« ラスベガス&グランド・サークル~5日目 | トップページ | ラスベガス&グランド・サークル~7日目 »

ラスベガス&グランド・サークル~6日目

グランド・サークルの旅も終わりが近づいてきました。この日グランド・キャニオンから再びラスベガスに移動するとグランド・サークルをグルッと一周したことになります。

グランド・キャニオンでの朝。日の出を見るのは断念したので、ゆっくり起床。日の入りを見に行ったときに思いましたが、グランド・キャニオンはとても広いし、人も多いので、ポイントに移動するのに時間がかかります。マイカーで行けるポイントも駐車場の空きを探すのに一苦労。ということで、この日は無料シャトルバスbusを利用し移動することに。

ロッジをチェック・アウトしてから、ジェネラル・ストアで朝食を買い、シャトルバス乗り場に。そこで、ショックな掲示を発見sign03この日シャトルバスでしか行けないウエスト・リムのバスは午後1時までお休みとのこと。sadウエスト・リムはビュー・ポイントがコンパクトにまとまっているグランド・キャニオンの人気エリア。この日は午前中ウエスト・リムを楽しんで午後早い時間にはラスベガスに向けて出発する予定だったのですが・・・。think

仕方ないので、バスが運行しているルートにあるMather Pointへ。バスはMather Point近くのビジターセンターに到着。そこからポイントまで少し歩きます。ビジターセンターにはグランド・キャニオンに関するいろいろな情報がわかりやすく展示されていました。長男のたっての希望で、ダンナと長男&次男はビジターセンター内を見学。それからMather Pointを目指します。日差しも強く、朝から暑いので、子供たちはすでにバテ気味。sadMather Pointに到着してから、まずはベンチに座って朝食をいただきました。素晴らしい景色を見ながら気持ちよく朝食をという予定でしたが、とにかく人がたくさんいるし、見晴らしのよいベンチは空いておらず、ちょっと残念。despair

Mather Point

2009_08_1118_10002

子供たちは景色よりコンドルに夢中。smile

2009_08_1118_10532

ウエスト・リムのバスが運行開始する時間まではまだまだ・・・。とりあえず、ウエスト・リムのバス乗り場近くまでバスで移動することにしました。Bright Angel Lodge前でバスを降り、歩いて行けるLookout Studioまで行ってみることに。Bright Angel Lodgeの周りにはロッジがいくつか並んでいます。本当はこの辺りに宿泊したかったのですが、1ヶ月前では空きがありませんでした。この辺りのロッジだったら、ロッジのすぐ裏でグランド・キャニオンの素晴らしい景色を眺めることもできたのに・・・。う~ん、残念。despair

Lookout StudioはBright Angel Lodgeから歩いてすぐ。

2009_08_1118_10232

ロッジの裏庭ではたくさんの人がランチを楽しんでいました。私たちもランチを買ってそこでいただくことに。あちこちでリスやRavenというカラスのような鳥が、人間の食べ物を狙っていました。eye野生のリスは狂犬病ウイルスなどを持っていることがあるので、普段から絶対触らないようにと言われている我が家の子供たちは、リスにエサをあげたり触っている観光客を不思議そうに見ていました。gawk

ウエスト・リムのバスが運行開始する午後1時が近づいたので、バス乗り場に移動することに。すると、道路沿いにはたくさんのひと、人、ヒト。「何だろうsign02」と、みんなが眺めている方を見ていると、数台の警察バイクを先頭にたくさんの黒塗りの車がゆっくり走ってきました。

2009_08_1118_10372

車に乗っていたのは、なんとsign03アメリカ合衆国の大統領オバマ氏でした。coldsweats02ビックリsign03夏休みの家族旅行でグランド・キャニオンに遊びに来ていたそうです。シャトルバスが1時までお休みしていたのは、オバマ氏家族のためだったということですね。オバマ氏ご一行の車列を見送り(ダンナががんばって写真を撮りましたが、写真ではちょうどオバマ氏が隠れてしまっていました。)、ようやく一般人が乗るバスが運行開始となりました。busdash

が、バスを待つ長蛇の列。運転手さんはしっかり人数を確認して座席数しか乗せないので、なかなか列も進みません。臨時のバスをだしてくれるわけでもなく、バス停で30分以上待つことに。sadようやくバスに乗れた時には、すでに午後2時。ゆっくり観光している時間もないので、Hopi Pointでバスを降りることにしました。Hopi Pointは、渓谷の方向に突き出たビューポイントなので、グランド・キャニオンの景色が見渡せ、コロラド川が流れる様子も見ることができます。

2009_08_1118_10702

バスが運行開始したばかりで、ほとんどの乗客はバスで一番奥のポイントまで行くのか、ここで下車したのは我が家くらい。観光客の多いグランド・キャニオンで、ようやく静かに景色を楽しむことができました。happy01といっても、我が家の子供たちはすでに疲れて騒ぎ始めておりましたが・・・。bearing

ウエスト・リムから帰る方向のシャトルバスは、決まったバス停にしか停まりません。Hopi Pointには帰りのバスが来ないので、隣のPowell Pointまでキャニオンを見ながらトレイルを楽しみました。この2つのポイント間のトレイルコースは500mと短く、子供たちでも大丈夫。せっかくなので、トレイルを歩きながらゆっくり景色を楽しみたいところでしたが、まだ小さい子供を3人連れては難しいですね。think

2009_08_1118_11002

Powell Pointに到着。

2009_08_1118_11072_2

この景色でグランド・キャニオンにお別れです。帰りはバスを乗り継ぎ、車を停めておいた駐車場へ。家から持ってきた水や飲み物も底をついたので、少し買い物をし、出発する時にはすでに午後4時半。これからラスベガスまでおよそ450km、がんばって暗くなる前に到着したいところです。

グランド・キャニオンの南口からグランド・キャニオンを出てすぐに、道路脇に大きなムース(ヘラジカ)が一匹。写真は撮れませんでしたが、自然の世界から都会ラスベガスに向かう最後にムースを見ることができました。happy01

グランド・キャニオンからラスベガスまではひたすら西に向かいます。ちょうど夕方。西日が眩しくて運転するのも大変です。休むことなく3時間近く運転し、ようやく北に向かって車が走り始めた頃、日が暮れてきました。できるだけ真っ暗になる前に到着したいと山道を上り始めたところ、道路工事のため片側1車線の対面通行になってしまいました。車もなかなか進まず、あたりはすっかり暗くなってしまいました。そして山道を上りきったところには、なんと検問所がsign02アメリカではじめての検問を経験することに。何も悪いことをしていなくても、緊張します。coldsweats02

どうしてこんなところに検問所がsign02と思っていたら、無事検問を過ぎたところで見えてきたのは、Hoover Dam(フーバー・ダム)。1931年着工、1935年完成という歴史あるダムで、アメリカ合衆国国定歴史建造物にも指定されています。ちょうどアリゾナ州とネバダ州の州境、山道を上ったところにダムがありました。せっかくなので駐車場に車をとめ、夜のダム見学です。もう暗いのに、たくさんの人が車を停めてダムを見学しています。大きい観光バスもやってきました。

2009_08_1118_11252

休みなしで4時間運転し、最後の山道&検問ですっかり疲れ果ててしまったので、ここでダンナと運転を交替。ここからラスベガスまでは1時間弱のはず。しばらく走ると、真っ暗の中、ラスベガスの街のネオンが見えてきました。やはりラスベガスは都会ですねぇ。もうすぐ到着と思ったら、道を間違えてちょっと遠回り。coldsweats01遠回りしているうちに、グラグラだった長男の歯が抜けました。smile

この日宿泊するホテルは、マンダレイ・ベイ。やはり駐車場からフロントまでは、レストラン街やカジノをず~っと通り抜けて行くので遠いsign01三男を抱えて、荷物を持って、長男&次男を連れて歩くのは一苦労です。無事チェック・インして、部屋に入ったときにはすでに10時近くになっていました。wobbly

とりあえず夕食をとレストラン街に行ったものの、バフェなどほとんどのお店がすでにCLOSE。仕方ないので、サラダとドーナツ、フルーツを買い、部屋で食べることに。部屋は比較的新しくきれいで、落ち着いた感じ。ラスベガスではホテルも多いため、このホテルが今回の旅行で一番安い宿でした。モニュメント・バレーのホテルの半額以下ですsign01

2009_08_1118_2642_2

翌日は1日ラスベガス観光。この旅で唯一、車を運転しなくてよい日です。グランド・キャニオンからラスベガスの運転ですっかり疲れ果てた私には嬉しい限りです。でも、その代わりあんなにたくさん歩くことになるなんて・・・。shocksoon

|
|

« ラスベガス&グランド・サークル~5日目 | トップページ | ラスベガス&グランド・サークル~7日目 »

コメント

6日間分読ませてもらいましたがどれもこれも景色が壮大で圧倒されます。グランドキャニオン以外にも色々と自然の見どころが満載とは知りませんでした。写真でこうなのですからナマでみたらさぞや感動的でしょうね。ご長男の歯がもう少し早く抜けて広大なグランドキャニオンに投げてこられると良かったですね。

投稿: nat | 2009年9月 1日 (火) 22時06分

私もグランド・キャニオンくらいしか名前を知りませんでしたが、グランド・サークルには素晴らしい景色を楽しめる場所がたくさんあります。グランド・キャニオンはラスベガスから日帰りツアーもあり、比較的訪れやすいのでやはり人気ですね。グランド・サークルを廻ろうと思うと、やはり車rvcarでないと難しいですからね。
時間の関係で私たちが訪れることができなかったアーチーズ国立公園も『インディ・ジョーンズ~最後の聖戦』の舞台となったところで、壮大な自然を楽しめるそうですよ。

投稿: bun2 | 2009年9月 2日 (水) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/46066483

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガス&グランド・サークル~6日目:

« ラスベガス&グランド・サークル~5日目 | トップページ | ラスベガス&グランド・サークル~7日目 »