign01という感じはありません。お餅つき会で日本の年末年始の雰囲気を味わうことができた気がします。準備してくださった先生方、ボランティアの皆さん、ありがとうございました。confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クリスマス会

このところ寒い日が続き、雨が降ることも多かったのですが、昨日から少し寒さが和らいだようです。寒~い朝は、車(ガレージに入れていない)の窓ガラスが凍り、出発まで大忙しでした。coldsweats01

あっという間に、子供たちの学校もあと3日でお休みに入ります。イベントも多く、いろいろ忙しく過ごしておりますが、あとちょっとでお休み。クリスマスxmasにお正月bottleと続きますねnote

先々週の日曜日、長男が通う日本語補習校で一足早いクリスマス会がありました。

サッカーの練習を終えた長男を大急ぎで準備させ、家族で会場の教会へ向かいました。すでにたくさんの人で賑わう中、長男を生徒席に座らせ、私たちもなんとか座る場所を確保できました。

さあ、クリスマス会のはじまりです。まず幼稚園のかわいい年少さん&年中さんの歌からスタートです。wink次に年長さん。年長さんになると、しっかりして見えますね。confidentそして、いよいよ長男たち1年生の出番です。2年生と合同で、「まきびとひつじを」と「もろびとこぞりて」を合唱しました。総勢100人余の子供たちの歌は、教会で大きくきれいに響き、とっても上手でした。最前列で歌う長男も、楽しそうに大きな口を開けて歌っていました。noteshappy01

クリスマス会は、お話や牧師さんの歌と続き、最後は先生方のトーン・チャイムbellの美しい演奏で終了となりました。(3年生以上の高学年は第2部でした。)

帰りの車では、長男が「楽しかったsign01」と言いながら、「まきびとひつじを」の歌を歌っておりました。happy02notesクリスマス会に行くときは、あまり気が乗らないようで、「歌いたくないなぁ。」despairとグズグズ言っていたのが嘘のようですね。bleah

教会でのクリスマス会で、我が家もだいぶクリスマス・モードになりました。クリスマスまであと10日ですね。xmaspresentheart02happy01notesbell

2009_1206_0022

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

磯遊び@Moss Beach

こちらは月曜から急に寒くなり、一気に真冬になったようです。snowニュースによると、この寒気でベイエリアでも珍しく雪が降ったところもあったとか。近くの山もすっかり白い雪をかぶっています。

さて、のんびり過ごしたサンクス・ギビングの連休ですが、お天気がよかった日曜日だけちょっとお出かけしてきました。rvcardash向かった先は、ハーフムーン・ベイの少し北にあるMoss Beach。我が家から車で1時間ほどのところです。

Moss Beachは、植物と動物の保護区となっている遊泳禁止のビーチ。干潮の時に訪れると、岩場にできたタイドプールで様々な生き物が観察できるのです。この日の干潮は午後2時半頃だったので、1時過ぎにビーチに到着しました。wave

2009_1129_1972

穏やかなよいお天気だったこの日、すでにビーチにはたくさんの人がいました。みなさん、岩場で磯遊びです。我が家の子供たちも待ちきれない様子happy02でしたが、まず長靴に履き替えてから海へGOsign03

岩場は海草もたくさんあり滑りやすいので、気をつけながら進みます。少し進むと近くでなにやら人だかりが・・・。ビーチに駐在するNaturalistの方を囲んで人が集まっていました。とりあえず行ってみることに。wink

と、岩場のタイドプールの中にいたのは、大きなヒトデでした。

2009_1129_0142

その周りにも、たくさんのムール貝があったり、

2009_1129_0292

水の中をよぉ~く見ると、小さな魚fishや小エビ、ヤドカリも。

2009_1129_2102

ふと私の目にとまったのは、緑色のこれdown恐る恐る触ってみると、ブニョブニョsweat02です。

2009_1129_2122

ちょうど近くを通ったNaturalistの方に尋ねてみると・・・、

2009_1129_0112

Green Anemone(グリーン・アネモネ)=イソギンチャクでした。よく見ると、あちこちに大きなイソギンチャクが。親切なNaturalistの方に、長男が「ウニはどこにいるの?」と尋ねたところ、少し歩いたところのタイドプールにいると教えていただきました。早速教えていただいた方へGOsign03

岩場を離れ、アザラシを見ながら砂浜を歩いていきました。

2009_1129_0402

すると、岩場というより海草の草原のようなところに。

2009_1129_2182

干潮時だから見れる景色です。ヒトデもこんな風にいるので踏んでしまいそうshoesweat01

2009_1129_2172

海草がびっしりのこの場所はよく滑るし、水も多いので、疲れてきた三男はず~っとダッコになってしまいました。bearing三男をダッコして、気をつけながら進みます。と、ついにウニを発見sign03

2009_1129_0582

「ウニだぁ~sign01」と喜んでいたところ、隣に来たアメリカ人sign02のお兄さんが私に「ウニsign03ウニsign03」と日本語で話しかけてきました。お寿司が好きな方にはわかるのかしらsign02bleahよく見ると、水の中にもウニがびっしり並んでいました。写真を撮ろうとした瞬間、大きな波が来てウニがよく見えなくなってしまいましたが・・・。(私の足も濡れてしまいましたsweat02

2009_1129_2242

さすがにNaturalistの方は、私たちが見逃してしまうようなものを見つけて教えてくださいます。こんな小さなカニも。

2009_1129_2192

そして、いままで見つけたのとは違う種類のヒトデを子供たちの手に乗せてくれました。

2009_1129_0652

かなり歩きまわり疲れてきたので、砂浜に戻りちょっと休憩。岩場ではずっとダッコだった三男も砂浜では元気に走り回ります。おやつの後、ダンナと長男&次男は再び岩場に遊びに行きましたが、三男はすっかり砂遊びです。smile

4時頃になり少し寒くなってきたので、今度は少しビーチを上り、遊歩道を散歩しながら夕暮れの景色を楽しみました。ゴロゴロ寝ているのはアザラシです。

2009_1129_1272

すっかり寒くなったので、すぐ近くの港Princetonであたたかいクラムチャウダーを食べお腹いっぱいになってから帰途につきました。帰りの車では遊びつかれた子供たちが予想通り爆睡sleepy。子供たちは、自然の生き物を自分で探し、見て、触ることができるこのビーチを満喫したようです。一味違った海を楽しむことができました。happy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホリデー・シーズン

大変ご無沙汰しておりました。早いものでいつの間にか12月となっていましたね。coldsweats01

気づけばどこもかしこもすっかりクリスマスbellという感じになっております。ハロウィンの時にはパンプキン・パッチだった空き地はクリスマス・ツリーxmasのお店になり、ご近所もあちこちでクリスマスの飾りつけやライト・アップflairが始まっております。我が家も遅ればせながら週末に飾り付けをし、だいぶクリスマスらしくなってきました。wink

こちらではハロウィンからニュー・イヤーまで、一気にホリデー・シーズンsign03です。happy0211月第4木曜日はサンクス・ギビングで、アメリカでは大きな連休noteがありました。家族や友人で集まりターキー(七面鳥)を食べるサンクス・ギビングですが、我が家はの~んびりと家族で手巻寿司パーティーで過ごしました。

というのも・・・サンクス・ギビングまでの間、子供たちが順番に熱を出しておりました。wobblyハロウィンの時にも長男が熱を出しましたが、11月に入ってからまず次男が熱を出しました。

健康がとりえの我が家の子供たちの中でも一番元気な次男は、生まれてから5歳のいままで病気で病院のお世話になったことがありませんでした。熱を出したことも2回くらいで、薬も飲まず一晩寝れば治ってしまうというくらいでした。その次男が急に39度以上の熱を出し、結局39度以上の高熱が6日間も続くことに・・・。sad病院でインフルエンザの簡易検査をした結果は陰性でしたが、おそらくインフルエンザではないかsign02と。こちらではタミフルはもう少ないようで、次男も市販の解熱剤を飲んで様子を見るということだけでしたが、幸い熱があっても元気smileだったsign02ので、お医者さんも不思議がっていらっしゃいました。think

次男がやっと学校に行けるという朝、長男が熱を出しました。sad長男は解熱剤を飲んでもあまり熱が下がらず食欲もなかったので、病院で早めに診察していただきました。インフルエンザの簡易検査では陰性でしたが、やはりインフルエンザsign02ということで、タミフルを処方していただきました。次男の高熱が長く続いたので、すぐにタミフルを処方してもらえたようです。

そして長男の熱が少し落ち着いた頃、ついに三男が熱を出しました。sadが、三男は解熱剤を飲むとすぐに熱も下がり(薬が効いているうちは)、食欲もあり、とっても元気sign02smileやはり5日間は39度以上の高熱が続きましたが、解熱剤ですぐ熱が下がるので病気とは思えないほど。三男は結膜炎にもなってしまい、すべて治るまでにはやはり1週間かかりました。

ということで、3人連続で2週間余りにわたって熱を出しておりました。その間、私は病院に3回連れて行った以外、ず~っと家にこもる看病生活を送ることに。子供(元気な方)のお迎えや長男の(元気な時の)日本語補習校の送り迎え、食料品の買い物など、お友達に大変お世話になり、本当に助かりました。ありがとうございました。happy01

子供たちの病気のタイミングや順番もよかった?ようで、子供たちは遠足にもお友達のお誕生会にも参加することができました。winkそして、学校をお休みした間のたぁ~くさんの宿題shock(特に長男の現地校&日本語補習校の山fujiのような)も、サンクス・ギビングの連休のおかげで無事片付けることができました。coldsweats01

サンクス・ギビングは、ダンナと私が熱を出す番かsign02とヒヤヒヤしましたが、ちょっと疲れて風邪かしらというくらいでなんとか乗り切ることができました。happy01皆様もこれから年末に向けてなにかと忙しい時期、お身体にはくれぐれも気をつけてお過ごしください。

裏庭の松の木に柿が・・・。リスが置いていったのでしょうね。

2009_112028_0012

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »