2017冬@Disney California Adventure

2日目は、ディズニーランドの向かい側、ディズニーのカリフォルニア・アドベンチャーへ。
朝9時開園のところ、前日の疲れもあって、9時10分頃ホテルを出発。ディズニーランドは、8時開園だということもあり、ゲート前は前日のような混雑もなく、スムーズにボディチェックを終え、入場。私は、前日歩きすぎたため足が痛く、この日はまず三男とダンナがファストパスを取りに行ってくれました。

ちょっと曇り空。

Img_2231

シンボルのようなミッキーの観覧車。実は、固定の観覧車と、移動する観覧車の2タイプありました。我が家は、移動式の観覧車に挑戦しましたが、動き出すと同時にユラユラし、三男が叫び続けることに。観覧車ごと動いてユラユラし続けるのは、結構コワイです。
Img_2239_2
観覧車で叫び続けすっかり弱腰になった三男は、決して挑戦しませんでしたが、長男&次男は、ジェットコースターがお気に入り。空いていたこともあり、結局4回も乗っていました。私も1回乗りましたが、水上でスタートする時のスピードがとても速くて、そのまま一気にアップダウンや一回転するので、ちょっと気持ち悪くなってしまいました。楽しかったですけどね。
Img_2277
カリフォルニアの海岸沿いをイメージした場所もあり、サンフランシスコで有名なクラムチャウダーやギラデリのチョコ、カリフォルニアの地ビールやワインも楽しめるお店が並んでいました。
Img_2285_2
子供たちも私も、ディズニーランドに行くと言うと、みんなに勧められたのが、カーズのアトラクション。一番人気なだけあって、すごい行列でした。朝ファストパスを取って乗りましたが、午後にはファストパスも売り切れていました。
カーズの世界が再現された中、車に乗ってレースするのですが、みんなのオススメだけあって、とっても楽しかったです。
Img_2289_2
町並みもカーズの世界が再現されていて、素晴らしかったです。そこに、急にカーズのマックイーンが現れた時には、びっくりしました。
Img_2312_3
メーターもサンタ帽をかぶって登場しました。
Img_2346_4

カリフォルニア・アドベンチャーのアトラクションは、あまりディズニー色が強くないのですが、ショーを終えたミッキーがケーブルカーに乗って通ることもありました。
Img_2386_2

暗くなった頃、次男がお腹が痛いと言い出しました。とりあえず、レストランに入り暖かいところで休憩。ハンバーガー&ポテトを食べたら、次男はすっかり元気になり、暗い中、アスレチックで登ったり下りたり走り回っていました。
そして、やはり夜のショーWorld of Color「 Season of Light」は、素晴らしかったです。ファストパスを取り、水がかかって濡れてしまうというゾーンで見たので、噴水や映像のショーが目の前で見れました。
観覧車のミッキーはスクリーンになっていました。
Img_2548
突如、炎も上がりました。この時は、熱風がきました。
Img_2569_2
Img_2600
風があまりなかったからか、思ったより濡れなかったので、よかったです。
昼間に乗ったGrizzly River Runという川下りでびしょ濡れになったので、そう感じたのかもしれませんが。
ショーの後、いそいでカーズのアトラクションに向かいましたが、残念ながら機材の調子が悪く閉鎖されてしまいました。そのかわり、カーズの町から、ディズニーランドの花火を見ることができました。

カリフォルニア・アドベンチャーは、ディズニーランドに比べると、広すぎずアトラクションも多すぎず、ゆっくり楽しむことができました。小さいお子さんには、ディズニーランドの方が、楽しめるものが多いかもしれませんが、我が家にはちょうどよかったかもしれません。
Img_2628_4
翌日は、ホテルのプールで遊んでから帰る予定でしたが、疲れが出たのか三男がダウン。ゆっくり休んでお昼を食べてから、出発しました。
渋滞もなく、無事7時頃には我が家へ。熱っぽかった三男も、ゆっくりしたのがよかったのか、車の中ですっかり元気になりました。

朝から晩までかなり歩き回った2日間でした。もう家族でディズニーランドに行くこともないかもしれませんが、後悔なく乗り物制覇できたかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017 冬@Disney Land

明けましておめでとうございます。

年が明け、お正月気分を味わう暇もなく、2日からすでに子どもたちの学校もダンナの仕事も始まりました。

さて、冬休みにL.A.のディズニーランドに行ってきました。
10年前に行ったことがあるのですが、3歳だった次男も1歳だった三男も記憶にないそうで…。2年前にミドルスクールのバンド旅行でディズニーランドに行った長男は、乗れなかった乗り物が心残りだったそうで…。スターウォーズもディズニーに仲間入りしたというし、長男&次男は冬休みにスターウォーズの映画を見に行ったし…。ということで、久しぶりのディズニーランドへ。

L.A.まで車でおよそ6時間。午前中に用事をすませ、お昼を食べてから、出発。L.A.では渋滞もあり、ホテルに到着したのは、午後8時頃。ホテルは、ディズニーランドの目の前です。

翌朝。ディズニーランドは、朝9時開演。8時45分頃、ホテルを出発。歩いて5分、交差点を渡ったらディズニーランド。すでに、たくさんの人が並んでいます。まずは、セキュリティーチェック。事前に購入申し込みしていたチケットを受け取るため、チケット窓口へ。そして、ゲートから入場。どこも行列。

さあ、ディズニーランドです。

Img_2222_2

ゲートを入って、次男&私がいそいでスペースマウンテンのファストパスを取りに行き、朝あまり混んでいないうちに、人気の乗り物に乗っていきます。

L.A.のディズニーランドのお城は、眠れる森の美女のお城です。

Img_2128
スターウォーズの映画で使用した小道具などが展示してあったりするStar Wars Launch Bayという館もありました。
Img_2176_2
Img_2187
朝ホテルで作ったおにぎりで、お昼ご飯。食べ物の持込み、基本的にオッケーです。
日本にはないマッターホーン・ボブスレー。ボブスレーのように縦に一列に並び山を登って下りるコースターです。
Img_2191_2
ちょうどパレードが始まりました。ダンナ&長男は興味なさそうでしたが、次男&三男にとって、キャラクター総登場のパレードは予想外だったようで結構喜んでいました。
Img_20171222_130600
ディズニーランドを走るモノレール。右下にファインディング・ニモの潜水艦も見えます。モノレールに乗ってみましたが、ダウンタウンとTomorrowlandを往復するだけでした。
Img_2194_5
すっかり暗くなり、スモールワールドもライトアップされました。6時以降は、毎時間プロジェクションマッピングを使ったショーが行われていました。
Img_20171222_180233
空を見上げて騒いでいる人々に気づき、見てみると何やら見たことのないものがsign02気づいた人々は、口々にUFOだとか、ミサイルだとか騒いでいました。いったい何sign02
後日、ニュースで正体がわかりました。民間のスペースXという会社が打ち上げたロケットだったそうです。L.A.のあたりでは、騒ぎになっていたそうです。
Img_20171222_173111
夜になって、お城もライトアップ。お城の上に花火が打ち上げられるはずでしたが、この日は残念ながら天候の関係で中止となりました。
Img_20171222_194141
ディズニーランドの夜のショーFantasmic!は、午後9時と10時半開始でしたが、私たちが取れたファストパスは、10時半のショーでした。ダンナのカメラの電池も切れてしまい、写真はありませんが、水と花火、そしてディズニーキャラクターも登場する見ごたえあるショーでした。我が家での人気は、カリブの海賊でした。

前の晩に夜更かしして寝不足気味の子供たち、三男は9時頃から疲れと眠気で、ショーが始まるのを待っている間に寝ている状態でした。
ディズニーランドは、この日深夜0時まで開園で、ショーが終わった11時頃には人気の乗り物も並ばずに乗れる様子。なぜかディズニーランドではかなりヤル気の長男はまだアトラクションに行きたいということだったので、長男&次男&ダンナは乗り物へ、疲れた三男と私は先にホテルに帰ることに。
Img_20171222_230821
ホテルまで歩いてすぐに帰れるのはやはり便利。
この日は、かなり歩いて足が痛くなりました。ホテルに帰ったダンナが、3万歩近く歩いたと話しておりました。さすがに、みんなヘトヘトに疲れて、グッスリです。
翌日は、ディズニーのカリフォルニア・アドベンチャーに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017夏のラッセン火山国立公園③

気持ちの良い朝。朝食を庭のテーブルでいただき、チェックアウトです。緑あふれる広い庭でハンモックに揺られたり、フリスビーして遊んだり、散歩して歩いたり、たくさん楽しませてもらいました。オーナーにご挨拶して、出発です。

車で20分ほどの北側ゲートから再びラッセン火山国立公園に入ります。

ゲートを入ってすぐのManzanita Lake。湖の周りのトレイルを歩いていきます。

Img_6557

木々の間の開けた場所からは、湖の向こうに雪を残したマウント・ラッセンが見えます。水も澄んでいて、きれいな湖でした。
Img_6558
車で行けるところまで進んでみることに。北側からは、Summit Lakeまで行ったところで通行止めとなりました。
Summit Lakeでは、雪はありませんでしたが、この先には進めません。
Img_6563_2
湖の周りには、湿地もあり、高山植物やトンボも見られました。
Img_6570_2
仕方ないので、来た道を引き返し、Hat Creek Trailheadへ。
Img_6581
トレイルを少し歩くと、湿地帯に流れる川、そしてその向こうにマウント・ラッセンという光景。
Img_6591_2
Manzanita Lakeまで戻り、ピクニックエリアでおにぎり&カップ麺でランチ。湖に水着で入る子供たちもいましたが、やはり湖の水は寒そうでした。三男は、食べ終わった途端、釣りをする準備です。
Img_6597_2
子供たちは、しばらく釣りに挑戦しましたが、収穫なし。
 
Img_6608
諦めるまで湖畔で過ごしてから、帰途につきました。
次回は、ぜひ道路が開通している時に、ラッセン火山国立公園を縦断してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017夏のラッセン火山国立公園②

朝、庭のテーブルでみんなでゆっくり朝食をいただき、いよいよラッセン火山国立公園に向けて出発です。

宿から車で20分ほど走り、北側のゲートからラッセン火山国立公園へ。ゲート入って、すぐのManzanita Lakeのミュージアムに寄って、情報収集。
すると、ラッセン火山国立公園内を南北に走る道路が雪のため閉鎖されていることがわかりました。7月中旬だというのに、雪のため閉鎖とは…。道路が閉鎖されているため、南側に行くには、いったん公園を出て、迂回して行くしかありません。南側のゲートまで迂回するには、およそ2時間半かかるとか。

仕方ないので、迂回して南側に行くことに。狭い山道も走り、なんとか2時間半ほどで南側ゲートに到着。再び、ラッセン火山国立公園に入ります。
まずは、入ってすぐのビジターセンターのピクニックエリアで、朝用意したおにぎりで遅い昼食。

早速車を走らせ向かったのは、Emerald Lake。エメラルド色のきれいな湖のはずが…、一面雪と氷で覆われていました。

Img_6479

氷の割れ目から見える水は、とても澄んでいてきれいでしたが、楽しみにしていたエメラルド色の湖を見ることはできませんでした。
子供たちは、湖の反対側の雪で雪遊び。真夏なので、半袖短パンで雪遊びする子供たち。寒くはないのですが、不思議な光景です。
Img_1370
この先Bumpass Trailheadで、本当に道路は雪のため閉鎖されていました。車で行けるのは、ここまで。
Img_6506
閉鎖されている道路を少し歩いていくと、Lake Helenがあるはず。なのですが、やはり雪と氷ですっかり覆われていました。どこから湖なのか、はっきりわかりません。
Img_6513_3
仕方ないので、また来た道を引き返します。ビジターセンター近くのSulphur Worksでは、ラッセンが火山だということがわかります。泥のような川の水がグツグツしていて、硫黄の臭いがします。
Img_6520_2
さあ、宿まで帰るためには、また山道の迂回路で2時間半ほど。途中、スーパーで買い出しをし、宿に帰り、夕食です。
この日は、予想外に車での移動に時間がかかってしまいました。公園内の道路を走ったらすぐのはずなのですが…。予想外に雪遊びができた子供たちは、楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017 夏のラッセン火山国立公園①

今年の夏、ダンナのお母さんと妹さんが遊びに来てくれました。そこで、みんなでラッセン火山国立公園に行ってきました。

我が家から北に車でおよそ4時間。5月に釣り旅行に行った時に、すぐ横を通ったことはあるものの、ラッセン火山国立公園は初めて訪れました。

初日は、とりあえず宿泊するところまで。今回は、レンタルコテージが立ち並ぶ広い敷地の中の1軒屋をレンタルしました。何と言っても、お庭が広い。こちらに2泊しました。

Img_6408_3

夕方から、夕食用の買い出しをし、近くの湖へ。子供たちは釣りができると張り切っていましたが、お世辞にもあまりきれいとは言えない湖だったので、釣りはやめてお散歩だけ。地元の方と思われるグループは釣りをしていたので、何か釣れるのかもしれませんが。

夜は、お肉を焼いて、みんなで夕食。
食後は、お庭で星空を堪能。周囲に灯りもほとんどないので、まるで星が降ってきそうな満天の星空でした。

Img_1323    

翌日は、いよいよラッセン火山国立公園に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017夏のグランドサークル旅行⑪〜ラスベガス

今年も残りわずか。せめてこの夏の旅行記事だけは完結させないといけません。coldsweats01

グランドサークルを1周し、再びラスベガスに戻りました。1日ラスベガスでゆっくりして、翌日家に帰ります。

子供たちは、グランドサークルの旅行中も、時間があればプールで遊んでおりましたが、そんな子供たちのためにラスベガスではプール重視でホテルを決めました。8年前に宿泊したマンダレイ・ベイのプールがやはり魅力的だったのですが、予算の都合もあるわけで…。いろいろ調べた結果、ホテルは少しお手頃価格のモンテカルロに決定。モンテカルロは、改装工事中でプールが閉鎖されており、同系列のMGMグランドとマンダレイ・ベイのプールが使用できるというのが決め手でした。

というわけで、モンテカルロ前からシャトルに乗って、マンダレイ・ベイのプールへ。
Img_2044_edited_3
8年前は、子供たちが小さくて身長制限により入れなかった波のプールにも、今回は3人揃って入ることができました。
Img_2043_edited
波のプール、流れるプール、普通のプールと、子供たちはお昼も食べずに4時間ほど遊び続けておりました。

マンダレイ・ベイホテルは、この2ヶ月半後にたくさんの方が被害にあった痛ましい銃撃事件の舞台となってしましました。本当に哀しいことです。

プールを出た後は、歩いてラスベガスの街へ。一旦ホテルに戻り、再び、ラスベガスの街に繰り出します。まずは、レインフォレスト・カフェで遅いランチ&早い夕食を
いただきました。

だんだん暗くなってきたところで、やはり外せないベラージュの噴水ショー。
Img_2089
そして、ミラージュの火山噴火ショー。
ミラージュまでかなり歩き、疲れたので、ベラージュからはモノレールに乗ってホテルに戻りました。

翌日、また長いドライブで家に到着。グランドサークル2度目の旅、無事終了。
今回足を痛めて歩けなかったダンナのために、またいつかリベンジ旅行に行けるかどうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017夏のグランドサークル旅行⑩〜グランドキャニオン

グランドキャニオンの朝。ダンナは、ホテルの前で、日の出すぐの写真を撮ってきました。
Img_1224_2

まだ雲がありますが、朝日に照らされるキャニオンです。

Img_1231_2

ダンナが帰ってから、次男と二人で朝の散歩に出かけました。キャニオンには朝もやがかかって、幻想的でした。

予定では、キャニオンのトレイルを歩くはずでしたが、残念です。谷の底にトレイルが続いているのが、わかりますか?グランドキャニオンの谷底をずっと行ったところにもホテルが1軒ありますが、たどり着くまで大変な行程ですね。

Img_1235_3

さて、ホテルをチェックアウトしてから、グランドキャニオンの西側へ出かけます。西側には、自家用車は禁止で、巡回バスでしか行けません。バスに乗って、Pima Pointまで行きました。

Img_1252
リム沿いをずっと歩くトレイルがあるのですが、足が痛いダンナには限界があるので、舗装されたトレイルのバス停1つ分約1.6kmだけ歩きました。

Img_1256
子供たちが見たがっていたカリフォルニア・コンドルを発見。子供たちは、大興奮。

絶滅しそうだったカリフォルニア・コンドルは、いまは人工繁殖も行われ、およそ200羽にまで増えたそうです。でも、200羽ですから、かなり貴重ですよね。よく見ると、羽には番号がついていました。

Img_1260

トレイルを歩いていくと、キャニオンが見渡せる開けた場所も出てきます。コロラド川も見えますね。

Img_1265

柵もないような開けた場所から、キャニオンを見下ろすことができます。ほとんど貸し切り状態で、絶景を楽しめます。
Img_1271_4
それにしても、グランドキャニオンは広いです。どれだけキャニオンが続いているのか、といった感じです。

Img_1276_2
バスで行くことができる一番西、Hermits Restに到着。ここには、お土産物屋さんなどもあるので、少し休憩。

Img_1291_2

帰りは、バスでVillageまで戻りました。

前日の雨と寒さが嘘のように、よいお天気で暑い。Villageで、子供たちは念願のアイスを食べてから、出発です。

出口に向かう途中のMaswik Lodgeのフードコートのピザ屋さんで美味しいピザをたくさん食べて、グランドキャニオンにお別れしました。グランドサークルを巡る旅も終わりを迎え、この日はラスベガスまで戻ります。

車で4時間余。ラスベガスのホテルに到着したら、すでに夜9時頃。この日は、そのままホテルのフードコートでメキシカンフードを買い、部屋で夕食。ラスベガス探検もせず、就寝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017夏のグランドサークル旅行⑨〜グランドキャニオン

モニュメントバレーを出発し、車で3時間ほどで、グランドキャニオン国立公園東ゲートに到着。東から入って最初にあるのは、Desert View Visitor Center。そのシンボルは、Desert View Watch Tower。
 
Img_1034_2

今回は、子供たちだけタワーの一番上まで階段を登りました。
展望台からグランドキャニオンの景色。キャニオンを流れるコロラド川も見えます。
お天気が怪しく、雲が多くなってきました。
Img_1040_2

ピクニックテーブルでお昼を食べていると、みるみる雲行きが怪しくなり、大粒の雨と雷が。

車で進んでいくと、道路脇にポイントが続きます。が、お天気が悪いので、雨の合間に少しだけ寄るだけに。
Img_1059_2
Grandview Pointだったと思います。
Img_1064_2

車を走らせていると、道路脇に1台止まっている車が。見てみると、大きな角の鹿発見。
Img_1100_6

ダンナは車から降りて、鹿を撮影。すると、たくさんの車と人を気にもせず、鹿は堂々と道路を横断。
Img_1108

ダンナも追いかけて反対側に行ってみたら、もっと大きくて立派な角を持った鹿が休んでいたそうです。

Img_1127

雨の中、しばらく鹿の撮影をしてから、ホテルに向かいます。

今回のホテルは、Grand Canyon VillageにあるThunderbird Lodge。Bright Angel Lodgeでチェックイン手続きをし、すぐ隣のホテルです。ホテルの目の前がキャニオン。

Img_1132_2

お天気が悪くて、とっても寒いのですが、雨はあがった様子。まだ5時頃なので、出かけてみることに。
ホテルからキャニオン沿いのトレイルを歩き、駅の近くから無料巡回バスに乗りました。グランドキャニオンの中には駅があって、電車も走ってます。
Img_1143

バスでMarket Plazaに行き、夕食にピザなどを買い、再びバスに乗り、Visitor Centerへ。
歩いて、Mather Pointに行きました。ここからもキャニオン沿いにトレイルが続きます。見晴らしのよい崖の先端にはちょっとした柵があるだけ。
Img_1148_2

ベンチを見つけて、キャニオンを見ながら、夕食をいただきました。でも、人がたくさん通っていくところでの食事になってしまいました。
Img_1154
このまま日没までいるには、まだちょっと時間があるし、足が痛いダンナは歩くのも大変なので、バスに乗って、Visitor Centerに戻ることに。

たまたま乗ったバスが、Yaki Pointまで行くバスだったので、そのままVisitor Centerを過ぎ、Yaki Pointへ行ってみました。ちょうど日没前に到着です。
Yaki Pointは、バスでしか行けない場所で、前回も行ったことがありませんでしたが、人も少なく夕日が沈むのを見るのに最高の場所でした。子供たちと私は、柵もない崖から夕焼けを見ることができました。足が痛いダンナは、その上の柵の中から撮影です。
私たちの他に、日本人の少人数のツアーらしきグループが2つと、他数人だけでした。
Img_1184

雲が多かったのですが、ちょうど雲がきれたところに夕日が見えました。夕日が沈んでいきます。
Img_1185_2
夕日が沈んだところで、バスに乗って、ホテルに戻りました。
ホテルの目の前がキャニオンなので、夜はキャニオンの星空が見れると楽しみにしていたのですが、あいにくの曇り空。それでも、ダンナは夜中に撮影に行きましたが、雲がたくさんで星はほとんど見えなかったようです。下の写真、本当は真っ暗な夜中の写真です。
 
Img_1216_2
本当は、夕方にキャニオンの下まで降りていく長いトレイルに挑戦しようかと思っていたのですが、あいにくのお天気で雨で滑りやすそうだったし、ダンナも足が痛くて無理だったので、諦めました。その分、ホテルでゆっくり過ごすことができました。
翌日はお天気が回復することを祈って、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017夏のグランドサークル旅行⑧〜モニュメントバレー

もう12月になってしまいましたが、ブログはまだ夏の旅行中です。coldsweats01

お昼前にアーチーズを出発し、車で3時間あまりでモニュメントバレーに到着。
前回の旅では、モニュメントバレー内にできたばかりのホテルに宿泊し、素晴らしい景色を部屋の窓から眺めることができました。が、今回は節約旅行なので、モニュメントバレー前のホテルのキャンプ場のキャビンに宿泊。前回の半額以下で宿泊できました。車と同じくらいの大きさのキャビンですが、6人分のベッドがあり、ロフト、シャワー、トイレ、キッチン付きです。逆に、他には人がすれ違うようなスペースさえないのですが。
Img_0894_3
チェックイン後、子供達は早速プールへ。1時間ほど遊んでから、夕食にピザやチキンなど買って帰る頃に、大粒の雨が降ってきました。キャビン前のテーブルで夕食をいただいているうちに、雨は止みましたが、雲が多い怪しい空。
チェックイン時に申し込んだモニュメントバレーツアーの集合時間夜7時45分となったので、集合場所に向かいます。この日は満月ということで、ツアーは夜のFULL MOONツアーを申し込みました。20人くらいが車の荷台に乗り込み、8時に出発。
この日の日没は午後8時43分。モニュメントバレーに到着すると、お馴染みの景色はすっかり夕焼け色。でも、雲が多くて、夕日は見えません。
Img_0918
いよいよバレー内に車が進んでいきます。舗装されていないデコボコの砂の道。車の荷台で揺られながら、風を感じながら、進んでいきます。
バレー内は、電灯も何もありません。まだなんとか景色が見えます。
Img_0951_3
丸い月が昇ってきました。
Img_0937_2
やはり雲が多くて、月の丸い姿がなかなか見れません。
Img_0963_3
夜になると、当たり前ですが真っ暗です。写真は、もう限界。
もともとちゃんとした道もないので、慣れたガイドさんでなければ、絶対運転できないでしょう。車から降りて歩く時も、崖に落ちないように、足を踏み外さないように、気をつけなくてはいけません。

前回のツアー と、ほとんど同じコースを回ったと思いますが、夜には見えない景色もあり、車から下りて見学できないこともあります。初めての方は、やはり昼間のツアーがオススメですね。我が家は、2回目(次男&三男は記憶がないようですが)で、スケジュールと予算の関係もあったので、夜のツアーにしました。
2時間ほどのツアーが終わり、キャビンに戻るとすでに夜10時半。
子供達は、大自然の中でもゲーム三昧。ダンナはゆっくり写真を取りにモニュメントバレーに行きたいと言うのですが、子供たちはみんな「行かない!」と、つれない返事。真っ暗な中、ダンナ一人で車で行かせるのも心配なので、二人でモニュメントバレーに。

ゲートを入って、すぐのビジターセンターの駐車場に車をとめ、ダンナは写真撮影へ。でも、先程よりも雲が多くなったような。朝からアーチーズでデリケートアーチまでトレイルした私は、車の中でしばしお休み。
Img_1001_4
モニュメントバレーからの帰り道、真っ暗な道路の脇に馬が!野生の馬でしょうか?あやうく、馬とぶつかるところでした。
今回は、なんだかサクッとモニュメントバレー観光は終了。お天気があまりよくなかったというのもありますが。満月と星空があったらきっと最高でしたね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017夏のグランドサークル旅行⑦〜アーチーズ国立公園

アーチーズ国立公園のおまけです。

長男&次男と私が、デリケート・アーチのトレイルを歩いていた頃、ダンナ&三男は、前夜に訪れたThe Windows Sectionでまわれなかった場所をまわっていたそうです。写真を元に少しご紹介。私は行っておらず、あくまでも推測により、写真と場所が間違っているかもしれません。あらかじめご了承ください。

こちらの写真は、Panorama Pointからの写真でしょうか。

Img_0824_3

Garden of Edenでの写真かと推測。。。
Img_0844

Img_0851

The Windows Sectionのトレイル。前夜行ったDouble Archと反対側のトレイルを歩いたようです。
Img_0860
おそらくNorth Windowだと思われます。
Img_0864
こちらはSouth Windowかな。。。
Img_0874
これはTurret Archでしょう。
Img_0879_2
ある場所に行くと、North Window(左)とSouth Window(右)がつながって見えるのだそうです。メガネのように見えるこの様子は、Spectaclesと呼ばれています。
Img_0882
以上。ダンナ&三男が歩いたThe Windows Sectionでした。おそらくゆっくり歩いて1時間ほどのトレイルだったのではないかと思います。

無事家族全員合流し、アーチーズ国立公園に別れをつげ、途中嵐のような大雨もあり、車で3時間ほど走って、見えてきましたモニュメントバレー。

Img_0888

8年ぶりのモニュメントバレーです。soon

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

«2017夏のグランドサークル旅行⑥〜アーチーズ国立公園