« スズムシのエサ | トップページ | ダチョウの卵 »

新しいペット?

日本では梅雨も明け、夏休みに入り、すっかり夏本番waveですね。こちらではすでに夏休みも後半です。

長男は昨日から日本語補習校の夏期講座に通い始めました。夏期講座と言っても、1学期後半という位置づけだそうです。いつもは週2回現地校終了後3時間ほど通うだけの学校に、毎日朝8時45分から午後3時45分まで通うことになるので、2週間の夏期講座は通常の2ヶ月分にあたります。長男は「楽しかった。」happy01と帰ってきましたが、宿題もあるし、勉強もがんばってもらわなくては。bookpencil

さて、先週末の土曜日、我が家では生き物sign02に関するいろいろな出来事が続きました。

まず、朝食の時。「ドンimpactsign03」という大きな音がして、窓ガラスに何かぶつかりました。ぶつかったのは、ハトでした。実は、1週間ほど前からハトの夫婦が我が家の裏庭の松の木で巣作りをはじめ、卵を生むための準備をしていたのです。目撃eyeしていたダンナの話によると、鷹が上空から飛んできて巣にいたハトを襲ったのだそうです。coldsweats02慌てたハトは我が家の窓ガラスにぶつかり、どこかに飛んで行きました。襲いかかった鷹(小さいのでハヤブサ?)は、しばらく我が家の裏庭の上の電線にとまっていましたが、私がカメラを構えたところで飛んでいってしまいました。despair

数日前からじっと巣で丸まっていたハトはおそらくお母さん鳩。少ししてからお父さん鳩(たぶん)が、やってきて巣の近くで待っていましたが、お母さん鳩は帰ってきません。私も気になったので、近くから巣をのぞいてeyeみると、巣の中に白いものがsign01ダンナを呼んで見てもらうと、やはり卵でした。

2009_07_0711_0422

お父さん鳩は、巣の近くでお母さん鳩を待っているものの、巣の中に入って卵を温めようとはしません。このままお母さん鳩が帰って来ないと、この2つの卵はどうなってしまうのか・・・。despair

代わりに卵を温めてあげようかなどと真剣に考え始めていたところ、お母さん鳩が無事に帰ってきました。見たところ、怪我もない様子。お母さん鳩はまた巣に戻り、卵を抱いて丸くなりました。これで一安心です。coldsweats01

2009_07_0711_0432

でも、またいつ鷹が襲ってくるかわからないですよね。いまから別のところに移動することもできないでしょうが、 何故我が家の裏庭のこんなところに巣を作ったのかsign02我が家の軒下にはスズメくらいの小さいトリの巣もあります。毎年ここでヒナが孵っているようで、今年も6月には3羽のヒナがかわいい声で鳴いていました。すでに巣立っていったようですが、時々この巣に戻ってきています。ハトのヒナが孵るまであとどれくらいかわかりませんが、無事かわいいヒナchickが生まれて巣立っていきますように。confident

土曜日の午後、久しぶり(11月のギルロイ・アウトレット以来sign02)に家族で買い物に行きました。向かった先は、車で20分くらいのアウトレットGreat Mall。子供3人をダンナと分担しながら、興味のあるショップを覗いてまわりました。すると、長男&次男が通路沿いの出店で見つけたものに大興奮sign03happy02何だろうと見てみると、なんとそこで売られていたのは、ヤドカリでした。それもみな貝にカラフルな絵artが描かれていました。長男&次男は一番前で食い入るように見つめています。そして、予想通りのことが・・・。「欲しいよ~。買ってsign04sign03」と騒ぎ出しました。bearing何度も言い聞かせましたが、長男はどうしても欲しいようで、諦めません。そして、我が家の新しい一員となったのがこちらのヤドカリです。

2009_07_0711_0442

青いサッカーボール&黄色のバットマン(ちょっとわかりずらいですが、バットマンが描いてあります。)です。左上にあるのが、ヤドカリのエサ。このヤドカリくんたち、30年生きるそうですが、いま何歳なのかは不明。大きくなったら新しい家となる貝を探さなくてはいけません。まさかアウトレットに行ってヤドカリを買って帰ることになるとは・・・。think

夕方買い物から帰り、ダンナ&長男(次男&三男はお昼寝中sleepy)がヤドカリのための家?を作っていたところ、ふと耳earを澄ますと、「リーン、リーンnotes」という音bellが聞こえてきました。大急ぎで長男を呼びスズムシのいる部屋にソォ~ット近づくと、まだ1匹だけのようですがたしかにスズムシが鳴いているではありませんかsign02子供たちがヤドカリに夢中になって騒いでいる時に、「スズムシも忘れないで~sign01」とでも言うかのように鳴きだしました。

私としては、いままで1ヶ月間お世話してきたスズムシが大きくなって鳴きだしたのは、とても嬉しい出来事だったのですが、子供たちには目新しいヤドカリの方が興味深いようです。どうも我が家のスズムシ担当は、私のようですね。そして、ヤドカリ担当はダンナということで。子供たちも責任持って生き物のお世話ができるように育ってもらいたいものですね。think

|
|

« スズムシのエサ | トップページ | ダチョウの卵 »

コメント

リスがやって来たり、小鳥や鳩が巣をかけたりとお宅の庭はお子さん達の自然観察には理想的な環境のようで何よりですね!写真で見ると白い鳩で、日本で良く見る土鳩とは異なり、いかにも平和の使者という感じで、無事に雛になり巣立ちが出来るといいですね!
サッカーボールとバッドマンのカラフルなヤドカリさん、いかにもアメリカ的で面白いこと。鈴虫も鳴き出したようでママは家族の他にも餌やりが増えてたいへんですね〜。かつお節もあげるとよく鳴くそうですが…。ご健闘を祈ります。

投稿: Toyo | 2009年7月22日 (水) 16時54分

ハトは日本と同じようなグレイなのですが、ちょっと小さめで少し違う種類のようです。鳴き声もほとんど聞こえず、いまはお母さん鳩がひたすら巣で丸くなっているだけなので、私は時々様子を伺っております。eye
スズムシは夕方からかわいい音色bellnotesで楽しませてくれます。かつお節というのは、ダンナも言っておりました。
みんな無事に育ってくれることを祈るばかりです。confident

投稿: bun2 | 2009年7月23日 (木) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515750/45693666

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいペット?:

« スズムシのエサ | トップページ | ダチョウの卵 »