« プレゼント | トップページ | Birthday Party@プール &夏祭り »

ヒナ

我が家の軒下にスズメくらいの小さい鳥の巣があることは以前書きましたが、10日ほど前に2羽のヒナchickが孵ったようです。(6月に3羽巣立ったばかりなのですけど・・・。)普段は静かなのですが、親鳥がエサを運んできたときには、かわいい声でピーピー鳴いております。下の写真で少~し見えるヒナがわかっていただけますでしょうかsign02

2009_07_2531_1212

この写真は、生後3日目くらいのものです。日に日に元気に大きくなっているようで、かわいい鳴き声もだんだん大きくなってきています。そして今朝からいよいよ飛ぶ練習を開始したようです。

我が家の裏庭の松の木には、ハトが巣を作り2つの卵を温めているということも以前書きましたね。その後のお話です。

先週の日曜日、遅めの朝食をすませ、洗濯物を干すために裏庭に出ました。いつものようにハトの卵が孵っていないか覗いてeyeみたところ、巣にはハトの姿がありません。よく見ると、ハトの巣が少し壊れていました。卵はsign02と思って、巣をよぉ~く覗き込んでも2つともありませんでした。ふと足元を見ると、なんとsign03割れた卵の殻とヒナが1羽落ちているではありませんかsign03coldsweats02

ヒナをよぉ~く見てみると、ちゃんと動いています。状況から考えると、卵のまま巣から落ちて孵ったのかもしれません。お母さん鳩ともう一つの卵は見つけることができません。そして、上空を仰ぐと、鷹が1羽飛んでいました。もしかしたら、また鷹に襲われてしまったのかも・・・。shock

鷹が姿を消したと思ったら、お父さん鳩らしき鳩がやってきて電線にとまりました。そこで、とりあえず落ちてしまっていたヒナを巣に戻すことにしました。私の手のひらに乗せてみると、まだ目も開かない生まれたばかりのヒナは、想像以上に小さくて軽く弱々しいものでした。

2009_07_2531_0472

壊れかけた巣を少し修復し、なんとかヒナを巣に戻しました。お父さん鳩が近づけるように、あまり近づきすぎないように気をつけながら様子を伺っていましたが、お父さん鳩は一向に巣に近づきません。ヒナに気づかないのか、やはりお母さん鳩でないとダメなのか・・・。despair

しばらくしてお父さん鳩はどこかに飛んでいってしまいました。私もどうしようか考えthink、念のためインターネットpcで野鳥の保護方法などを調べてみました。保温が大切だというので、ティッシュを使って巣から落ちないための補強とヒナの保温を試みました。また、リスが松の実を狙って松の木に登って行ったのを見つけて、リスを追い払ったり・・・。生まれたばかりのヒナを保護してきちんと育てる自信もなかったので、あとはお母さん鳩が戻ってきてくれるのを祈るのみでした。

やきもきしながらsad数時間経った頃、お母さん鳩とお父さん鳩らしき鳩が我が家の塀の上に戻ってきました。happy01「よかった~sign03」と子供たちと喜びつつ、できるだけ近づき過ぎないように窓越しに様子を伺っていました。2羽の鳩は無事再会したことを喜んでいるかのようにしばらく塀の上で、寄り添い鳴いていました。しかし、「早く巣に行ってあげてsign04sign03」という私たちの願いは届かず、2羽の鳩はどこかに飛んでいってしまいました。bearing

もう夕方近くになり、ヒナは巣で一晩越すことはできないだろうと判断し、とりあえず家でヒナを保護する準備をして庭に出たところ、なんとsign02ヒナは再び地面に落ちてしまっていました。shock

いそいで近づくと、まだヒナは弱々しく動いています。用意した箱に入れ、温めた砂糖水をくちばしにつけてあげたのですが、まったく飲もうとしません。そして、弱々しく動いていたヒナはまったく動かなくなってしまいました。despair

生まれたばかりのヒナは、おそらく一度もお母さん鳩の温かさを感じることはできなかったでしょう。お母さん鳩も、何があったのか推測しかできませんが、おそらくヒナが卵から孵ったことを知らなかったのでしょう。もう少し早くヒナを保護してあげればよかったのか・・・。という思いもあります。

かわいそうなヒナは、巣があった我が家の裏庭の松の木の根元に埋葬しました。仲睦ましいつがいの鳩の姿も、裏庭で見ることはなくなりました。

2009_07_2531_0482

|
|

« プレゼント | トップページ | Birthday Party@プール &夏祭り »

コメント

鳩の赤ちゃんは、可哀想でしたね。鷹やリスの天敵のいる所で無事に巣立つ事は、本当に大変ですね!この上は、軒下の小鳥ちゃんが、無事に巣立つといいですね。軒下は木の上に比べれば、大分安全そうには見えますが…。夏休みのお子さん達の生きた良い教材になりましたね〜。鈴虫の観察も忘れないでね!

投稿: Toyo | 2009年8月 9日 (日) 17時21分

軒下の小鳥chickは、かなり安全な場所だと思います。が、先日ご近所のネコcatが、鳥の巣をじ~っと見つめながら我が家の軒下に座りこんでいました。慌てて裏庭に出てネコに動いてもらいましたが、何度も戻ってきていました。coldsweats02
もうヒナも飛ぶ練習を始めたので、巣から落ちて・・・ということはないと思いますが、無事巣立つといいですね。
少し前に脱皮したばかりの白いスズムシを見つけ、子供たちと観察しました。抜け殻も見つけましたが、子供たちは抜け殻を裏庭の蟻のところに持って行き、蟻がスズムシの抜け殻を食べたり巣に運ぶ様子をず~っと観察していました。蟻にプレゼントするという発想は、私には思いつきませんでしたね。coldsweats01

投稿: bun2 | 2009年8月10日 (月) 04時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/45870589

この記事へのトラックバック一覧です: ヒナ:

« プレゼント | トップページ | Birthday Party@プール &夏祭り »